2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「アンダーカヴァー」 | トップページ | 「感染列島」 »

2009年1月18日 (日)

「007/慰めの報酬」

007nagusame  歴代のジェームズ・ボンド役者の中ではスマートさが感じられず、完成前は評判が芳しくなかったダニエル・クレイグだが、いざ作品が完成すると、007になる前の若きボンドという意味ではハマリ役だった。
 「007/慰めの報酬」はダニエル・クレイグ版ジェームズ・ボンドの第2作目であり「007/カジノ・ロワイヤル」の完全なる続編。
 前作の1時間後から映画は始まる。
 今までの007シリーズは、脇役を含む登場人物を中心として、一話完結として続編のような雰囲気はあったものの(ペッパー保安官やジョーズなど)、完全なる続編は今回が初めてとなる。
 また漢字の入っている日本語タイトルも「007/美しき獲物たち」以来となる。
 ちなみに今回は原作の短編「ナッソーの夜」からタイトルをいただいる。
 原作はボンドが誰かの話を聞いているだけなのだが、これが泣かせる話なのだが、当然映画は原作通りではない。
 今回は、ヴェスパーの復讐を誓ったボンドは、彼女を操っていたミスター・ホワイトを捕らえ追求するうちに、その裏に潜む予想もしなかった複雑かつ危険な悪の組織の存在を知る…という話。
 プレタイトルはいつも趣向を凝らしており、へたすると本編より面白いことも多い。
 例えば「007/オクトパシー」の小型ジェットでの脱出劇は明らかに本編以上である。
 今回は単純にカーチェイスのみ。
 しかし、物凄く細かいカット割りで、迫力を出している。
 少し寄りの絵が多すぎてポール・グリーングラス監督の「ボーン・アルティメイタム」を思わせ、やりすぎ感もあるが、全編この調子ではないのでOK!
 特に敵の車を崖から落とす場面は絵の作り方と編集が大変うまいので物凄く短い時間ながら最大の見所。
 今までも007シリーズは編集のうまさが評判だったが、それは当時の撮影事情を考慮したものであり、特に動かないロジャー・ムーアを動いているように見せるための編集テクニックの凄さは並大抵のものでない。
 今回はボンドが動ける役者であることや、特殊効果が発達しているので昔とは編集方法は違うのだが、作品の雰囲気には合っていると思う。
 その後にタイトルが入るのだが、昔は女性のシルエットが中心だったが、前作よりボンドを中心としたものとなっている。
 ボンドの若い時代という設定(厳密には00ナンバーを取得したての頃)なので、今までのスマートさからはほど遠い。
 とにかく行動が短絡的で人を殺しまくっている。
 これには賛否両論かもしれないが、ボンドの若さ故の無鉄砲さと、実はボンドが意外に冷徹であることを考慮すると自分はありだと思っている。
 もちろん、この2作だけに限ってはである。
 今回の敵はボリビアの水の独占を目論み、それを機に世界支配を企んでいる組織である。
 組織の幹部ドミニク・グリーンは表の顔は、環境保護のため土地を買収する慈善団体グリーン・プラネットのCEOである。
 演じるマチュー・アマルリックは佐々木蔵之介を思わせるが明らかに弱そうで、大物感がない。
 筋肉隆々のダニエル・クレイグのボンドが絶対に勝つに決まっているのだが、そんな弱々しい敵がふんぞりかえっているのを倒すのが気持ちいいというとある意味21世紀的か?
 敵もシリーズ当初はスペクターや、冷戦という時代なので、ソ連(またはソ連のタカ派)というパターンが多かったが、今回は表向き多国籍企業であり、もっといえば明らかにベクテル社をモデルにしていることは言うまでもなく、昨今は007の敵作りも苦労することを感じる。
 一方では今回の目のつけどころは悪くないと思った。
 ボンドガールは、グリーンと共謀しているボリビアの将校に愛する家族を殺され、復讐しようとしており、同じような境遇ということもあり、ボンドは行動を共にする。
 彼女の名前がカミーユであり、おそらく日本のガンダムファンはその名前が本当に女性の名前だということを知ることだろう。(「女みたいな名前でどこが悪い」@カミーユ・ビダンinZガンダム)。
 演じるオルガ・キュリレンコは「ヒットマン」にも出演しており、モデル体型なので、シリーズ初期のボンドガールのようなムチムチ感はない。
 しかし、今回父親が失脚した軍人で苦労しているので痩せ細いという設定であればありだろう。
 彼女の背中が妙に肌が荒れているので日焼けが原因かと思って、メイクさんも何やってんだか?と思いきや、実は子供時代に家が焼かれたので火傷の後という何気に細かい演出だった。
 上映時間はシリーズとしては久しぶりに珍しく2時間以内で、ひたすらアクションだけで全編進んでいく。
 前回は長いのを感じさせなかったが、今回は短いのを感じさせない濃厚な内容になっている。
 上映時間が短いのは前作の続きだからであり、まとめて観るのが望ましい姿かもしれない。
 できれば、「20世紀少年」のように500円で復習上映をして欲しかった。
 何しろ前回の粗筋とかそんなものは全くなく、いきなり始まってしまうのだ。
 スター・ウォーズでも設定と粗筋は星の彼方に字を飛ばして説明するのにと思ったが、実は登場人物の会話で一応状況はわかるようになっている。
 ただ、やはり事前にDVDを観ておくことは大切だ。
 今回もQやマネペニーは出てこない。
 当然、秘密兵器は出てこないが、ボンドの使っているスマートフォンがもはや秘密兵器であり、今の時代に秘密兵器というものは存在しないのかもしれない。
 このスマートフォンやMのオフィスの大きなディスプレイが、視覚的な説明をしているので、テンポが良くなり、上映時間が短くなっているのかもしれない。
 おそらく、「007/消されたライセンス」をうまく作ればこういう話になったのかもしれない。
 そういえば、今までのシリーズの名場面を再現しているとことも多く、ファンだとニンマリするとことも多いことだろう。
 特に石油まみれで死んでいる女性の姿は「ゴールドフィンガー」である。
 しかし、トスカの劇場で敵を落とすところが「私を愛したスパイ」で似たような場面があったことを思い出すのは相当なマニアだ。
 実はミスター・ホワイトさえも「ダイヤモンドは永遠に」のウィラード・ホワイトを思い出して、ひょっとして繋がるかもと意味のないことを考えている自分だったりする。
 屋根の上の追跡画面が「カリ城」と同じで笑えた。
 監督のマーク・フォースターは今までアクション映画の演出をしていないので心配だったが、基本的に人間ドラマを描くのが中心なので問題なし。
 スペクターのような新しい組織も登場し、いよいよ次回から新しい冒険の幕開けなのかもしれない。
 自分は今回の新作は原作の雰囲気に近いし、アクションだらけでダレなかったので面白く観ることができた。
 ただあくまで前作と今回は番外編であり、次回からはいつものシリーズの路線希望。
 それは決してマンネリにしろというわけではなく、お約束を踏まえているが新しさを感じさせて面白いということである。
 次回のタイトルは今の路線だと、おそらく短編から「The Hildebrand Rarity」(小説タイトル「珍魚ヒルデブランド」)だと思うが、どうだろう?

