2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「ティンカー・ベル」 | トップページ | 「ラースと、その彼女」 »

2008年12月29日 (月)

「ワールド・オブ・ライズ」

Worldoflies  危険な現場で活動する凄腕工作員と安全な場所から冷酷に命令を下すベテラン局員。
 対照的な2人のCIAのエージェントが 正体不明の爆破テロ組織のリーダーを捕まえるため、味方をも欺く嘘ハッタリをかましながら頭脳戦を繰り広げていく…。
 この映画を観て、どちらに感情移入ができるかによって、その人の今の地位がわかるというもの。
 パッと見、現地工作員の方がかっこいいけど、やっぱオフィスで指示出している立場の方がいいよなあ。
 予告編がやたらと面白そうなので観にいったが、世界を救う嘘みたいなことを言っているが、そんな話ではなくて、そもそもタイトルそのものが「BODY OF LIES」で、毎度お馴染み原題カタカナ表記でないことが嘘ってやつか?
 話はまあそれなりっつうかそんな凄い面白いかと言えばそうでもない。
 ただ監督がリドリー・スコットなので、映像的ハッタリがうまいのでそれなりに見ることができてしまうんだよなあ。
 でも同じようなネタなら弟の「スパイ・ゲーム」の方が面白い。
 出演は現地工作員にレオナルド・ディカプリオ、オフィスで電話で指示のベテラン局員にラッセル・クロウ。
 ディカプリオは「ブラック・ダイヤモンド」でもそうだが硬派路線を走っており、彼の童顔には似合わないと思う人もいるかもしれないが、自分は意外に硬派路線はハマリ役だと思う人が。
 ラッセル・クロウは肥えすぎだろと思うが、もちろん役作り…だよな。
 しかし、この二人が主役なのに、マーク・ストロング扮するヨルダン情報部員役の方がかっこいいし、行動も共感できるところがあり、実は陰の主役は彼なんだよなあ。

参加してます。よろしくで~す
   

« 「ティンカー・ベル」 | トップページ | 「ラースと、その彼女」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/43560375

この記事へのトラックバック一覧です: 「ワールド・オブ・ライズ」:

» ワールド・オブ・ライズ [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『どっちの嘘が、世界を救うのか。』  コチラの「ワールド・オブ・ライズ」は、12/20公開となるPG-12指定のアクション・サスペンス超大作なのですが、試写会で観て来ちゃいましたぁ〜♪アメリカでの興行成績はイマイチぱっとしない感じだったようなので、あまり期待し....... [続きを読む]

» 『ワールド・オブ・ライズ』を観たぞ〜! [おきらく楽天 映画生活]
『ワールド・オブ・ライズ』を観ましたCIAに雇われた元ジャーナリストの男が、ヨルダンで大規模なテロ組織を追跡する姿を描くサスペンス・ドラマです>>『ワールド・オブ・ライズ』関連原題: BODYOFLIESジャンル: サスペンス/アクション上映時間: 128分製作国: 20...... [続きを読む]

» ワールド・オブ・ライズ [だらだら無気力ブログ]
現地で危険な仕事をする工作員と安全な場所から指令を下すだけの局員が あるテロ組織の首謀者を捕獲するため、味方すら欺きながら組織を追跡 するさまを描いたサスペンス。中東でテロ組織などの情報収集等を行い常に死と隣り合わせなCIA工作員の フェリス。一方、彼に指令..... [続きを読む]

» 騙し騙され・・・☆『ワールド・オブ・ライズ / BODY OF LIES』 ☆ [honu☆のつぶやき 〜映画に恋して〜]
レオナルド・ディカプリオとラッセル・クロウ共演&『ブラックホーク・ダウン』や『エイリアン』を監督したリドリー・スコット作品なので、アメリカでの興業成績は芳しくなかったけど、観てきました〜! 頭脳戦を展開するストーリーを主軸に描かれてるから、全体的にはおとな...... [続きを読む]

» 「ワールド・オブ・ライズ」 アメリカが嫌われる理由 [はらやんの映画徒然草]
最近、全世界的にアメリカの不人気が高まっているように思います。 具体的には本作で [続きを読む]

» ワールド・オブ・ライズ★原題:BODY OF LIES [銅版画制作の日々]
 新年一発目は、この作品です。 ぼくも、民衆も知っている。 子どもでも知っていることだーーー 危険を加えられた者に きっと仕返しをする、と。  W・H・オーデン 「もうひとつの時代」 12月28日、MOVX京都にて鑑賞。レオナルド・デカプリオとラッセル・クロウの共演に、監督があのリドリー・スコットというのだから、これは観ないわけにはいかない。 危険な場所で命からがらで潜入して働くCIAの工作員ロジャー・フェリス(レオナルド・ディカプリオ)に対してぬくぬくとした場所で彼に指示を送るCIAの... [続きを読む]

» ワールド・オブ・ライズ [★YUKAの気ままな有閑日記★]
2008年最後の劇場鑑賞は12月22日。かつて最愛だったレオ君の映画でした―(アップ遅っ・汗)【story】ヨルダンを拠点に大規模なテロを実行する首謀者の手がかりを得たCIA現場工作員ロジャー・フェリス(レオナルド・ディカプリオ)は、組織に接触しようと試みる。そのためにCIAのベテラン局員エド・ホフマン(ラッセル・クロウ)の指示を受け、ヨルダン情報局のトップ、ハニ(マーク・ストロング)の協力を得なければならなかった―     監督 : リドリー・スコット 『アメリカン・ギャングスター』【commen... [続きを読む]

» 『ワールド・オブ・ライズ』 [cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー]
だんだん年末のバタバタでなかなか当日更新が難しくなってきてますw。 今回はこの前の『プライド』の試写会の後に新宿ピカデリーにて鑑賞した『ワールド・オブ・ライズ』。 思っていたほどにはとっつきにくい印象はなかった作品でした。 ******************** 『ブラ... [続きを読む]

« 「ティンカー・ベル」 | トップページ | 「ラースと、その彼女」 »