2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「鈍獣」 | トップページ | 「タクミくんシリーズ 虹色の硝子」 »

2009年5月21日 (木)

「おと・な・り」

Otonari  都会の古いアパートで隣り同士のカメラマンとフラワーデザイナーを目指して花屋のバイトをする女性。
 2人は顔を合わせることもなく、互いの生活音だけを介して次第に惹かれ合っていく…。
 隣り同士がお互いをよく知らないってドテラマンですか?(笑)
 主演は岡田准一と麻生久美子(B80-W59-H83)、共演は谷村美月(B82-W56-H80)、池内博之。
 監督の熊澤尚人は、相変わらず岩井俊二のパチモンぶりを発揮しているが、岩井俊二の映画よりいいのは、カメラを振り回さないところか。
 生活音だけで人を好きになるわけないだろ!というツッコミはもっともだが、あくまでもファンタジーであり、そうでないと、欠陥住宅としか思えない防音設備が全くないも同然のアパートなんかあるわけないし、普通若い女性は住まないでしょ?
 もちろん、何かしら住んでいるもっともらしい理由もないし、それだけでも無理な設定なのに登場人物の行動も不自然極まりない。
 これをファンタジーと言うには厳しいし、そもそもファンタジーはご都合主義のことではない。
 基本的に熊澤監督の映画は「ニライカナイからの手紙」でもそうだが、やりたいことが先走って細かいところにツッコミ所が多い。
 だから彼のやりたいことが観客の心の琴線が触れないと、あのぽわ~んとした世界がかなり居心地が悪くなってしまうのだ。
 自分は「ニライカナイの手紙」は全くダメだったが、「虹の女神 Rainbow Song」は心の琴線に触れたのでOK!
 しかし、この映画は前半がかなり辛くて、これはダメかなと思ったが、後半何とか持ち直しそうになりつつ終わったという中途半端な状態だった。
 二人の意外な関係もいきなりすぎというか、典型的な逆算脚本になっているのが惜しい。
 音にこだわっているのに、音を生かしきれていない。
 もし本当に音に拘るならなら、BGMは使用するべきではない。
 昔、「テレーズ」という、BGMはなく、静かな修道院の中できぬ擦れさえも明確に聞こえるくらい研ぎ澄まされた音の使い方の映画があった。
 少なくとも音を前面に出すなら、もっと工夫が必要で、コーヒー豆を挽く音とか、時計の音とかでもいいが、あまりにも生活感がないし、かといってトイレの音とか生活感を出た時点でリリカルな世界が成り立たない。
 音が漏れ聞こえるという状況の作り方がうまくないのだ。
 そしてそれがこの映画のキモであるのに成り立っていないので、後半にどれだけがんばっても巻き返しができないのだ。
 確かに、登場人物それぞれの相手がいつもいないという構造は面白いのだけどね。
 個人的には谷村美月が演じるカメラマンの部屋に押しかけてくる女が死ぬ程うざく、またただでさえ無理のある設定がさらに無理が出てきてしまった。
 ところが意外にも最終的にこの映画で一番好きになってしまったキャラだったりする。
 でも、最初、上野樹里(B80 W58 H85)が演じていると思ってたんだよね、テヘ(「笑う大天使」を思い出したか?)
 ファミリーマートでこの映画のポスターが貼ってあったのは協賛していたからだとわっかったが、少なくとも多くの人はマイナスイメージになったと思うぞ。

参加してます。よろしくで~す
   

« 「鈍獣」 | トップページ | 「タクミくんシリーズ 虹色の硝子」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/45077976

この記事へのトラックバック一覧です: 「おと・な・り」:

» おと・な・り [LOVE Cinemas 調布]
「木更津キャッツアイ」シリーズ、『陰日向に咲く』の岡田准一が主演。ヒロインに麻生久美子、谷村美月、岡田義徳、池内博之、市川実日子と若手実力俳優が揃います。ベテラン勢に平田満、森本レオ、とよた真帆といったこれまた個性派を配したキャスティングは中々魅力的。監督は『ダイブ!!』の熊澤尚人。私は岡田准一の演技を高く買っているので、ずっと楽しみにしていた一作です。... [続きを読む]

» おと・な・り [象のロケット]
カメラマンの聡とフラワーデザイナーを目指している七緒は古いアパートに住むお隣同士。 顔を合わせたことは一度もないが、壁越しに聞こえてくるそれぞれの生活音は、いつしか互いに安らぎをもたらす心地よい響きになっていた。 ところがある日、聡の部屋に茜という見知らぬ女が転がり込んでくる…。 ラブストーリー。 ≪初めて好きになったのは、あなたが生きている音でした。≫... [続きを読む]

