2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「ストレンジャーズ/戦慄の訪問者」 | トップページ | 「おっぱいバレー」 »

2009年4月18日 (土)

「いのちの戦場 -アルジェリア1959-」

1959  「シェルブールの雨傘」や「ロシュフォールの恋人たち」の劇中に出てくる戦争は、昔は第二次世界大戦のことかと思っていたが、つい最近デジタルリマスター版を観て、それがアルジェリア戦争であることに気づいた。
 フランスと独立を目指すアルジェリア人との間に続いた戦争だが、フランス的には触れてほしくない暗部であり、フランスは1999年までそれを戦争と認めてなかった。
 当然、「戦争」と認めてないので、拷問や虐殺、使用禁止兵器の使用など、何でもありの戦いになってしまい泥沼化状態になってしまったのは言うまでもない。
 この映画はアルジェリア民族解放戦線(FLN)とフランスの生々しい戦争を描いており、正にフランス版プラトーンなのである。
 やっぱり戦争関係は50年~100年経過しないと、客観的な見方はできないと実感した。
 何しろ「シェルブールの雨傘」では、さも戦争は当たり前のような感じの描き方になっている。
 時代を感じるためには、リアルタイムに作られた映画とこの映画を連続で観ることが正解かもしれない。
 主演はこの映画の立案者でもあるブノワ・マジメル。
 監督は「ホステージ」のフローラン=エミリオ・シリ。
 アメリカがヴェトナム戦争ネタで多くの映画を作るように、フランスもアルジェリア戦争の映画が増えているのかもしれない。

参加してます。よろしくで~す
   

« 「ストレンジャーズ/戦慄の訪問者」 | トップページ | 「おっぱいバレー」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/44672412

この記事へのトラックバック一覧です: 「いのちの戦場 -アルジェリア1959-」:

» いのちの戦場 -アルジェリア1959- :大阪ヨーロッパ映画祭 [だらだら無気力ブログ]
『裏切りの闇で眠れ』で主演したブノワ・マジメルが立案・主演した フランスの戦争映画。1959年、独立を求めるアルジェリアへ、フランス志願兵テリアン中尉が 赴任してきた。拷問と殺戮の戦場は彼を極限まで追い詰めていき…。 10年前までフランスが単に「事件」と呼んでき..... [続きを読む]

« 「ストレンジャーズ/戦慄の訪問者」 | トップページ | 「おっぱいバレー」 »