2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「バビロン A.D.」 | トップページ | 「セブンティーン・アゲイン」 »

2009年5月17日 (日)

「天使と悪魔」

Tenshitoakuma  17世紀にガリレオを中心とする科学者によって組織されるも、ヴァチカンの激しい弾圧で消滅した秘密結社イルミナティが復活!
 教皇の最有力候補の枢機卿4人を誘拐し1時間ごとに殺害すると予告、さらには欧州原子核研究機構(CERN)から盗んだ反物質でヴァチカン全体を爆破させようとしていた。
 宗教象徴学者ロバート・ラングドン教授はローマに飛び、400年の歴史を持つ古代のシンボル=暗号をたどりながらヴァチカンを救う手掛りを探っていく…。
 ダン・ブラウン原作のシリーズでは1作目にあたるが、映画は前後させて「ダ・ヴィンチ・コード」の続編として製作。
 まあこんなことは007シリーズでは毎度のことだから(笑)
 「ダ・ヴィンチ・コード」は詰め込みすぎで展開していくので、観客置いてきぼりだったが、今回は相当映画用に再構築しているようで、盛り沢山の内容なのにわかりやすく大変面白い!
 ただ展開が早く、日本には馴染みがない宗教の話が(一応申し訳程度に説明はあるものの)異常に情報量多く、字幕スーパーでは処理仕切れないみたいなので、日本語吹替版をオススメする。
 それでも、次の教皇を決めるコンクラーベを「根比べ」とか、カメルレンゴを「カメル連合」とか思って途中まで観ていた自分をお許し下さい(いや絶対に自分だけじゃないって)
 普通、大規模破壊といえば核とか何かの爆弾というのが定番なのに「反物質」が出てきたのには驚き!
 そもそも反物質という言葉が「さらば宇宙戦艦ヤマト」以来久しぶりに聞く言葉だった。
 ロバート・ラングドン教授はインディアナ・ジョーンズ博士と違い、そんなにアクティヴではなかったはずなのだが、今回は積極的に体を動かしていた。
 話は「名探偵コナン」と同じで推理というより決めつけで進んでいくのだが、枢機卿の命と反物質を収容しているカプセルを電池切れまでに探し出すという時間との競争が緊迫感を生み、それを勢いのある演出で見せていくので少々のご都合主義とツッコミ所はあまり気にならない。
 監督がロン・ハワードなので、その手のハッタリはお手の物なのだ。
 反物質の行方を探すためにCERNの女性科学者が出てくるのだが、本当はラングドン教授と協力して事件解決にあたるはずが、うまく絡まないのが惜しいところか。
 主演は前作に引き続きトム・ハンクス。
 共演はユアン・マクレガー…なのだが、あれホクロがないぞ!(笑)
 ローマの観光気分も楽しめるし、蘊蓄も多いし、少しトンデモ系でもあるけど、やっぱり映画はこれぐらい大風呂敷を広げて楽しませてくれないとね。

参加してます。よろしくで~す
   

« 「バビロン A.D.」 | トップページ | 「セブンティーン・アゲイン」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

TB有難うございました。
仕事の疲れなのか、冒頭完全に寝てしまいました(笑)
前作よりは分かりやすく面白くなっていると
感じましたが、あまりにも早く謎を解いてしまうので
観ている側が考える間もなかったですね。
2時間という話だと仕方ないのですが…

今度、訪れた際には、
【評価ポイント】~と
ブログの記事の最後に、☆5つがあり
クリックすることで5段階評価ができます。
もし、見た映画があったらぽちっとお願いします!!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/45030577

この記事へのトラックバック一覧です: 「天使と悪魔」:

» 天使と悪魔 [LOVE Cinemas 調布]
『ダ・ヴィンチ・コード』のロン・ハワード監督が送る、シリーズ第2弾。主演のロバート・ラグンドン教授はもちろんこの人、トム・ハンクスが演じます。そして、今回のもう一方の主役とも言えるカメルレンゴ役にユアン・マクレガーも出演。原作はどちらも既読の私ですが、『ダ・ヴィンチ・コード』は原作に忠実で中々面白い作品でした。(小説はもっと面白かったですが…。)今回はどうなんでしょうか。... [続きを読む]

» 天使と悪魔 [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『ヴァチカンを光と闇が包み込む─』  コチラの「天使と悪魔」は、ダン・ブラウンの同名原作小説の大ベストセラーを受け映画化された「ダ・ヴィンチ・コード」から3年、5/15に全世界同時公開となったミステリー大作なのですが、せっかくなので公開初日に観てきちゃいま...... [続きを読む]

» 天使と悪魔 [だらだら無気力ブログ]
ロン・ハワード監督とトム・ハンクス主演で大ヒットした前作 『ダ・ヴィンチ・コード』の続編となるミステリー。 ローマ教皇の崩御により、新教皇を選出するコンクラーベが行われる ヴァチカンを舞台に、かつて弾圧された秘密結社・イルミナティによる ヴァチカンへの陰謀..... [続きを読む]

