2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「ホノカアボーイ」 | トップページ | 「刑事ローグ」 »

2009年3月18日 (水)

「ダウト ~あるカトリック学校で~」

Da  生徒と不適切な関係にあるのでは?と疑いをかけられた進歩的な男性聖職者と、彼を執拗なまでに追いつめていく厳格な女性校長。
 果たして真実は?
 フィリップ・シーモア・ホフマンVSメリル・ストリープの演技対決が最大の見所。
 これはキャスティングがうまい。
 何しろ、フィリップ・シーモア・ホフマンは見るからに胡散臭いので、悪いことやってそうだもん。
 これにメリル・ストリープの妙に高いテンションの演技があれば、単に会話だけなのに盛り上がること間違いなし!
 この二人の熱いバトルにエイミー・アダムス扮する天然系のシスターが入ることによりうまくバランスが取れている。
 また、これに加えてケネディ暗殺や公民権運動の拡大など時代が変化しつつある中でのカトリック教会を舞台に、進歩的な神父と保守的な校長の思惑の違いが、見る側ににとっても色々な考えを起こさせる。
 会話だけなので、寝ている人もいたが、自分は結構手に汗握ってみてしまった。
 黒人生徒の母を演じるヴィオラ・デイヴィスが、出演時間は短いのに、意外に印象に残ってしまう。
 アカデミーの助演女優賞にノミネートされたのもわかるような気がした。

参加してます。よろしくで~す
   

« 「ホノカアボーイ」 | トップページ | 「刑事ローグ」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/44382815

この記事へのトラックバック一覧です: 「ダウト ~あるカトリック学校で~」:

» ダウト ~あるカトリック教会で~ [LOVE Cinemas 調布]
主演は最近では『マンマ・ミーア』が記憶に新しいオスカー女優のメリル・ストリープ。共演にこれまたオスカー俳優のフィリップ・シーモア・ホフマン。他にもエイミー・アダムスとヴィオラ・デイヴィス。驚嘆すべきはこのメインの3人がいずれも本年度アカデミー賞にノミネートされているという点。実力派俳優がそろったもののどちらかというと地味なせいか全国12館(3月9日現在)での公開です。... [続きを読む]

» ダウト〜あるカトリック学校で〜 [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『それは、人の心に落とされた「疑惑」という名の一滴の毒… 神聖なはずのカトリック学校で、 何が起こったのか? トニー賞&ピュリッツァー賞W受賞の舞台劇、 衝撃の映画化。』  コチラの「ダウト〜あるカトリック学校で〜」は、1964年のNYブロンクスのカトリッ....... [続きを読む]

» ダウト 〜あるカトリック学校で〜 [Memoirs_of_dai]
校長のモチーフはあいつか? 【Story】 1964年、ブロンクスのカトリック系教会学校。校長でシスターのアロイシス(メリル・ストリープ)は、... [続きを読む]

» 映画:ダウト あるカトリック学校で [よしなしごと]
 当初見るつもりはなかったのですが、シネマソムリエが選ぶコダワリの映画に認定されたと言うことで、ダウト あるカトリック学校でを観てきました。 [続きを読む]

» 『ダウト あるカトリック学校で』'08・米 [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...]
あらすじ1964年、ブロンクスのカトリック系教会学校。校長のアロイシス(メリル・ストリープ)は、厳格な人物で生徒に恐れられていた。人望のあるフリン神父(フィリップ・シー... [続きを読む]

« 「ホノカアボーイ」 | トップページ | 「刑事ローグ」 »