2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「ノン子36歳 (家事手伝い)」 | トップページ | 「トワイライト~初恋~」 »

2009年4月 7日 (火)

「ザ・バンク 堕ちた巨像」

Theinternational  違法行為に手を染める欧州拠点の国際銀行IBBCを追跡するインターポール捜査官だが、捜査は執拗な妨害工作に遭い難航していた…。
 映画に出てくる敵といえば、世界大戦中はドイツ軍、冷戦時代はソ連、それ以外だと麻薬密売組織など非常にわかりやすかったのだが、昨今の悪者、いやもはや法律さえも手玉に取るため、悪者の概念さえ適用されないのが多国籍企業だ。
 多国籍企業相手のシリアスな社会派サスペンスだと思っていたら、単純明快なアクションサスペンスで、007をちょっと地味にしたような感じ。
 「007/慰めの報酬」で、政府の要人までがメンバーにいるクオンタムという組織が出てきたが、IBBCは正にそれに近いものがある。
 そういえば、この映画のイタリアのエピソードは、もろ「007/慰めの報酬」と同じような場所だった。
 逮捕権がないインターポールの捜査官という設定が、主人公の動きに制限を作り、逆にサスペンスを盛り上げる。
 まあ、それ以前にインターポールの名前を久しぶりに聞いた。
 おそらく、「ルパン三世」の銭形警部以外に出てこないからねえ。
 主演が「シューテムアップ」のクライヴ・オーウェンなので全編ドンパチあるのかと思いきや、意外にそうでもなかった。
 最初は比較的地味に捜査活動をしていたが、一転、美術館での銃撃戦は迫力満点!
 これだけでも見る価値は十分ありだ。
 共演は「キングコング」のナオミ・ワッツ。
 普通だったら主人公と恋仲になりそうだが、それがないのも逆に新鮮で良い!
 監督が「ラン・ローラ・ラン」のトム・ティクヴァ。
 

参加してます。よろしくで~す
   

« 「ノン子36歳 (家事手伝い)」 | トップページ | 「トワイライト~初恋~」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/44589793

この記事へのトラックバック一覧です: 「ザ・バンク 堕ちた巨像」:

» ザ・バンク 堕ちた巨像 [LOVE Cinemas 調布]
主演のクライヴ・オーエンは『エリザベス:ゴールデン・エイジ 』などで観ていたものの、際立った俳優と言うイメージはありませんでした。一方共演のナオミ・ワッツは個人的に大好きな作品『イースタン・プロミス』のヒロインの印象が強いです。そして監督は『パフューム ある人殺しの物語』が鮮烈なイメージだったトム・ディクヴァです。予告編の印象ではちょっと難しそうなイメージでしたがどうなんでしょうか。... [続きを読む]

» 「ザ・バンク -堕ちた巨像-」 もう一ひねりほしい [はらやんの映画徒然草]
原題は「The International」、こちらの方が内容にふさわしい感じが [続きを読む]

» ザ・バンク 堕ちた巨像 [だらだら無気力ブログ]
インターポール捜査官が執拗な妨害工作と圧力に遭いながらも違法行為に 手を染める巨大国際銀行を追い詰め、事件の真相究明に奔走する様を描いた サスペンス。インターポール捜査官のサリンジャーはニューヨーク検事局のエラらと共に 国際銀行IBBCの不審な取引情報を追..... [続きを読む]

» ザ・バンク 堕ちた巨像 [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『真実さえ、 取引されるのか。』  コチラの「ザ・バンク 堕ちた巨像」は、世界中の巨富が流れ込む、巨大銀行<メガバンク>の莫大な資金の行方を追うインターポール捜査官ルイ・サリンジャー(クライヴ・オーウェン)を描いた4/4公開のPG-12指定のスパイラル・サスペ...... [続きを読む]

« 「ノン子36歳 (家事手伝い)」 | トップページ | 「トワイライト~初恋~」 »