2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「劇場版 炎神戦隊ゴーオンジャーVSゲキレンジャー」 | トップページ | 「ファニーゲーム U.S.A.」 »

2009年1月27日 (火)

「未来を写した子どもたち」

Photo  「闇の子どもたち」とか「永遠のこどもたち」とか似たようなタイトルが多くて混乱してしまう。
 この映画は第77回アカデミー賞最優秀ドキュメンタリー賞受賞。 
 インドのカルカッタの売春窟で生まれた子どもたちは、親の仕事を継ぐしかない、
 フォトジャーナリストのザナ・ブリスキは、子どもたちがカメラに興味を持つことに注目し、彼らにインスタントカメラを買い与え、写真教室を始める。
 意外にも斬新な視点の写真が集まり、中にはプロも認めるくらいの才能のある子どもも現われる。
 自分たちの可能性を知った子どもたちは、写真を通して将来に夢と希望を抱くようになるが、彼らの現実がそれを許さない。
 ザナは子どもたちを救い出そうとするが、彼らの生まれ育った境遇から抜け出させることは容易ではなかった…。
 ドキュメンタリーといっても当然演出はあるわけで、素材を撮るだけでは、ホームビデオと変わらないし、観ていて面白くない。
 ビッグマックをひたすら食べ続けたり、キャラの立ち過ぎた神軍平等兵を追いかけたりして、テーマを表現するための演出があって、また劇映画にない本物の面白さが感情移入をさせるのだ。
 この映画のテーマは子供の未来だ。
 すっかりやさぐれた自分でも子育ては一番重要で責任があるものだと思っている。
 子供は親を選べないしし、とことん非力だ。
 だからこそ親の責任は大きい。
 ところが、どういうわけか、親の条件を満たしていないのに親になってしまうと、子供はきちんと育てることはできない。
 その子供が親になっても、その子供が…という感じで正に負のスパイラル状態になってしまうのだ。
 極端なことをいうとヤンキーの子供はヤンキーになる確立は極めて高い。
 この映画のカルカッタの子供達は負のスパイラルが延々と代々続いているような状態だ。
 この映画は子供達が果たして救われるかどうかが最大の見所だ。
 中でも一人写真の才能がある子がいて海外に招待されようとするが、母親が死んだり、パスポートを取るのにうまくいかなかったりする。
 この子供のエピソードが一番緊張感を感じた。
 目の前に明るい未来が開きつつあるのに、もう少しなのに届かないもどかしさ。
 おそらく親の立場にいる人なら誰しも見入ってしまう。
 そして改めて子供を育てる責任の重大さを感じることだろう。 
 我々は世界中の全ての子供達を救うことができない。
 この映画のたった8人の子供でも一苦労だ。
 ましてや、自分の家庭の子供はどうなのか?
 考えさせられるのだが、残念なことにこの手の映画はひっそり公開されて終わってしまうんだよなあ。

参加してます。よろしくで~す
   

« 「劇場版 炎神戦隊ゴーオンジャーVSゲキレンジャー」 | トップページ | 「ファニーゲーム U.S.A.」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/43867110

この記事へのトラックバック一覧です: 「未来を写した子どもたち」:

« 「劇場版 炎神戦隊ゴーオンジャーVSゲキレンジャー」 | トップページ | 「ファニーゲーム U.S.A.」 »