2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「ヘブンズ・ドア」 | トップページ | 「チェンジリング」 »

2009年2月22日 (日)

「ハルフウェイ」

Halhway  現在自分の中で、年を取らず永遠に高校生でいてほしい女優は北乃きい(B80-W61-H81)だ。
 「幸福の食卓」、「ラブファイト」など彼女の高校生役は神であり、出初めの頃「ヤングマガジン」で無理目の水着姿を披露していたが、彼女の魅力は制服姿にあることは言うまでもない。
 そんな彼女の新作「ハルフウェイ」は、卒業を間近に控えた女子高生が、想いを寄せていた男子高校生とつきあうことになってすっかり舞い上がっていたが、彼の進学希望は地元の北海道とは違い、東京の早稲田大学だった、離れ離れになるのはいやだ、さあどうしよう・・・という青春恋愛物。
 出演はきいちゃんの他に、岡田将生、溝端淳平、仲里依紗(B87-W59-H87)。
 まず自分が驚いたのは、迷わず早稲田を受験しますっていえるところだな(←そっちかよ)
 自分は、合格通知を駅前で配っていると言われる某大学さえもあぶないと言われていたのでうらやましい(羨望)
 雰囲気が「花とアリス」に似ているが、岩井俊二がプロデュースしているし、キットカットも特別協賛なので、何となくそんな雰囲気もあるかもしれない。
 監督は「ロンバケ」とかのテレビドラマの脚本でお馴染み北川悦吏子。
 話は、あるあるネタで、確かに高校生のカップルの最大の難関は進路に伴う別れで、必ずといっていい程長距離恋愛は成り立たない。
 所詮、狭い世界の恋愛だしね。
 だからこそ、ひたむきだったりするわけで、この映画を観ると懐かしいやらこっ恥ずかしいやらで、一方ではきいちゃんや岡田君みたいな彼女や彼氏がいたら高校生活マジで楽しいだろうなあ。
 しかし、今は携帯電話があるので、それぞれの家庭電話に電話をかけて親が出てきて気まずい思いをしたり、それを避けるために時間を合わせて電話の前で待機したりはしないんだろうなあ。
 彼女のために早稲田の受験をやめようとする彼に大してもっと長いスパンで考えるようにいう先生の言葉は大人になるとよくわかる。
 ちなみに先生役が成宮寛貴というのは胡散臭い。
 まあ、この映画の先生役が大沢たかお、白石美帆(B83-W55-H84)とか、見えない人ばっかなんだけどね。
 お目当てのきいちゃん演じる高校生は…大変うざい女子高生役だった。
でも若くてかわいいから許す!
それにこんな女の子いそうだし。
 ところが、残念なことに映画そのものは盛り上がりもなく、自然体といえば聞こえがいいが、会話も脈絡がなく全編ふらふらとした手持ちカメラで撮影されていて観ていて辛い。
 良くも悪くも岩井俊司の劣化コピーだった。
 もっと面白くなりそうだったのに惜しい。
 だけど、高校時代を思い出したりするにはいいかも。

参加してます。よろしくで~す
   

« 「ヘブンズ・ドア」 | トップページ | 「チェンジリング」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/44135424

この記事へのトラックバック一覧です: 「ハルフウェイ」:

» ハルフウェイ [だらだら無気力ブログ]
数多くのテレビドラマの脚本を手がけてきた北川悦吏子が、初監督を務めた 青春ラブストーリー。大学受験と卒業を目前に高校生カップルが互いの進路 と恋愛に揺れ動く様を描く。 主演は『幸福な食卓』の北乃きいと『天然コケッコー』の岡田将生、共演に 仲里依紗、白石美帆..... [続きを読む]

» 『ハルフウェイ』 試写会鑑賞 [映画な日々。読書な日々。]
高校3年生のヒロは、ずっと好きだったシュウと付き合うことに。だが、彼が遠く離れた東京の大学へ進もうとしていると知り・・・[上映時間:85分] これ、岡田将生君と北乃きいちゃんが主演だったし、北川悦吏子さんが監督だったし、ということで観たかったんですよね~... [続きを読む]