参加してます。よろしくで~す
   

« 「アンダーカヴァー」 | トップページ | 「感染列島」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

>復習上映をして欲しかった。

そうですね~!
私は、前に観てるから大丈夫だろう。。。と軽く考えて本作を観たんですが
人の記憶っていい加減なもので、忘れている部分が多く
ちょっと混乱しました。
アクションは大迫力で満足だったのですが、
細かい部分にモヤモヤしたままでいるのもナンなんで、
復習してもう一度観に行こうと思っています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/43774512

この記事へのトラックバック一覧です: 「007/慰めの報酬」:

» 007/慰めの報酬 [象のロケット]
ボンドと彼の上司Mは、ヴェスパーを操っていたミスター・ホワイトを尋問する。 彼の背後組織の捜査のためにハイチに飛んだボンドは、カミーユと言う女を通してドミニクという男に接近。  ドミニクの表の顔は環境保護に熱心な慈善団体のトップだったが、その裏では危険な陰謀が渦巻いていた…。  人気スパイアクション007シリーズ第22作。... [続きを読む]

» 007 慰めの報酬 /QUANTUM OF SOLACE [我想一個人映画美的女人blog]
シリーズ22作目、ダニエルボンドの待望の2作目{/ee_3/} 前作の「カジノ・ロワイヤル」からもう2年以上経ってるのね〜{/ase/}  そんなに前だったか。 土日で先行上映決定! シネトレさんに試写頂き行ってまいりました 「カジノロワイヤル」の方もお正月に観直して復習もばっちり{/good/} いやー、もうダニエルボンドがカッコ良すぎ{/ee_1/} タイトル出る前のオープニングしょっぱなから、前作同様、走る走る走る! ダニエルボンドはクールな体育会系{/goo/}{/ee_... [続きを読む]

» 007/慰めの報酬 [だらだら無気力ブログ]
イギリス諜報部員であるジェームズ・ボンドの活躍を描くお馴染みスパイ アクション映画のシリーズ第22作。本作は前作「カジノ・ロワイヤル」の エンディングから話は始まる。 ジェームズ・ボンドは前作に続きダニエル・クレイグが演じる。愛するヴェスパーを失ったボンドは..... [続きを読む]

