2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「フェイク シティ ある男のルール」 | トップページ | 「ジェネラル・ルージュの凱旋」 »

2009年3月 9日 (月)

「ヤッターマン」

Yatterman  数あるタイムボカン・シリーズの中では最も人気のあるのは「ヤッターマン」なのだが、「タイムボカン」から引き続き見ていた自分は、周りが言うほど面白いと思えなかった。(ちなみに1回目の放送は1月1日だった)
 その最大の要因はメカがかっこよくないからで、やはりタツノコプロのSFアニメの魅力はメカのかっこよさがあると思っていたので、その意味では「ヤッターマン」に出てくるヤッターワンは「かっこいい」から遥か遠くにいた。
 また、「タイムボカン」が時間物のSFだったのに比べ、「ヤッターマン」は、御伽話の世界、それもパロディの世界だったことにも抵抗があった。
 やはり「ヤッターマン」の最大の面白さは、ドロンボーのキャラの面白さにつきると思う。
 これで、シリーズの悪役=実は主役という形ができることになる。
 ちなみに、タイムボカン・シリーズで物語が一番面白いのは意外にも「逆転イッパツマン」で、次々と謎が解けていく最終回までの引きの作り方はシリーズ一番であろう。
 そういえば、同じ頃放送していた「未来警察ウラシマン」もギャグの体裁を取りながらも後半のシビアな展開は目が離せなかった。
 大人になると「オタスケマン」のエンドの歌はサラリーマンの悲哀が出過ぎていて泣けた。
 現在放送中の日テレの「ヤッターマン」はドロンボーの声が今のままで、ギャグが時事ネタや芸能ネタ、同じ19時枠の「名探偵コナン」をネタにしたりして大変面白い。
 しかし、日テレの編成の組み方がアニメに対してやさしくないので、2カ月放送しない時もあったりして、視聴率が良くないのは作品の質ではなく、編成に問題がある。
 4月以降はまた時間が変わるそうで、困ったものである。
 随分前に「ヤッターマン」と「ガッチャマン」の実写映画化の話があって、その後音沙汰がなかったが、やっと「ヤッターマン」が公開!
 実写化となれば当然気になるのがキャスティングである。
 ドロンジョは杉本彩(B83-W58-H86)がいいかなと思ったが、あまりにも生々しいので、ムチムチしていても深田恭子(B80-W60-H88)で正解!
 ボヤッキーの生瀬勝久は、アニメのキャラをうまく自分なりに昇華している。
 トンズラのケンドーコバヤシも悪くない。
 ヤッターマン1号の嵐の櫻井翔、2号の福田沙紀(B79-W58-H80)は、まあ空気みたいなものなので軽く流そう。
 実は思っていた以上に大変面白い!
 話は最終回あたりが中心となった感じで、思った以上にお約束を守って制作してある。
 ただCGはちょっとショボいし、アメコミのヒーロー物みたいなのを期待すると肩透かしなので注意!
 監督の三池崇史は相変わらず手堅い仕事をしている。
 これが山口雄大だったら、同じ制作費で10本くらい作るかも(笑)
 できれば次は「ガッチャマン」を映画化してほしいのだが、かつてのSMAPのCMを越えるものを希望!
 個人的にはタツノコアニメの実写化は「破裏拳ポリマー」なんだけどね。

参加してます。よろしくで~す
   

« 「フェイク シティ ある男のルール」 | トップページ | 「ジェネラル・ルージュの凱旋」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/44285664

この記事へのトラックバック一覧です: 「ヤッターマン」:

» ヤッターマン [だらだら無気力ブログ]
タイムボカンシリーズの人気アニメ『ヤッターマン』を嵐の櫻井翔と 福田沙紀で実写化。高田玩具店のひとり息子ガンちゃんは、父の設計したヤッターワンを 完成させ、ガールフレンドの愛ちゃんと一緒に正義の味方ヤッターマン1号・ 2号として、4つあつめると願いが叶うと..... [続きを読む]