» 『おと・な・り』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「おと・な・り」□監督 熊澤尚人 □脚本 まなべゆきこ □キャスト 岡田准一、麻生久美子、谷村美月、岡田義徳、池内博之、市川実日子、とよた真帆、森本レオ、平田満■鑑賞日 5月23日(土)■劇場 恵比寿ガーデンシネマ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想>  人の縁は不思議な赤い糸で結び付けられている。 その糸を手繰り寄せて早く出会うこともあれば、ゆっくりと時間をかけて出会うこともある。 だから人生って面白いのかもしれない。 それぞれに夢を持つ二人。 風... [続きを読む]

» 『おと・な・り』 試写会鑑賞 [映画な日々。読書な日々。]
人気モデルの撮影に忙しい毎日を送りながらも、進むべき道を模索しているカメラマンの聡。フラワーデザイナーを目指しながら、花屋でアルバイトに励む七緒。夢を追いかけながら人生の分かれ道に立つ30歳のふたりを結びつけたものは、アパートの壁越しに聞こえてくる何気ない... [続きを読む]

» 君のいる場所?『おと・な・り』 [水曜日のシネマ日記]
東京にある1軒のアパートで隣の部屋に住みながら顔を合わせた事のない男女の物語です。 [続きを読む]

» *おと・な・り* [Cartouche]
{{{   ***STORY***               2009年  日本 人気モデルの撮影に忙しい日々を送りながらも、風景写真を撮りたいという思いを抱えるカメラマンの聡(岡田准一)。一方、フラワーデザイナーを目指して花屋のバイトをしながら、フランス留学を控えた七緒(麻生久美子)。同じアパートの隣同士に暮らす、30歳、恋人なしの二人は、顔を合わせたことは一度もない。口ずさむ「風をあつめて」のメロディー、フランス語、コーヒー豆を挽く音――。いつしか互いの生活音に癒しを感じるようになる。 ..... [続きを読む]

» 『おと・な・り』 [cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー]
今日は新宿ピカデリーでたまっていたポイントを使って、『おと・な・り』を観てきました。 ゆったり穏やかな映画でリラックスして観られた作品でした。 ******************** 人生の分岐点に立つ30歳の男女を主人公に、都会の古いアパートでお隣り同士となった2人が、顔... [続きを読む]

» 「おと・な・り」 音からにじみ出るその人らしさ [はらやんの映画徒然草]
「インスタント沼」を先日観賞したので、本日はまたまた麻生久美子さん主演の「おと・ [続きを読む]

» 「おと・な・り」初夏の麻生久美子祭・第1弾(^^;! [シネマ親父の“日々是妄言”]
[おとなり] ブログ村キーワード  隣の家(部屋)から聞こえてくる音って、気になりますよね?そりゃ騒音はイヤですけど…。「おと・な・り」(ジェイ・ストーム)。この映画では、その気になる“音”が、何と恋愛にまで発展しちゃうんですよ!う~ん、何ともメルヘンチック?!  カメラマンの聡(岡田准一)は、友人のモデル、シンゴ(池内博之)の写真を撮影したことから、売れっ子カメラマンに。日々撮影に追われていたが、聡の希望はあくまでも風景写真を撮ること。社長(平田満)とも相談して、近く事務所を辞めカナダ... [続きを読む]

» おと・な・り [映画的・絵画的・音楽的]
 昨日の記事で触れたように、麻生久美子が出演する作品は、最近のものについてはかなり見ているつもりにもかかわらず、『おと・な・り』(熊澤尚人監督、2009年)については見逃したままでしたので、そのDVDを借りてきて見てみました。 (1)この作品は、偶然アパートの隣同士になった岡田准一と麻生久美子の2人が、途中ではお互いのことが全然分からないままでいながらも、最後の最後になって結ばれるというラブストーリー物といえるでしょう。  当代の人気俳優がヒーローとヒロインなのですから、面白くないわけがありません... [続きを読む]

» おと・な・り [単館系]
地元のMOVIXさいたまでは今週金曜日までだったので初めて新宿ピカデリーへ。 今回麻生久美子さんの2009年6月3部作という異名がある意味有名な... [続きを読む]

« 「鈍獣」 | トップページ | 「タクミくんシリーズ 虹色の硝子」 »