» 「007/慰めの報酬」メチャクチャもの凄い!! [シネマ親父の“日々是妄言”]
[007/慰めの報酬] ブログ村キーワード 記事投稿日時 2008年11月12日16:22 ※上映開始日を投稿日時に設定。上映開始1週間後まで固定。  ダニエル・クレイグ主演、007シリーズ最新第22弾。「007/慰めの報酬」(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)。前作「カジノ・ロワイヤル」からの、完全な“続編”(前作のラスト・シーンの1時間後から始まるという設定)として作られた本作。ダニエル・クレイグ、渾身の“シリアス・ボンド”第2弾。さあ、如何なる仕上がりになっておりますでし... [続きを読む]

» 007/慰めの報酬 [Recommend Movies]
『007/慰めの報酬』 傷ついた心が、共鳴する。 【物語】 愛する人を失った凄腕のジェームズ・ボンドは、 彼女を操っていたミスター・ホ... [続きを読む]

» 007/慰めの報酬 [Recommend Movies]
『007/慰めの報酬』 傷ついた心が、共鳴する。 【物語】 愛する人を失った凄腕のジェームズ・ボンドは、 彼女を操っていたミスター・ホ... [続きを読む]

» 映画「007/ 慰めの報酬」 [MOVIE レビュー]
いよいよ今週末から「007/ 慰めの報酬」が公開されます! 先週の土、日に先行上映が有りましたが、 うちの映画館は上映されるスクリーンが小さい方だったのでパスしました。 こう言うアクション映画は一番大きなスクリーンで観たいのでね! 007の主演がダニエル・クレイグになって初めて「007」を映画館で観ました。{/wakaba/} それまでは「007」シリーズは敬遠していてTVでもしっかり観ていなかったのですが、 ダニエル・クレイグのボンドは一味違っていて面白かったです。 私の好きな映画「ボーン・・・... [続きを読む]

» 007/慰めの報酬 2009-03 [観たよ〜ん〜]
先行上映で、「007/慰めの報酬」を観てきました〜♪ 愛するヴェスパーを失ったボンド(ダニエル・クレイグ)は、ヴェスパーを操っていたMr.ホワイトを追求するうちに、新たな悪の組織の陰謀を知ってしまう。環境保護団体の幹部であるドミニク・グリーン(マチュー・アマルリック)が企てる目論みだった・・・ 人気Blogランキング      ↑ 押せば、復讐できるかも!? Blog人気ランキングに参加してます。 ご訪問の際は、是非ポチっとワンクリックお願いします〜♪ ... [続きを読む]

» 007 慰めの報酬 [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『傷ついた心が、共鳴する。』  コチラの「007 慰めの報酬」は、1/24公開となった「007」シリーズ第22作となるスパイ・アクションなのですが、観て来ちゃいましたぁ〜♪「007 カジノ・ロワイヤル」をおさらいしといた方がいいらしいとは聞いていたのですが、みんなおさ...... [続きを読む]

» 「007 慰めの報酬」 新「ボンド」スタイルの確立 [はらやんの映画徒然草]
前作「カジノ・ロワイヤル」でリニューアルとなった「007」シリーズ、初めて観たと [続きを読む]

» 007/慰めの報酬 [★YUKAの気ままな有閑日記★]
今年初の劇場鑑賞だぁ〜い興奮したのか、鑑賞後に高熱が出たぞ〜い(39度も・汗 ふらふら〜)【story】愛するヴェスパーを失ったジェームズ・ボンド(ダニエル・クレイグ)は、彼女を操っていたミスター・ホワイト(イェスパー・クリステンセン)をM(ジュディ・デンチ)とともに追及し、新たな悪の組織の陰謀を知る。謎の女カミーユ(オルガ・キュリレンコ)を通して、組織のドミニク・グリーン(マチュー・アマルリック)が南米のある政府の転覆と同地の天然資源を手にしようとしているのを知ったボンドは、自らの任務... [続きを読む]

» 007 / 慰めの報酬 [江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽]
 イギリス&アメリカ  アクション&サスペンス  監督:マーク・フォースター  出演:ダニエル・クレイグ      オルガ・キュリレンコ      マチュー・アマルリック      ジュディ・デンチ 【物語】  何者かの陰謀によって愛するヴェスパーを亡くし....... [続きを読む]

» 007慰めの報酬 を見たゾ [ヤジャの奇妙な独り言]
「007 カジノ・ロワイヤル」の完全な続編 「007 慰めの報酬」を観てきました 何故?完 [続きを読む]

