2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「映画ドラえもん 新・のび太の宇宙開拓史」 | トップページ | 「オーストラリア」 »

2009年3月12日 (木)

「デコトラ・ギャル奈美」

Deko  菅原文太といえば、ある一定の世代だと仁義なき戦いシリーズなのだろうが、自分にはトラック野郎シリーズだ。
 あの時ほどトラックの運転手がかっこいい職業に思えたことはなく、プラモデルはデコトラを買ったし、自転車には麦球をつけまくって、メインのライトがぼんやりと光るだけで役に立たない状況になってしまったこともある。
 しかし、近所の中学生が自転車にバッテリーを搭載するという画期的な方法を発見!しかし、時代はスーパーカーブームになっていた。(え、自分の地方だけっすか?)
 つうことで工藤静香(B80-W54-H84←おニャン子時代)の「爆走!ムーンエンジェル~北へ」も観にいっている自分としては、当然この映画も観てしまったのは言うまでもない。
 今は亡き伝説のトラック野郎父のデコトラを受け継いだ奈美は、気っ風の良さと確実な腕前で荷主の信頼も厚い。
 ある日、トラッカー相手に身体を売って生きている桃香と知り合い、まじめに生きることを決心した彼女と何故かコンビを組むことになる。
 そして彼女たちはある事件に巻き込まれる…というような粗筋の人情コメディ。
 監督・脚本は城定秀夫
 当然、あまり迫力はないがカーアクションもある。
 トラッカー物でお馴染みの短時間で荷物を運んだり、ライヴァルとの競争とかね。
 しかし、見所は吉沢明歩(B86-W58-H86)と今野梨乃(B85-W59-H87)のダブルAV女優セクシー共演だろう。
 意外にも今野梨乃はちょっと頭の弱い娘を好演!
 ただヤクザと銃の安っぽいエピソードは必要なかったなあ。
 あと、最後のちょっと泣かせようとするところもね。
 それでもトラッカー物としては、思った以上に面白かったと思う。

↓↓参加しています。よろしくで~す↓↓
   

« 「映画ドラえもん 新・のび太の宇宙開拓史」 | トップページ | 「オーストラリア」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/44318489

この記事へのトラックバック一覧です: 「デコトラ・ギャル奈美」:

« 「映画ドラえもん 新・のび太の宇宙開拓史」 | トップページ | 「オーストラリア」 »