» きいちゃんのPV?~「ハルフウェイ」~ [ペパーミントの魔術師]
いや~、どうみても ドキュメンタリーみたいでした。(え) せりふをとっぱらって小林武史の音楽だけ流したら 北乃きいDVD タイトル「ゆれる想い」(え) (もっとなんか題を考えたかったが おもいつかなくてダサ~・・・笑) それぞれのキャラクターと シチュエーションだ..... [続きを読む]

» 『ハルフウェイ』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「ハルフウェイ」□監督・脚本 北川悦吏子 □製作・プロデュース 岩井俊二□音楽 小林武史□キャスト 北乃きい、岡田将生、仲里依紗、溝端淳平、成宮寛貴、白石美帆、大沢たかお■鑑賞日 3月1日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> 大学受験を控えた若いカップル。どこかに、忘れかけてた“淡い恋”の匂いを感じつつ、TVドラマのヒットメーカーである脚本家の北川悦吏子が初監督に挑戦し、音楽は小林武史が担当。 そしてプロデュースが岩井俊二とくれ... [続きを読む]

» 【映画】ハルフウェイ [新!やさぐれ日記]
▼動機 ここでしかやってないから ▼感想 で、なんで標準語? ▼満足度 ★★☆☆☆☆☆ ざんねん ▼あらすじ 田舎の高校に通う高校3年生のカップル、シュウ(岡田将生)とヒロ(北乃きい)。ある日、シュウが遠く離れた東京の大学への進学を考えていると知ったヒロは、まだ決めたわけではないと優柔不断な態度を見せるシュウと大げんかに。シュウの夢を応援したい気持ちもあるヒロは、卒業を前にさまざまな思いをめぐらせ始める。 ▼コメント 全編ほぼアドリブで構成された青春映画風の・・・映像集? と... [続きを読む]

» 「ハルフウェイ」いいなあ、こんな恋愛したかった~! [シネマ親父の“日々是妄言”]
[ハルフウェイ] ブログ村キーワード  脚本家・北川悦吏子、初監督作品。「ハルフウェイ」(シネカノン)。主演、北乃きい&岡田将生。フレッシュな顔触れが、フレッシュでカワイイ、ラブ・ストーリーを見せてくれます。  北海道に住む女子高生・ヒロ(北乃きい)は、憧れのバスケット部員シュウ(岡田将生)から『付きあってほしい』と告白され、すっかり有頂天に。シュウと過ごす毎日が、楽しくて楽しくて仕方なかった。しかし、2人には間もなく“卒業”という現実が近付いていた。地元の大学を受験するというヒロに、シ... [続きを読む]

» 「ハルフウェイ」 [ひきばっちの映画でどうだ!!]
                             「ハルフウェイ」 また逆R指定の映画を観に行ってしまひました! 夕方の上映だったので、カップルや女子高生がほとんど・・・。肩身がせまかったでごんす(T_T)/~~~。 でも私の大好きな「ロングバケーション」の北川悦吏子さん初監督作ですから、見逃すわけにはいかないじぇー! 「ハルフウェイ」≒HALFWAYなのですな。「途中」ですな。 舞台は北海道、小樽らしいですな。 高校3年生のヒロ(北乃きい)は、同じ学年のシュウ(岡田将生)のことが気... [続きを読む]

» ハルフウェイ [C'est joli〜ここちいい毎日を〜]
ハルフウェイ’08:日本 ◆監督・脚本: 北川悦吏子「たったひとつの恋」「ビューティフルライフ」 (共にTV、脚本) ◆出演: 北乃きい、岡田将生、溝端淳平、仲里依紗、成宮寛貴、白石美帆、大沢たかお ◆STORY◆近づいただけで倒れそうなくらい大好きな片思いの相手シ....... [続きを読む]

« 「ヘブンズ・ドア」 | トップページ | 「チェンジリング」 »