2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー」 | トップページ | 「マンマ・ミーア!」 »

2009年2月 1日 (日)

「20世紀少年<第2章> 最後の希望」

202  全3部作の2作目
 謎を出しまくって、何も解決せずに終わっている1作目には驚いたが、そういうものだと考えるようにして2作目を公開初日に観にいった。
 劇場は前日の「金曜ロードショー」枠の「20世紀少年~もう一つの第1章~」の効果なのか、意外に席が埋まっていた。
 話は原作同様、ケンヂの姪カンナを中心とした展開となっていく。
 正直、原作を読んでいないとわかりにくいところも多い。
 自分は原作を読んでいるので、話は適当に頭の中で補完して、この映画の最大の面白さである、いかに原作とキャラと似ているキャスティングをしているかを楽しむことにしているのだが、いたんだよねえ、原作とドンピシャの人が。
 小泉響子役の木南晴夏(B80-W57-H80)が怖いくらいに原作にそっくりなのだ。
 さらに構図と彼女の演技が、漫画のまんまで、漫画の実写化の極めた形といえる。
 これに比べたらカンナ役の平愛梨(B81-W57-H88)はまだまだキャラの立ち方が足りない。
 トヨエツはそれなりにかっこよかった。
 話はも盛り上がる要素はテンコ盛りなのに、不思議と盛り上がらない。
 原作のエピソードを羅列しているだけなのだ。
 登場人物が多すぎるのでそれぞれのキャラクターの掘り下げができていないし、群集劇としても成功しているとはいえない。
 原作の漫画はそれぞれの話を長い期間をかけてうまく盛り上げていくのだが、たかだか139分で描くのは無理だし、かといってこれ以上上映時間が長いのも困ってしまう。
 結局、長い原作漫画をダイジェスト化した再現ドラマなんだよなあ。
 3作目はもう少しポイントを絞って映画的な盛り上がりを希望!

参加してます。よろしくで~す
   

« 「ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー」 | トップページ | 「マンマ・ミーア!」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/43918152

この記事へのトラックバック一覧です: 「20世紀少年<第2章> 最後の希望」:

» 20世紀少年 第2章 最後の希望 観てきたです。 [HEYHEY BONBON]
鑑賞してきました 20世紀少年 第2章 -最後の希望- いやいや公開初日に なんとか鑑賞できました。 面白かったですよ 前にも書いてますが オイラはかなりの 原作好きな人間でして そして嫁さまも・・・ 第1章もそんな2人で 鑑賞してきたのですが 第3章が公開される...... [続きを読む]

» [映画『20世紀少年 最後の希望 』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』]
☆すいません、これ、私には駄目でした。  全然、何が何やら分かりませんでした。  なかなかの長尺の上映時間を全く飽きることなく見て、  主人公のカンナ(平愛梨)のグリグリに大きな瞳やシャープな輪郭の美しさ、  それと正反対の小泉響子(木南晴夏)の面長でキョトンとした表情の可愛らしさなどには、とても魅きつけられた(でも、この子、物語的には何のバックボーンもなく、けれど、核心に触れる位置に立たされちゃっているよね^^;)。  でも、見ていて、どうしても「解せない」感が渦巻いた。  それは、... [続きを読む]

» 「20世紀少年 -第2章- 最後の希望」 「つなぎ」になるのは仕方がない、か・・・ [はらやんの映画徒然草]
原作をビジュアル的に完コピしきった第1章から半年経って、第2章が公開されました。 [続きを読む]

» 映画「20世紀少年 -第2章- 最後の希望」 [FREE TIME]
2月1日のファーストデーに、映画「20世紀少年 -第2章- 最後の希望」を鑑賞。 [続きを読む]

» 映画「誰も守ってくれない」 [FREE TIME]
映画「誰も守ってくれない」を鑑賞して来ました。 [続きを読む]

» 20世紀少年ー第2章ー を観たゾ [ヤジャの奇妙な独り言]
3部作の「序」「破」「急」で言うところ 「破」に相当する 20世紀少年ー第2章ー最後の希望 [続きを読む]

» 20世紀少年 第2章 /最後の希望 [せるふぉん☆こだわりの日記 ]
本日より公開の「20世紀少年 第2章」見てきました~ 前作に続いてやはり子供が多 [続きを読む]

» 20世紀少年 第2章 最後の希望 [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『さあ、みんな ”つづき”を 始めよう─』  コチラの「20世紀少年 第2章 最後の希望」は、浦沢直樹によるベストセラーコミックを3部作構成で実写映画化し、昨年夏に公開された「20世紀少年 第1章 終わりの始まり」の1/31に公開となった続編なのですが、早速観て来ち...... [続きを読む]

