2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「ザ・クリーナー 消された殺人」 | トップページ | 「チェ 39歳 別れの手紙」 »

2009年2月11日 (水)

「ピョコタン・プロファイル」

Pyocotan  地球を破壊する危険を秘めた謎の生物ピョコタンをめぐる奇想天外な物語を、アイドル主演で実写とアニメを織り交ぜて描くSF(?)コメディ。
 シネコンは東宝映画を中心とした全国公開の映画がメインだが、世の中には大都市で誰も知らない間にひっそりと公開される映画というのが存在する。
 出演は聞いたこともないようなアイドルで、監督も全く知らない人というのが定番で、おそらく全国公開しても観客動員が望めない可能性が高い。
 この映画もそんな感じで、木嶋のりこ(B83-W55.5-H84)、鈴木ゆき(B82-W58-H80)、金井アヤ(B88-W58-H87)という、一般の人はおそらく知らないだろうグラビアアイドルが出演。
 木嶋のりこの名前を聞いて二代目マシンガールだなといっている人は相当マニアである。
 監督は梶野竜太郎…って、自分は初耳だ。
 ところが、一般の人にセールスできる出演者やスタッフではないからといって、映画がつまらないわけでもない。
 時々拾い物もあるわけで、要は観てみないとわからないのだ。
 ところが、この映画はあまり面白くない。
 脱力系&不条理ギャグはわかるのだが、あまりにも狙いすぎて不自然であり、面白さの半分以上は会話なのだが、出演者の演技なのか編集なのか、異様にテンポが悪い。
 会話の内容もアニメや漫画でよくありそうなツッコミ系だ。
 またアニメも必然性がない。
 話は面白いと思うのだが、演出がうまくないので空回り。
 あまりにも惜しい映画だと思う。

参加してます。よろしくで~す
   

« 「ザ・クリーナー 消された殺人」 | トップページ | 「チェ 39歳 別れの手紙」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/43950160

この記事へのトラックバック一覧です: 「ピョコタン・プロファイル」:

« 「ザ・クリーナー 消された殺人」 | トップページ | 「チェ 39歳 別れの手紙」 »