» ヤッターマン [to Heart]
        製作年度 2008年 原作 竜の子プロダクション 製作総指揮 佐藤直樹ブタがいた教室 あしたの私のつくり方 島田洋一「20世紀少年」「K-20(TWENTY) 怪人二十面相・伝 」 脚本 十川誠志 るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚」「HUNTER×HUNTER」「BLEACH」 監督 三池崇史 出演 櫻井翔/福田沙紀/生瀬勝久/ケンドーコバヤシ/岡本杏理/阿部サダヲ/深田恭子 邦画界の鬼才、三池崇史監督が人気テレビアニメーション「ヤッターマン」を実写化した型破りな娯楽大作。... [続きを読む]

» ヤッターマン [LOVE Cinemas 調布]
この作品ほど出演者が事前にフィーチャリングされている作品も久しぶりです。主演はヤッターマン1号が櫻井翔、2号は福田沙紀。そしてそのコスチュームが話題になったドロンジョが深田恭子、ボヤッキーとトンズラーがそれぞれケンドーコバヤシと生瀬勝久。いや楽しそうな作品ですが、三池崇史監督作品は面白いものといま一つのものがはっきりと分かれますんで、今回はどうでしょうか?... [続きを読む]

» 映画『ヤッターマン』 [ブルー・カフェ]
「ヤッターマンがいる限り、この世に悪は栄えない!」 ぎやーーーっつ!翔さ〜〜ん!!{/rabi_happy/}{/m_0139/} というワケで櫻井翔主演、三池崇史監督映画→ヤッターマンを観て参りましたよ♪ まず、ワタシは櫻井翔さんに「ゾッコン」なので、この映画の「出来」に関して客観的なジャッジは出来ません!無理です!翔さんが「パーマン」でも観にいく来満々でしたからね。 ま、それでもやっぱり世間の評判は気になって(あれだけ番宣して評判悪かったらあんまりだもんね)ワタシが観る「前の回」のお客さんが... [続きを読む]

» 『ヤッターマン』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「ヤッターマン」□監督 三池崇史 □脚本 十川誠志 □キャスト 櫻井 翔、福田沙紀、深田恭子、生瀬勝久、ケンドーコバヤシ、岡本杏理、阿部サダヲ (声の出演)滝口順平、山寺宏一、たかはし智秋■鑑賞日 3月7日(土)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想>  う〜ん、三池監督・・・「やっちまったなぁ〜(by クールポコ)」って感じ(笑) そもそも三池監督、このアニメ「ヤッターマン」を実写化する... [続きを読む]

» 「ヤッターマン」 ディテールへのこだわりはあるが・・・ [はらやんの映画徒然草]
オリジナルのアニメが放映されていた時は小学生、思いっきり「ヤッターマン」世代です [続きを読む]

» ヤッターマン [小泉寝具 ☆ Cosmic Thing]
 日本  アクション&コメディ  監督:三池崇史  出演:櫻井翔      福田沙紀      深田恭子      生瀬勝久 【物語】  高田玩具店のひとり息子ガンちゃんは、父の発案した犬型の巨大ロボット、 ヤッターワンを完成させる。そしてガールフレンドの...... [続きを読む]

» ★「ヤッターマン」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
久しぶりに週末レイトショウだよーーー。 ひらりんの子供時分にやってたテレビアニメの実写版・・・ 映像技術が進歩して、カッコよく作れるようになったからか、 最近多いよね、アニメの実写版・・・ 深キョンのドロンジョ様がどんなもんかも楽しみだベーーーー。 ... [続きを読む]

» 「ヤッターマン」 ディテールへのこだわりはあるが・・・ [はらやんの映画徒然草]
オリジナルのアニメが放映されていた時は小学生、思いっきり「ヤッターマン」世代です [続きを読む]

» 「ヤッターマン」 [ば○こう○ちの納得いかないコーナー]
幼少の頃より、竜の子プロダクション制作のアニメを随分と見て来た。「マッハGoGoGo」(動画)に「ハクション大魔王」(動画)、「昆虫物語 みなしごハッチ」(動画)、「いなかっぺ大将」(動画)、「カバトット」(曲)、「樫の木モック」(動画)、「科学忍者隊ガッチャマン」(動画)、「かいけつタマゴン」(曲)、「けろっこデメタン」(動画)、「新造人間キャシャーン」(動画)、「てんとう虫の歌」(動画)、「タイムボカン・シリーズ」(動画)、「ポールのミラクル大作戦」(動画)、「一発貫太くん」(動画)等々。 同... [続きを読む]

