2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「スター・トレック」 | トップページ | 「ターミネーター : サラ・コナー クロニクルズ 〈ファースト・シーズン〉」 »

2009年5月31日 (日)

「重力ピエロ」

Juuryoku  母親の命日に実家に戻ってきた兄弟は、連続放火事件の現場に残された落書きに放火犯からのメッセージが込められていることに気づく、
 謎が解き明かされるうちに、意外な真実がわかってくるのだった…。
 「陽気なギャングが地球を回す」や「アヒルと鴨のコインロッカー」等、ここ最近映画化が多い伊坂幸太郎の小説の映画化。
 といっても毎度のことながら原作は未読で、伊坂関係だと「週刊少年サンデー」で連載中の原作漫画「魔王」を毎週つまらないなあと思いながら読んでいるくらいだ。
 放火事件を追いかけるのが中心かと思いきや、実は物凄く重たいホームドラマだった。
 色々な事実がわかってくるに連れて、普通なら気分が重たくなってしまいそうなのだが、あまりにも揺るぎない家族愛でそれを感じさせない。
 予告編でおなじみ「最強の家族」の意味がそこできちんとわかるのだ。
 原作がどうなっているかわからないので比較のしようがないが、自分は映画だけを観る限り面白いと思った。
 放火と遺伝子配列が関係しているのは、推理物でお馴染み決めつけに見えるのだが、この映画ではきちんと意味があるので無理無理感がなかったのもいいし、実はそれ程重要でもない。
 最後のサーカスのエピソードが泣けた。
 出演は、加瀬亮、岡田将生、鈴木京香(B83-W59-H86)、小日向文世、渡部篤郎、吉高由里子(B85-W63-H88)と個性派が揃っており、特に渡部の自覚のない悪者ぶりには背筋が凍るものがあった。
 違う意味で怖いのは吉高由里子なのだが、実は一番役に立っているんだよね。
 小日向文世のズラはもうちょっと何とかならんかったのかなあ。
 あれじゃあ、ドリフの子供役のカトちゃんだよ。
 監督の森淳一。
 「Laundry ランドリー」はつまらなかったけど、この映画はOK!
 原作が良いからか?

参加してます。よろしくで~す
   

« 「スター・トレック」 | トップページ | 「ターミネーター : サラ・コナー クロニクルズ 〈ファースト・シーズン〉」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/45162011

この記事へのトラックバック一覧です: 「重力ピエロ」:

» 重力ピエロ [LOVE Cinemas 調布]
伊坂幸太郎のベストセラー小説の映画化。ちなみに同じ伊坂幸太郎原作では最近公開された『フィッシュストーリー』や『アヒルと鴨のコインロッカー』があります。主演は『犬と私の10の約束』や『パコと魔法の絵本』などヒット作に多数出演している加瀬亮。共演に『ホノカアボーイ』の岡田将生、他にも小日向文世、渡部篤郎、鈴木京香といった、若手ベテラン共に実力ある布陣。試写会にて鑑賞です。... [続きを読む]

» 重力ピエロ [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『俺たちは最強の家族だ』  コチラの「重力ピエロ」は、「アヒルと鴨のコインロッカー」をはじめ「陽気なギャングが地球を回す」、「フィッシュストーリー」と映画化が続く伊坂幸太郎のベストセラー小説を映画化した5/23公開の感動ミステリーなのですが、早速観てきち....... [続きを読む]

» 重力ピエロ [だらだら無気力ブログ]
伊坂幸太郎の同名小説を映画化。 仙台を舞台に連続放火事件とその現場近くで見つかるグラフィティアート。 ある兄弟が、事件に興味を持ち、その謎を解いていくが、その過程で兄弟の 家族の過去が明らかになっていく。大学院で遺伝子の研究を行っている泉水と芸術的な絵の才..... [続きを読む]

» 『重力ピエロ』舞台挨拶@新宿バルト9 [|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο]
基本、キャストが見られないと映画を見ない人w三木聡麻生久美子の『インスタント沼』も観たかったのだが、今回のそんじょそこらの映画サイトより無駄に詳しい舞台挨拶レポートは、 伊坂幸太郎原作の『重力ピエロ』伊坂作品は、今年に入って2作目の鑑....... [続きを読む]

» 「重力ピエロ」泣いている、笑ってる、微妙なバランス [soramove]
「重力ピエロ」★★★★ 加瀬亮 、岡田将生 、小日向文世 主演 森淳一 監督、2008年、119分 「春が二階から落ちてきた。」 「印象的な出だしで始まるのは、 ある家族の物語、 どこにでもあるようで、でも 見ていると分かる、 どの家族も唯一の物語を持っていると」 原作は読んでいない、 読もうかな思ったときには ベストセラーとなっていて 「今さら」と思ったからだ。 映画を見ていて所々に 本の印象的な書き出しのような部分を見た、 そして... [続きを読む]

» 重力ピエロ [我想一個人映画美的女人blog]
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 原作も読んでなければ、加瀬亮主演の兄弟もの。ということしか知らず観て来た〜 邦画を観ると必ず驚かれるわたしですが、これでも年に5、6本は観てます☆ 少なっ。 何人かの映画ブロガーさんたちにもオススメされ、兄弟や家族がテーマの話が好きなので観たくなったの。 [このミステリーがすごい!2009年版] 第1位受賞作家、伊... [続きを読む]

» 「重力ピエロ」 自分で考えろ [はらやんの映画徒然草]
遺伝か、環境か? 劇中でも語られていたように、ある人の人間性を形成するのは、遺伝 [続きを読む]

» 「重力ピエロ」ドロドロなのに透明感 [ノルウェー暮らし・イン・London]
久しぶりに邦画を見た。 さすがの伊坂幸太郎原作もの。 深刻な内容なのに、どこか透明感のあるピュアな雰囲気。 すべてのキャストが、最高にマッチして、無駄な人物はひとりもいない。 人目をはばからず、声を上げて泣きながら見ている私がいた。... [続きを読む]

» 『重力ピエロ』'09・日 [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...]
あらすじ遺伝子研究をする兄・泉水と、自分がピカソの生まれ変わりだと思っている弟・春の周辺で謎の連続放火事件と、火事を予見するような謎の落書き(グラフィティアート)が出現し... [続きを読む]

« 「スター・トレック」 | トップページ | 「ターミネーター : サラ・コナー クロニクルズ 〈ファースト・シーズン〉」 »