2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「GOTH」 | トップページ | 「40歳問題」 »

2009年1月11日 (日)

「チェ 28歳の革命」

Chetumannaiya  ♪忘れちゃいなと風が吹く~
 橋幸夫の「CHE CHE CHE」を思い出してしまったが、この映画は当然、橋幸夫の歌謡映画ではなく、革命家チェ・ゲバラの伝記ドラマ。
 歴史物なので、ある程度知識がないといけないので、映画を観る前に珍しくびっちり予習をしていったら、映画が始まる前に物凄く軽くだが人物の説明があった。
 「レッド・クリフ」でもそうだが、日本人に馴染みのない歴史物に説明を入れるのは賛否両論だと思うが、自分は本編を改竄しない限りOKだと思っている。
 ところが、びっちり予習をしていったのにもかかわらず、映画は面白くなくて132分がかなり苦痛。
 チェ、つまんないや(←日本中で使われているネタ)
 映画は国連のスピーチとスカトロ、いやカストロ達とメキシコで出会った時代、グランマ号でキューバに上陸が交互に描かれている。
 全体的に登場人物の動きを淡々と映し出しているだけなので、ドラマ性はなく、まるで映像素材を観ている感じだった。
 何故とかそんな疑問には説明がなく、義務教育と違うんやからわからん奴は置いてくぞ状態!
 時々、客席から寝息が聞こえてきたが、その人達を責めることはできない。
 例えば、赤の他人のホームビデオを見せられているような状態に近い。
 まあ、監督がスティーヴン・ソダーバーグなので、ある程度まで仕方ないと思っている。
 一番心配だったのは手持ちカメラだったのだが、今回はそれが少なくて助かった。
 主演はベニチオ・デル・トロ。
 この人って「007/消されたライセンス」で鼻血出していた殺し屋役だった人のはずだけど、いつの間にか出世したなあ。
 第2部がすぐに公開されるらしいのだが、この映画を観て来る人はかなり少ないと思うぞ。
 全くデートに向かない映画なので、カップルの人は注意!
 とりあえず、「モーターサイクルダイアリーズ」観て、カストロつながりで「ぜんぶ、フィデルのせい」を観て無理無理盛り上げて第2部を観るようにしなくては。

参加してます。よろしくで~す
   

« 「GOTH」 | トップページ | 「40歳問題」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/43702381

この記事へのトラックバック一覧です: 「チェ 28歳の革命」:

» チェ 28歳の革命 [だらだら無気力ブログ]
フィデル・カストロとともにキューバ革命を成し遂げたチェ・ゲバラの 半生をスティーヴン・ソダーバーグ監督がベニチオ・デル・トロ主演で 描いた伝記ドラマ2部作のうちの第1作。 ゲバラがカストロと出会い、キューバ革命へと身を投じていく過程を 描く。アルゼンチン人..... [続きを読む]

» チェ 28歳の革命 [江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽]
 アメリカ&フランス&スペイン  ドラマ&伝記  監督:スティーヴン・ソダーバーグ  出演:ベニチオ・デル・トロ      デミアン・ビチル      サンティアゴ・カブレラ      ロドリゴ・サントロ 【物語】  1955年、メキシコ。アルゼンチン人の青年医...... [続きを読む]

» 「チェ 28歳の革命」人は変われる、国はどうだ [soramove]
「チェ28歳の革命」★★★ ベニチオ・デル・トロ主演 スティーヴン・ソダーバーグ監督、2008年、132分 「革命の真っ只中において、 純粋であろうとする姿は印象的、 しかし殺し合うことでしか達成されないものに 強烈に惹かれるものを感じない」 アルゼンチン生まれの男が キューバの革命に深く係わり、 やがてその中心のひとりとなる。 彼が何故銃を持たなければならなかったか、 そんな素朴な疑問には答えず、 戦いを仕掛けていくので 美名においてどうしてもという理... [続きを読む]

» 映画「チェ 28歳の革命」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:The Argentine 彼の1952年23歳の頃ラテン・アメリカ探検の旅が描かれた「モーターサイクル・ダイアリーズ」とても素晴らしい映画だった~そして偉大なる愛の革命家へ~ それは1955年7月のこと、メキシコでアルゼンチン人医師エルネスト・ゲバラ(ベニチオ・デル・... [続きを読む]

» 『チェ28歳の革命』を観たぞ〜! [おきらく楽天 映画生活]
『チェ28歳の革命』を観ました『トラフィック』のスティーヴン・ソダーバーグ監督とベニチオ・デル・トロが再びタッグを組み、伝説の革命家エルネスト・“チェ”・ゲバラの人物像とその半生に迫る伝記ドラマ2部作の前編です>>『チェ28歳の革命』関連原題: CHE:PARTONE...... [続きを読む]

» 「チェ・28歳の革命」 [ひきばっちの映画でどうだ!!]
ユナイテッドシネマ豊島園にて                                                                                 人の魅力というのは、時としてその国籍、主義主張を超えて感じることがあります。 私はこの映画の主人公であるエルネスト・チェ・ゲバラにそういう魅力を感じます。 この映画を見るまでは、チェ・ゲバラについて「カストロと共にキューバ革命を成し遂げた人」 くらいしか知識がなかったのですが、この映画を観た後、彼の若い頃の南... [続きを読む]

» 「チェ 28歳の革命」 判断保留 [はらやんの映画徒然草]
チェ・ゲバラ。 顔は知っている、街で売られているTシャツにその顔がプリントされて [続きを読む]

» ソーダバーグのソーダ水 ― 『チェ 28歳の革命』 [夢のもののふ]
チェ 28歳の革命 Che The Argentine 出演:ベニシオ・デル・トロ デミアン・ビチル サンティアゴ・カブレラ 監督:スティーヴン・ソダーバー... [続きを読む]

» 「チェ 28歳の革命」彼は如何にして、革命家となったのか? [シネマ親父の“日々是妄言”]
[チェ・ゲバラ] ブログ村キーワード  20世紀最大のカリスマ、チェ・ゲバラ。今も世界中の人々から、熱狂的な支持を受け続ける彼が、如何にして革命家となったのかを描いた本作「チェ 28歳の革命」 (ギャガ・コミュニケーションズ/日活)。ソダーバーグ監督とデル・トロの執念が詰まったような、渾身の一作になっています。  1955年。中南米諸国を旅して、圧政による国民の窮状を目にしてきたアルゼンチン人の青年医師、エルネスト(ベニチオ・デル・トロ)は、メキシコでキューバの反体制活動家、フィデ... [続きを読む]

» 映画:チェ 28歳の革命 [よしなしごと]
 いつもお世話になっているRosalindaさんに誘われて、今年初めての試写会に行ってきました。題目は“チェ 28歳の革命”と“チェ 39歳別れの手紙”です。(共通公式ホームページはこちら。)... [続きを読む]

« 「GOTH」 | トップページ | 「40歳問題」 »