2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「コドモのコドモ」 | トップページ | 「WALL・E/ウォーリー」 »

2008年12月 5日 (金)

「秋深き」

Akifukaki  真面目な中学教師とホステスが結婚!
 不器用ながらも幸せに生活する二人だったのだが、妻が乳癌になってしまう・・・。
 中学教師役に八嶋智人、その妻に佐藤江梨子(B88-W58-H88)。
 げげ、八嶋智人ってず~っとサトエリの胸を触りっぱなしじゃん。
 おそらくリハーサルを入れると相当長い時間だと思われる。
 あ~俺も俳優になっておけば良かった…と映画を観ながら思った貴兄は多いはず。
 それはともかく、不器用な夫婦を描くはずが、後半の妻のために帆走する夫がなりふりかまわず一生懸命というよりは、馬鹿にしかみえず、それも愛すべき馬鹿ならまだしも、純度の高いバカというのが見ていて悲しいものがある。
 全体的に競馬場のシーンは必要以上に長い。
 佐藤浩市が演じる登場人物は悪くはないんだけどね。
 身寄りもなく一人で生きてきた女が、自分を愛する男性とやっと幸せになれると思ったのに、いきなり乳癌になってしまう。
 旦那は乳房をこよなく愛している。
 乳房を取らないと死んでしまう。
 しかし乳房を取って見捨てられて死ぬより辛い。
 実は妻のここらへんのどうしようもなく滑稽で、だけど切実な気持ちをもうちょっと出ていたら良かったのではないかと個人的には思う。
 だけど、旦那の間抜けな姿の方が目立つんだよなあ。(え、自分だけがそう思うだけ?人それぞれっちゅうことで)
 監督は池田敏春。
 脚本も演出も、あと少し頑張ればと考えてしまう惜しい作品。
 でもサトエリはかわいかったので、これだけでも良しとする。

参加してます。よろしくで~す
   

« 「コドモのコドモ」 | トップページ | 「WALL・E/ウォーリー」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/43322986

この記事へのトラックバック一覧です: 「秋深き」:

« 「コドモのコドモ」 | トップページ | 「WALL・E/ウォーリー」 »