2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「13日の金曜日」 | トップページ | 「ストリートファイター ザ・レジェンド・オブ・チュンリー」 »

2009年3月 2日 (月)

「罪とか罰とか」

Tsumibatsu  売れないグラビアアイドルが、諸事情により一日警察署長となり予想もしない出来事に巻き込まれていく…。
 意外に泣ける傑作だった「グミ・チョコレート・パイン」のケラリーノ・サンドロヴィッチ監督の最新作だが、微妙な出来栄え。
 演出が演劇っぽいのとブラックでシュールな展開なので、好き嫌いが分かれると思う。
 最終的に色々なエピソードが一つにまとまるのだが、そこに至るまでの筋運びが良くないので散漫になってしまう。
 小ネタは面白いし笑えるのだけどね。
 昨今の流行として他メディアとの連動があるが、この映画も「ヤングアニマル」で漫画が連載されている。
 漫画の方は、主人公が売れない理由として水着ををやらないからという設定で、だからライヴァルとの対比がうまく描かれている。
 しかし、映画はそこらへんは理由付が明確になっていない。
 また漫画では一日警察署長が色々な理由により延長されていくことになっており、実は漫画の方が面白いのではないかと思う。
 「デトロイトメタルシティ」のついでに読んでみてほしい。
 主演の成海璃子(B81-W57-H82)は少し太った感じがするが、この映画の最大の見所はとりあえず彼女の婦警姿だろう。
 ただ、本当の婦警さんのスカートはタイトスカートなのだけど、スカートがまくれるシーンのために変更したのかも。
 この映画のオイシイところは犬山イヌコと奥菜恵(B80-W59-H83)が全て持っていき、特に奥菜の弾けっぷりは必見!
 グラビアアイドル役の安藤サクラ(B83-W58H80)の微妙な水着姿もチェック!
 あと、市川由衣(B83.-W55-H85)を久しぶりに観た。
 この映画で唯一不覚にも笑ったのは、「ポリス」のギャグでした、すいません。

参加してます。よろしくで~す
   

« 「13日の金曜日」 | トップページ | 「ストリートファイター ザ・レジェンド・オブ・チュンリー」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/44216502

この記事へのトラックバック一覧です: 「罪とか罰とか」:

» 罪とか罰とか [だらだら無気力ブログ]
一日警察署長をやることになった崖っぷちアイドルが事件や元彼の 秘密に振り回される様をブラックなコメディーで描く。売れないグラビアアイドルの円城寺アヤメは、ある日、自分が載った雑誌を 衝動的に万引きしてい捕まってしまう。捕まったアヤメは、業界のルールで 埋め..... [続きを読む]

» 罪とか罰とか [UkiUkiれいんぼーデイ]
JUGEMテーマ:映画 2009年2月28日 公開 ★★★☆☆ ブラックコメディだよぉ〜 星3っつ! スタンガンなのに微妙に気持ち良いってどーよ。 ケラリーノ・サンドロヴィッチ監督の作品って一度観てみたかったんですよ。 日本人ですからねぇ、本名・小林一三さんですからねぇ。 前作『グミ・チョコレート・パイン』は未見。 ほとんど予備知識もなく鑑賞。 うぅ〜ん、そぉですねぇ、ちょっとクドカンの作品に似たところもあるんですが、こちらはもっとブラ... [続きを読む]

» 罪とか罰とか [LOVE Cinemas 調布]
主演に『イキガミ』というよりは、最近ではNTTドコモのCMでお馴染みの成海璃子。共演に『フレフレ少女』の永山絢斗、そして監督は『グミ・チョコレート・パイン』のケラリーノ・サンドロヴィッチ。成海璃子はコメディ初挑戦とのこと。テレビCMでオードリーがなにやら言ってますが、正直あまり期待していません。『カフーを待ちわびて』を観たくて横浜遠征したのでオマケで観てきました。(笑)... [続きを読む]

» 「罪とか罰とか」 本音と建前 [はらやんの映画徒然草]
ケラリーノ・サンドロヴィッチ監督の存在はテレビドラマ「時効警察」で知りました。 [続きを読む]

» 「罪とか罰とか」劇団のお仲間で楽しんで作りましたって映画 [soramove]
「罪とか罰とか」★★★ 成海璃子 、永山絢斗 、段田安則 、犬山イヌコ 、 山崎一 、奥菜恵 、大倉孝二 主演 ケラリーノ・サンドロヴィッチ 監督、2008年、110分 「大河で出世した宮崎あおい、 自由で透明な感じの蒼井優、 その次の世代の期待の 成海璃子を見に行ってきた」 この映画の出演者の中にファンや 気になる人がいるなら 充分楽しめると思うが、 「神童」とかの成海璃子を期待すると がっかりするだろうな。 ここでは彼女はメインで出てくるけど... [続きを読む]

» 【映画】罪とか罰とか [新!やさぐれ日記]
▼動機 予告編が楽しそうだった ▼感想 これは監督の捨て身のギャグ? ▼満足度 ★★★★★☆☆ なかなか ▼あらすじ 万引きで捕まったことからなぜか一日警察署長をやるはめになった、B級グラビアアイドルのアヤメ(成海璃子)。そこで、刑事として働く元恋人の春樹(永山絢斗)に再会。何と春樹は殺人鬼で、この日も恋人(佐藤江梨子)を殺していた。しかし、今でも春樹を思うアヤメは、目撃者(段田安則)から受け取った証拠の品を隠そうとする。 ▼コメント 結構、楽しめた。 予告編で一度見たきりの... [続きを読む]

» 『罪とか罰とか』 [『映画な日々』 cinema-days]
罪とか罰とか 売れないグラビアアイドルが 一日署長をおうせつかる... 【個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞) [続きを読む]

« 「13日の金曜日」 | トップページ | 「ストリートファイター ザ・レジェンド・オブ・チュンリー」 »