» ★「20世紀少年<第2章> 最後の希望」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
今週の平日休みは「TOHOシネマズ・ららぽーと横浜」で2本。 その2本目。 はもちろん劇場で鑑賞・・・ こういう豪華キャスト系てんこ盛り作品は大好きだけど、 本格科学冒険映画・・・という見出しタイトルは意味不明だよねーーー。 ... [続きを読む]

» 『20世紀少年<第2章> 最後の希望』2009・2・1に観ました [映画と秋葉原と日記]
『20世紀少年<第2章> 最後の希望』  公式HPはこちら ←クリック   ●あらすじ 2000年に起こった大爆発から15年立ち、その大爆発・テロは、ケンヂ(唐沢寿明)とその仲間達を犯人にしてともだちは、それを阻止した救世主として崇められていた。 行方不明... [続きを読む]

» 面白くなってきた!『20世紀少年 最後の希望』 [水曜日のシネマ日記]
浦沢直樹の人気漫画を実写版映画化した作品。全三部作のうちの第二章です。 [続きを読む]

» 20世紀少年 (平愛梨さん) [yanajunのイラスト・まんが道]
◆平愛梨さん(のつもり)平愛梨さんは、現在公開中の映画『20世紀少年<第2章>最後の希望』に遠藤カンナ 役で出演しています。先日、劇場に観に行きました。●導入部のあらすじと感想 [続きを読む]

» 20世紀少年−第2章−最後の希望 [へでいくっ!]
第2章観てきました。 相変わらず登場人物がたくさんいて、ゴチャゴチャとしていますが、第2章は、大物俳優以外の人が頑張ってます。小泉響子、ブリトニー、巡査、怪しい小池栄子、タイのボスに、中国のボス、カンナもよかったですね。サダキヨ、神父の、特殊メイク(笑)もソ..... [続きを読む]

» 20世紀少年lt;第2章gt; 最後の希望 [だらだら無気力ブログ]
浦沢直樹の同名コミックを、総製作費60億円をかけた全3部作のうちの 第2作。前作の#39;血のおおみそか#39;から15年たった2015年を舞台に ケンヂの姪であるカンナを軸に、秘密基地のメンバーたちのそれぞれの 戦いを描く。2000年の#39;血のおおみ..... [続きを読む]

» 【映画】20世紀少年 第2章 [新!やさぐれ日記]
▼動機 ラストがみたいだけ。 ▼感想 指の上げ方を間違ってるエキストラ多すぎ。 ▼満足度 ------- おいとき ▼あらすじ “血の大みそか”から15年後の2015年。歴史では、2000年の巨大ロボットによる人類滅亡計画は、悪魔のテロリスト、ケンヂとその仲間が行ったものとされ、それを阻止した“ともだち”は救世主と崇められていた。高校生になったケンヂのめいであるカンナ(平愛梨)は、そんな“ともだち”中心の国家に反抗し、問題児とみなされてしまう。 ▼コメント 昨年夏に公開された第... [続きを読む]

» 20世紀少年 <第2章> 最後の希望 [欧風]
土曜、イオン下田での映画鑑賞、1本目は「旭山動物園物語 ペンギンが空をとぶ」。 2本目に観たのは、 [続きを読む]

» 「20世紀少年<第2章>最後の希望」 [ひきばっちの映画でどうだ!!]
観ちゃいました。第2章! カンナさん大成功です(笑)!!いや、冗談抜きで! カンナちゃん素敵でしたよ〜!その一言ですね(笑)。平愛梨さん、伸びるでしょうね!楽しみな女優さん登場です! 舞台は2015年の日本・・。 「ともだち」が日本を支配していた。 2000年12月31日「血の大晦日」事件はケンジ(唐沢寿明)らが企てたテロだというふうに歴史はいつのまにか歪曲されていた・・。 ケンジは行方不明、オッチョ(豊川悦司)はうみほたる刑務所の独房に繋がれていた・・。 演歌歌手のマネージャーを仮の姿とす... [続きを読む]

» 映画:20世紀少年-第2章-最後の希望 [よしなしごと]
 前作は、登場人物が多くてよくわからなかったという反省点をふまえ、原作を読んで予習。その想像を遙かに超えたスケールの大きな話にすっかりファンになってしまった僕。というわけで20世紀少年-第2章-最後の希望を観てきました。... [続きを読む]

» 20世紀少年−第2章−最後の希望 [ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!]
キャスティングそのものがパロディ [続きを読む]

« 「ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー」 | トップページ | 「マンマ・ミーア!」 »