» 天使と悪魔 [★YUKAの気ままな有閑日記★]
 ダン・ブラウンの原作『天使と悪魔』は大好きですぅ〜             前作の映画はイマイチだったんだけど(汗)、、、今回はどうかな? 【story】宗教象徴学の権威、ロバート・ラングドン(トム・ハンクス)は、秘密結社・イルミナティの復活を探るべくローマへ旅立つ。17世紀、ヴァチカンの科学者への弾圧の陰で結成されたイルミナティが、今にも教皇候補の暗殺を計画しているという。ラングドンと科学者ヴィットリア(アイェレット・ゾラー)は、ガリレオの暗号コードの解明に乗り出すが―     監督 : ロン・... [続きを読む]

» 天使と悪魔 [eclipse的な独り言 ]
 スリラーなのか、オカルトなのか?正直よくわかりませんでした。(5月15日 富士 [続きを読む]

» ★「天使と悪魔」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
最近は劇場公開日を金曜日にする作品が増えてきてるけど、 金曜日にオールナイト上映してくれる「TOHOシネマズららぽーと横浜」は、 ひらりんにとって大助かり。 初日の深夜に見てきました・・ しかも、たぶん自身初の「デジタルプリント版」を鑑賞。 たしかに、普段より映像がクッキリしてるみたいで見やすかったね。... [続きを読む]

» 天使と悪魔 [必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!]
[天使と悪魔] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ 評価:8.0/10点満点 2009年47本目(42作品)です。 歴史上最も謎に包まれた秘密結社・イルミナティは、ローマ教皇が亡くなり、後任候補者となる4人の枢機卿を誘拐しては、夜8時から1時間毎に4人..... [続きを読む]

» 天使と悪魔●ANGELS & DEMONS [銅版画制作の日々]
ガリレオの暗号が、ヴァチカンを追いつめる! 「ダヴィンチ・コード」(06)に引き続き、ダン・ブラウンの小説を映画化した「天使と悪魔」が15日から公開されました。早速MOVX京都で鑑賞してきました。今回はたまったポイントを利用したので、無料鑑賞となりました! トム・ハンクス扮するラングドン教授が今回対決するのは、カトリック教会を憎む科学者たちが作った秘密結社イルミナティ だ。イルミナティの暗殺者が、CERN(欧州原子核研究機構)から強大な破壊力を持つ反物質 を奪い、カトリック教会の総本山であるヴァ... [続きを読む]

» 映画 「天使と悪魔」の感想です。 [MOVIE レビュー]
トム・ハンクス主演の映画「天使と悪魔」が15日(金)から世界同時公開でした。私は土曜日に観てきました。2006年5月に公開された「ダ・ヴィンチ・コード」の続編と言うふれ込みで公開されていますが、別にストーリーが繋がっている訳ではないので(たぶんですよ!?自信無い!(笑))、前作の復習をしていないと理解できないと言う事もないです。前作の「ダ・ヴィンチ・コード」の場合は、宗教用語や謎解きの部分が多く出てきたので原作本を読んでいない人には分かり辛い内容だったと思います。 その反省を踏まえてなのか?この「... [続きを読む]

» 映画「天使と悪魔」観てきました [ぱるぷんて海の家]
天使と悪魔の真理―イルミナティ対キリスト教 テレビでよくやる映画のCMに、映画館から出て来た観客が「モーサイコー」「泣けました」などとほめちぎる宣伝を観て、いつも「この大嘘つきめが!」と呟いてました。大嘘CMに釣られて観に行って何度ほぞを噛んだことか....... [続きを読む]

» 映画「天使と悪魔」 [FREE TIME]
話題の映画「天使と悪魔」を鑑賞。 [続きを読む]

» 「天使と悪魔 」それはひとりの人間の表と裏 [soramove]
「天使と悪魔 」★★★★ トム・ハンクス ,アイェレット・ゾラー ,ユアン・マクレガー 主演 ロン・ハワード 監督、2009年、139分、アメリカ 「ロバート・ラングドン教授の 今度の冒険の舞台は、ヴァチカン。 謎に包まれた秘密結社イルミナティの 復活の証拠を発見し、古代の印から 暗号を読み解き核心に迫っていく」 そつないストーリー展開で 安心して映画の世界へ入っていける、 あとは都合が良すぎるかな等々感じながらも 教授が発見する様々な歴史の符号。 ... [続きを読む]

» 『天使と悪魔』(吹替版) [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「天使と悪魔」□監督 ロン・ハワード □脚本 アキヴァ・ゴールズマン、デヴィッド・コープ □原作 ダン・ブラウン (「天使と悪魔」角川書店刊)□キャスト トム・ハンクス、ユアン・マクレガー、アイェレット・ゾラー、ステラン・スカルスガルド、コジモ・ファスコ、アーミン・ミューラー=スタール、ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ■鑑賞日 5月24日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)<感想> 前作『ダ・ヴィンチ・コード』では、やや全体像が掴め... [続きを読む]

» 「天使と悪魔」 驚くほど前作と同じ印象 [はらやんの映画徒然草]
大ヒットした「ダ・ヴィンチ・コード」を受けて、ダン・ブラウンのラングドン教授シリ [続きを読む]

» 「天使と悪魔」プチレビュー [気ままな映画生活]
前作「ダヴィンチ・コード」の大ヒットだったが、個人的には 面白いと唸るほどではなかった。今回はどうか・・・ [続きを読む]

« 「バビロン A.D.」 | トップページ | 「セブンティーン・アゲイン」 »