» 『007/慰めの報酬』 [cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー]
正月第二弾のラインナップの中では一番観たいと思っていた『007/慰めの報酬』を、中野サンプラザホールでの試写会で観てきました。 18:15からの開場だったし、寒かったから開場から15分後くらいに到着してすんなり中に入れるかと思ってたら、この時点で会場の外にまだまだ長蛇... [続きを読む]

» 007/慰めの報酬(映画館) [ひるめし。]
傷ついた心が、共鳴する。 [続きを読む]

» 007慰めの報酬 [Sweetパラダイス]
ワイルドなボンドの登場でファン層も広がったかなボンドがかっこよすぎですぅもう惚れ惚れしちゃうわああかっこいいぜカーアクションが凄いですやっぱ映画はこうでなくっちゃね〜そうそう今回CGじゃないんですよね?アクション満載のハードボイルに仕上がってましたボン...... [続きを読む]

» 007/慰めの報酬 [映画君の毎日]
■ストーリー■愛する人を失ったジェームズ・ボンド(ダニエル・クレイグ)は、彼女を操っていたミスター・ホワイト(イェスパー・クリステンセン)を追及するうち、新たな悪の組織の陰謀を知る。それは謎の組織の非情な男、ドミニク・グリーン(マチュー・アマルリック)が南米... [続きを読む]

» 「007 慰めの報酬」埃だらけの最強マシーンが行く [soramove]
「007 慰めの報酬」」★★★★オススメ ダニエル・クレイグ、オルガ・キュリレンコ、ジュディ・デンチ主演 マーク・フォースター監督、147分、アメリカ 「洗練されたフォーマルな装いと、 最新の小道具、ボンドガールとの 艶っぽいやり取り、 そんなイメージとは違う 泥臭い人間ボンドの第二弾」 見終わった印象では、 ボンドは常に顔中ホコリだらけか、 血が出て居る状態。 アクションは「ありえない」領域じゃ無く、 生身の人間がギリギリ頑張ってるという、 出来... [続きを読む]

» 「007/慰めの報酬」試写会観てきました♪ [りんたろうの☆きときと日記☆]
☆「007/慰めの報酬」 監督:マーク・フォースター 出演:ダニエル・クレイグ、オルガ・キュリレンコ、マチュー・アマルリック、ジュディ・デンチ、ジェフリー・ライト、ジェマ・アータートン、イェスパー・クリステンセン、デヴィッド・ハーバー、アナトール・トーブマン、ロシー・キニア、ジャンカルロ・ジャンニーニ、ホアキン・コシオ、グレン・フォスター、フェルナンド・ギーエン・クエルボ、スタナ・カティック、ニール・ジャクソン 何者かの陰謀によって愛するヴェスパーを亡くし、復讐を誓ったボンドは、彼女を操ってい... [続きを読む]

» 映画:007/慰めの報酬 [よしなしごと]
 平日3本観た、その2本目は007/慰めの報酬を観てきました。前作を復讐してから観に行って良かった。復讐しないで行くと、最初と最後がわからないかも・・・。 [続きを読む]

» ★「007/慰めの報酬」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
今週の平日休みは、話題作の2本を「TOHOシネマズ・ららぽーと横浜」で。 その1本目。 [続きを読む]

» 007 慰めの報酬 を観ました。 [My Favorite Things]
007好きの私ですが…このダニエル・クレイグはどうかしら? [続きを読む]

» 『007/慰めの報酬』を観たぞ〜! [おきらく楽天 映画生活]
『007/慰めの報酬』を観ましたイギリスの諜報部に属するスパイ、ジェームズ・ボンドの諜報活動を描く人気スパイ・アクションのシリーズ第22弾です>>『007慰めの報酬』関連原題: QUANTUMOFSOLACEジャンル: アクション/サスペンス上映時間: 106分製作国: 2008年・...... [続きを読む]

» 007/慰めの報酬 [映画、言いたい放題!]
やっぱり気になる007シリーズ(笑)。 DVDで鑑賞。 愛するヴェスパーを失ったジェームズ・ボンドは、 彼女を操っていたミスター・ホワイトを尋問し、 背後にある組織の存在を知る。 捜査のためにハイチへとんだボンドは、 知り合ったカミーユを通じて、 組織の幹部のグリ... [続きを読む]

» 007/慰めの報酬 (Quantum of Solace) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 マーク・フォスター 主演 ダニエル・クレイグ 2008年 イギリス/アメリカ映画 106分 アクション 採点★★★ えてして、「気にしてないよ」って言う人に限って気にしてるし、「根に持ってないから」って言う人は結構根に持ってるし、「怒ってないから」なんて言い出した..... [続きを読む]

« 「アンダーカヴァー」 | トップページ | 「感染列島」 »