2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「ミーアキャット」 | トップページ | 「ブリュレ」 »

2009年1月15日 (木)

「悪夢探偵2」

Akumu2  サミュエル・ホイ主演のの続編。
 今回はロボットが登場したりしたりして、日本アニメの御家芸をやっているのが見所なのだが、どういうわけか日本では未公開である。
 まあ、香港映画の場合シリーズ物といっても必ずしも面白いわけでもないし、もっといえば全くつながりがないのにシリーズ扱いにしていることも多く、実は「Mr.BOO」も色々あるけど、別に続編とかスピンオフとかでもないしね。
 もっといえば、このシリーズは広川太一郎がマイケル・ホイの吹替していなければ、面白さ半減なのだ。…ってそれは「悪漢探偵2」だよ!
 前フリ長っ!
 こんなこと書くのに、ビデオ見直したり、昔のパンフ引きつりだしたりしている自分が情けない。
 そういえば1作目も似たようなこと言ってたような。
 っつうことで、この映画は塚本晋也監督、松田龍平主演の他人の夢の中に入ることが出来る青年の活躍を描いた続編。
 いじめた同級生が毎晩夢に出てきて眠れない女子高生と、悪夢探偵の母親のエピソードが同時進行で進んでいく。
 そういえば松田龍平といえば、太田莉菜(B76-W59-H86)とできちゃった婚おめでとうございます
 自分としては結婚祝いっちゅうことで、この映画を褒めちぎりたいのだが、真剣つまらないので困ってしまう。
 この映画の便利なところは、夢が題材なので、映画やドラマ、漫画ではやらない方がいいと入門書でも言われている夢オチをやりまくっても問題がないところだろう。
 そのため話展開に意外性がなくなり、本来なら驚くべき意外なことが「どうせ夢オチだろうな」と思えてしまうし、実際にそうなので緊張感に欠けてしまう。
 しかし、この映画が自分に取って全く受け付けない最大の理由は、手持ちカメラで画面が揺れすぎて気持ち悪くなってしまったからだ。
 演出とはいえ、初めてのホームビデオのお父さんやお母さんでもあそこまでふらついていないと思うぞ。
 これこそがもはや悪夢であり、悪夢探偵に解決してもらわないととマジで思ってしまった。
 塚本晋也監督や松田龍の熱心なファンは観て面白いかもしれないが、自分はもう無理だった。

参加してます。よろしくで~す
   

« 「ミーアキャット」 | トップページ | 「ブリュレ」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/43744205

この記事へのトラックバック一覧です: 「悪夢探偵2」:

« 「ミーアキャット」 | トップページ | 「ブリュレ」 »