2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと」 | トップページ | 「ノン子36歳 (家事手伝い)」 »

2009年4月 5日 (日)

「ドロップ」

Drop  人気漫才コンビ・品川庄司の品川祐が自ら脚本・監督を手掛けて自伝的小説を映画化。
 不良中学生の喧嘩の日々を延々と綴ったもので、いわゆる日本映画独自のジャンルというべき不良(ヤンキー)映画である。
 そういえば、嘉門達夫も言っているけど、昔はどこの街にも必ず生息していたヤンキーも最近は全く見かけなくなった。
 だけど、ヤンキー映画はやたらと作られている。
 「愛と誠」の時も思ったが、物凄い不良でも何故か学校は来ているんだよなあ(笑)
 一応は少年誌で登校を完全否定はまずいという配慮もあるのだろう。
 まあ今は不登校はヤンキーに限らずなので、これも時代の流れか。
 映画は思った以上に面白い。
 正統派健康優良不良少年物で、喧嘩シーンもいいが、どちらかというと登場人物のユルユルの会話が面白く、さすがにお笑い芸人の映画だけあるなあと感心!
 出演が、今や絢香と結婚で世の中を騒がしている水嶋ヒロ、成宮寛貴、上地雄輔、 綾部祐二…ってどう考えても中学生じゃないじゃん!とお怒りの方もいるかもしれないが、なまじ青臭いどこの誰かわからないジャリタレを使っているより、ベテランを使って、この映画の世界の中学生は、20歳過ぎに見えるんだよ~んと徹底している方が潔いし面白い。
 まあ自分としては「グリース」で30歳回っても高校生を演じていたオリヴィア・ニュートン=ジョンを見ているので、免疫ができてしまっているのかも。
  少なくとも一人だけ若い役で浮きまくっている吉永小百合の映画よりマシだ。
 だから本仮屋ユイカ(B78-W54-H82)の中学生よりも、たとえビニ本のモデル化していても中越典子(B78-W56-H82)の制服姿が見たいと思う人も多いはずだ。
 しかし、水嶋ヒロはさすがに仮面ライダーを演じていただけあって足が上がるなあと改めて感心。
 エンディングロールで実はレーザーラモンが出ていたことを知る。
 う~ん、いつものあの格好でないと誰かわからないなあ。
 あと、鳶職って意外に儲かるんだなあ。

参加してます。よろしくで~す
   

« 「マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと」 | トップページ | 「ノン子36歳 (家事手伝い)」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/44567916

この記事へのトラックバック一覧です: 「ドロップ」:

» ドロップ [LOVE Cinemas 調布]
お笑いコンビ品川庄司の品川ヒロシのベストセラー小説を自ら脚本・監督した作品。主演は成宮寛貴、共演が水嶋ヒロ。予告編を観る限り、まあありがちな青春ストーリーかなと思いつつも、イケメン2人の不良具合を見てみるのもまた一興とばかりに鑑賞してきました。というか、成宮くんは最近いま一つぱっとしないですが好きな俳優さんなんですよね…。... [続きを読む]

« 「マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと」 | トップページ | 「ノン子36歳 (家事手伝い)」 »