» 映画『ヤッターマン』 [頑張る!独身女!!]
うーわんわんわん。うーじんじんじん。ワンと吠えりゃ(ワン)ツースリーサイレンの音(ウー)高々に。地球の裏表ひとっ飛び・・・ [続きを読む]

» 『ヤッターマン』2009・3・8に観ました [映画と秋葉原と日記]
『ヤッターマン』  公式HPはこちら ←クリック   ●あらすじ(序盤) 今日もヤッターマン1号(櫻井翔)・2号(福田沙紀)は、ドロンジョ(深田恭子)ボヤッキー(生瀬勝久)トンズラー(ケンドーコバヤシ)のドロンボー一味と熾烈な戦いを展開していたが。... [続きを読む]

» ヤッターマン [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『やっておしまい! ヤッターマンVSドロンボー 遂に宿命の戦いがはじまる!』  コチラの「ヤッターマン」は、1977年に製作されたタツノコプロの大ヒットアニメで、現在はそのリメイク版のアニメがTV放映されている同名アニメを「スキヤキ・ウェスタン ジャンゴ」の三...... [続きを読む]

» [遅ればせながら、映画『ヤッターマン』を観る] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』]
☆実は、レイトショーで『ドロップ』ってのを観ようと、ネット予約をしようと思ったのだが、満席で予約できなかった。  <MOVIX昭島>・・・、盛況やなあ^^;  で、公開からかなり経っていて、多くのブロガーが高評価をしていた『ヤッターマン』を観てきた。    ◇  正直、私には、いまいちだったかも。  特に、何らかの形で、「勝負(かちまけ)」が物語の見どころになる思っていたので、序盤の、そのゆるい展開に違和感が大きかった。  冒頭は、いきなり、ヤッターマンとドロンボー一味の対決から始まる。... [続きを読む]

» 【映画】ヤッターマン [新!やさぐれ日記]
▼動機 衝動見 ▼感想 こだわる所を間違えなかった秀作 ▼満足度 ★★★★★☆☆ なかなか ▼あらすじ ガンちゃん(櫻井翔)は父の遺志を継ぎ、犬型の巨大ロボット“ヤッターワン”を完成させた。そしてアイちゃん(福田沙紀)と力を合わせ、愛と正義の味方ヤッターマン1号・2号としてドロンジョ(深田恭子)率いるドロンボー一味と戦うことに。ある日、一味が探しているのは何でも願いがかなう伝説のドクロストーンだと判明する。 ▼コメント 深谷シネマと自宅を最短距離で結ぶ道にある架橋が、工事中で大... [続きを読む]

» 映画「ヤッターマン」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
渋谷の街は渋山で忠犬ハチ公の物語はみなしごハッチ、エジプトのスフィンクスはオジプトの招き猫・・・面白すぎるよねぇ、もぉ、馬鹿馬鹿しいほどに・・・ 玩具店のガンちゃん(櫻井翔)がヤッターマン1号で、2号さんの愛ちゃん(福田沙紀)と共に、... [続きを読む]

» 『ヤッターマン』 [cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー]
この間の休みに『ヤッターマン』を新宿ピカデリーに観に行ってきました。 新宿ピカデリーのポイントも8ポイントまでまたたまってきましたー。 ******************** “タイムボカン”シリーズの第2弾として人気を博した往年のTVアニメを多作の奇才・三池崇史監督が実... [続きを読む]

» ヤッターマン (深田恭子さん) [yanajunのイラスト・まんが道]
◆ドロンジョ 役の深田恭子さん(のつもり)映画『ヤッターマン』を先月、劇場に観に行きました。●導入部のあらすじと感想 [続きを読む]

» 『ヤッターマン』’09・日 [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...]
あらすじ現代の地球のどこか。今日もヤッターマン1号と2号は、4つ揃うと願いが叶うといわれる伝説のドクロストーンを巡り泥棒の神様ドクロベエ率いるドロンボー一味と週に一度、... [続きを読む]

» ヤッターマン(感想160作目) [別館ヒガシ日記]
は地上波でし鑑賞だが結論は満足だ  [続きを読む]

« 「フェイク シティ ある男のルール」 | トップページ | 「ジェネラル・ルージュの凱旋」 »