2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「きつねと私の12か月」 | トップページ | 「悪夢探偵2」 »

2009年1月14日 (水)

「ミーアキャット」

Meerkats  昔、「野生の王国」という番組が好きで毎回楽しみに観ていた。
 動物と自分の子供は見ていて飽きないとはよくいったもので、物凄いドラマがあるわけでもないのだが、逆にその素朴さが良かった。
 ここ最近、動物をテーマにした番組が少ない。
 あっても、テロップと芸能人のコメントでまみれていて、じっくり見ることができない。
 こんなことを言っていると年寄りだと言われそうだが、今のテレビ番組って集中して見たり、見て何か考えるものではないのだろうなあ。
 そんな「野生の王国」マンセーの自分にとり、この映画は久しぶりの動物映画である。
 アフリカ・カラハリ砂漠に生きるミーアキャットの生態を描いたもので、、コロと名付けられた子供のミーアキャットの成長を物語としている。
 おそらく、どんなわがまま俳優よりも動物は言うことを聞いてくれない。
 「戦場のメリークリスマス」の時に大島渚がトカゲがNGを出したので怒っても言うことを聞いてくれないという心温まるエピソードからも明らかだ。
 この映画も物凄く時間をかけて撮影をしただろう。
 そしてそれらの莫大な量の素材を集めて編集をしたと考えると、スタッフの苦労も並大抵のものではないはずだ。
 確かに話はあまりにも素朴だが、この手の映画は動物のアイドル映画でもあるので問題なし。
 むしろ、「きつねと私の12か月」のように中途半端な人間ドラマにしようとしているだけマシである。
 いや、正直、「チェ 28歳の革命」を観た後だと、何観ても面白く感じるから不思議だ。
 ミーアキャットがどこか人間に似ているというのはちょっと無理があるが、感情移入するためには表現的にありだろう。
 ナレーションは、これが遺作となったポール・ニューマン。
 日本語吹替え版は、何故か三谷幸喜。
 ポール・ニューマンの声なら川合伸旺は亡くなっているので無理としても 津嘉山正種か羽佐間道夫だろと思ったが、意外にも三谷の喋りがうまかったので。これはこれでOK!
 変な芸人やへたな声優よりはよっぽどいい。

参加してます。よろしくで~す
   

« 「きつねと私の12か月」 | トップページ | 「悪夢探偵2」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/43734376

この記事へのトラックバック一覧です: 「ミーアキャット」:

» ミーアキャット [だらだら無気力ブログ]
アフリカのカラハリ砂漠に生息する身長30センチのミーアキャットの生活を とらえたドキュメンタリー。過酷な自然環境の中、「ロコ」と名づけられた ミーアキャットの子供の成長を軸に危険と隣合わせのミーアキャットの家族の 生活を迫力ある映像で綴る。アフリカのカラハ..... [続きを読む]

» ミーアキャット 吹替え版 [UkiUkiれいんぼーデイ]
JUGEMテーマ:映画 2009年1月10日 公開 ★★★★☆ 星4っつです! 私の会社の松尾さんにも似ています! えぇ松ちゃんって言うんですけど。 笑わないんですよね・・・ってそんなこたぁ〜どぉでもいいですよね。 いやぁ〜ん、ミーアキャットってこぉ〜んなにカワユシだったのぉ〜ヾ(´▽)ゞ 残念だったのが吹替え版しか上映なくて、昨年他界したポール・ニューマンの遺作となったナレーションの字幕版が観れなかったことです。 吹替え版はTVCMの三谷... [続きを読む]

» [映画『ミーアキャット』と『オペラ座の怪人』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』]
☆今、日の出のワーナーマイカルで、過去の名作を500円で観れる<アンコール・シネマ>というイベントをやっていて、ジョエル・シュマッカー監督版の『オペラ座の怪人』を観た。      ゴージャスな素晴らしい作品であった。  私は、シュマッカー監督は、『フラットライナー(1990)』を映画館で見て、その破綻しきった物語に「ああ、この監督ダメだ・・・」と、それ以後、ダメ監督のレッテルを貼ったものだが、この作品は見事だった(まあ、昨年、『ナンバー23』と言うトンデモ映画を作ってもいたね^^;)。  有... [続きを読む]

» ドキュメンタリーというよりは・・・。『ミーアキャット(日本語吹替版)』 [水曜日のシネマ日記]
アフリカのカラハリ砂漠に生きる野生動物ミーアキャットを捉えたドキュメンタリー映画です。 [続きを読む]

» ミーアキャット [まぁず、なにやってんだか]
昨日は九段会館で「ミーアキャット」の試写会でした。 ミーアキャットは小さいです。体長30cmほどです。 それなのにカメラの目線がかなり下からなので、ミーアキャットが大きく見えるのです。 ミーアキャットはおなかを太陽に向けて日光浴します。群れ全体が同じ方向を向いて立っているのはそのせいなのです。二本足でスックと立ち、おなかの前に前足を添えているミーアキャットは、まるで「いらっしゃいませ」と迎える旅館の女将のようです。 群れで立っているとき、大きいミーアキャットは小さいミーアキャットの肩... [続きを読む]

» ミーアキャット を観ました。 [My Favorite Things]
この作品を観たかった理由はひとつなのに… [続きを読む]

« 「きつねと私の12か月」 | トップページ | 「悪夢探偵2」 »