2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「The ショートフィルムズ/みんな、はじめはコドモだった」 | トップページ | 「劇場版 空の境界/第六章 忘却録音」 »

2009年3月 5日 (木)

「カフーを待ちわびて」

Kafu  縁結びの神社で「嫁に来ないか。幸せにします」と書いたら、美人でスタイルの良い女性が自分を嫁にしてほしいと家に転がり込んできた…ってどこの少年漫画のラブコメなんだよ!?
 もちろん、恋愛物は偶然が偶然を呼んで話が展開していくのは重々承知している。
 それでも、そこには何かしらもっともらしい説得力はあるべきなのだが、この映画はご都合主義が目立ち過ぎて困ってしまう。
 いきなり絵馬を見ただけで嫁にしてくださいという女性がやってきたら、普通ちょっと、つうか目茶苦茶ひくよ。
 いくら南の小さな海の雑貨屋で、ちょっとプチニート系の青年だとしてもね。
 原作小説が第1回日本ラブストーリー大賞もらっているらしいのだけど、こんな話でもらえるの?
 ここ最近、携帯小説もかなりアレだけど、運命とか偶然とかいう言葉でごまかしすぎていない?
 いや、おそらく小説で読むのには頭で補完するので問題ないのかもしれないが、何もかも具体化してしまう映像では、それなりに昇華しないと物凄く陳腐なものになってしまうのではないか?
 自分は原作は未読だが、おそらく文章的にはそれなりに面白く筋が通っているのかもしれない。
 しかし、この脚本と演出は微妙。
 少なくとも小道具で手紙を使う時は、小説だと効果的だが、映像だと安易になりがちなので、それなりの工夫は必要だと思うぞ。
 出演は玉山鉄二とマイコ(B82-W56-H84)。
 マイコは、予告編で名前が出るまで、ず~っと麻生久美子(B80-W59-H83)だと思っていた。(意外にそう思っている人が自分の周りは多かった)
 あと、妙に鼻が大きいのが気になった。
 監督は中井庸友………って誰?
 タイトルのカフーとは、キャプテン・フューチャーの「惑星タラスト救出せよ」に出てくる伝説の英雄だと言う人もごく稀にいるだろうけど、それはカフールなので、そこんとこよろしく!
 一応、島の言葉で「果報」とか「幸せ」の意味。
 南の海のまったりとした雰囲気を楽しむにはいいかもしれないが、ほとんど曇天ばかりなので、明るい太陽を期待する人にはオススメしない。。
 もうそろそろ、皆で踊ったり、放言バリバリのお年寄りが出たりしている沖縄系癒し映画は食傷気味かな。

参加してます。よろしくで~す
   

« 「The ショートフィルムズ/みんな、はじめはコドモだった」 | トップページ | 「劇場版 空の境界/第六章 忘却録音」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/44246285

この記事へのトラックバック一覧です: 「カフーを待ちわびて」:

» カフーを待ちわびて [だらだら無気力ブログ]
第1回日本ラブストーリー大賞を受賞した同名小説を映画化。 沖縄を舞台に一組の男女の恋物語を描く。沖縄の離島で雑貨店を営む明青は、愛犬カフーと毎日をのんびりと平凡に 暮らしていた。そんなある日、明青のもとに一通の手紙が届く。 手紙の内容は以前、明青が縁結びで..... [続きを読む]

» 『カフーを待ちわびて』 [京の昼寝〜♪]
□作品 オフィシャルサイト「カフーを待ちわびて」□監督 中井庸友 □脚本 大島里美 □原作 原田マハ□キャスト 玉山鉄二、マイコ 、尚玄、宮川大輔、白石美帆、勝地涼、瀬名波孝子、ほんこん、伊藤ゆみ、高岡早紀、沢村一樹■鑑賞日 3月1日(日)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)  本作と『ハルフウェイ』、ピュアな恋模様を描いた作品がこの日続いた。『ハルフウェイ』より大人の恋愛だが、北海道と沖縄というほぼ半日で日本の北と南を旅した気分だった。 特にこの寒い時... [続きを読む]

» 『ハルフウェイ』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「ハルフウェイ」□監督・脚本 北川悦吏子 □製作・プロデュース 岩井俊二□音楽 小林武史□キャスト 北乃きい、岡田将生、仲里依紗、溝端淳平、成宮寛貴、白石美帆、大沢たかお■鑑賞日 3月1日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> 大学受験を控えた若いカップル。どこかに、忘れかけてた“淡い恋”の匂いを感じつつ、TVドラマのヒットメーカーである脚本家の北川悦吏子が初監督に挑戦し、音楽は小林武史が担当。 そしてプロデュースが岩井俊二とくれ... [続きを読む]

« 「The ショートフィルムズ/みんな、はじめはコドモだった」 | トップページ | 「劇場版 空の境界/第六章 忘却録音」 »