2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「空へ ―救いの翼 RESCUE WINGS―」 | トップページ | 「ブロークン・イングリッシュ」 »

2008年12月19日 (金)

「バンク・ジョブ」

Bankjob  銀行強盗先で、イギリス王室のスキャンダルを知ってしまった実行犯達は、政府高官、裏社会の顔役、汚職警官らに狙われるハメになってしまう。
 八方塞がりの彼らに起死回生のチャンスはあるのか?
 1971年にロンドン・ベイカー街のロイズ銀行で発生した大規模な貸金庫強奪事件は、最初はトップ・ニュースとして大きく報じられたが、その後事件は一切報道されなくなってしまった。
 それはイギリスで今まで数回しか発令されていないD通告(国防機密報道禁止令)による完全な報道規制がなされたためではないかと言われているが真実は闇の中である。
 この映画は、事件を綿密に調べて作り上げたフィクションである。
 随分前からこの映画の話は聞いていたが、公開されるとは思わなかったので、やっと観ることができたのは嬉しい限り! 
 凄いのはイギリス王室ネタ、それもあまりにもスキャンダラスな話を映画化してしまったことだろう。
 例えば、これを日本で皇室に置き換えてできるかといえば無理な話である。
 最初は銀行強盗が成功するかどうかがメインの話だと思っていたが、実はそうではなく、その後の複数の組織と思惑が入り乱れてた攻防がメインであり、ドンパチがあるわけでもないのに手に汗握る展開!
 これだけの人の出入りがきちんと整理されているのは重要である。
 また、この手の映画だとカットバックや分割画面などを映像効果を使って描くことが多いのだが、この映画は正攻法で演出しており、わかる人にはわかる70年代の映画の雰囲気が出ており、少し懐かしいものがあった。
 もちろん、これは古臭いという意味ではない。
 主演は「トランスポーター」シリーズなど、アクションのできるハゲでお馴染みのジェイソン・ステイサム。
 2008年の秋は「デス・レース」も公開されて、すっかりジェイソン・ステイサム祭り状態だ。
 監督は「13デイズ」や「世界最速のインディアン」のロジャー・ドナルドソン。
 これ程面白いのにあまりにも少ない劇場数で公開なのは残念だが、近くで公開されたら迷わず観るべし!

参加してます。よろしくで~す
   

« 「空へ ―救いの翼 RESCUE WINGS―」 | トップページ | 「ブロークン・イングリッシュ」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

明けましておめでとうございます。
本作品、実話というのが信じられないくらい
ドラマティックな展開でした。
今年もお互いに、
1本でも多くの素敵な映画に出会いたいですね♪
今後ともよろしくお願いいたします。

>michiさん
 あけましておめでとうございます。
 こちらこそよろしくお願いします。
 外国映画の歴史物の傑作映画は事実を踏まえて独自の解釈をして物語を構築することでしょうね。
 だから映画を観る前にびっちり予習しておくと、より一層楽しめるのではないでしょうか。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/43460789

この記事へのトラックバック一覧です: 「バンク・ジョブ」:

» バンク・ジョブ [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『封印された英国史上最大の銀行強盗事件──これは実話である。 奪ったブツは、 キャッシュとダイヤと 王室スキャンダル。』  コチラの「バンク・ジョブ」は、イギリスで37年前の1971年に実際に起きた未解決の銀行強盗事件に基づくジェイソン・ステイサム主演の11/...... [続きを読む]

» バンク・ジョブ [江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽]
 イギリス  サスペンス&アクション  監督:ロジャー・ドナルドソン  出演:ジェイソン・ステイサム      サフロン・バロウズ      リチャード・リンターン      スティーヴン・キャンベル・ムーア 【物語】  1971年、ロンドン。中古車店を経営す...... [続きを読む]

» バンク・ジョブ [だらだら無気力ブログ]
『ウォーキートーキー強盗』として知られるイギリス・ロイズ銀行で発生 した強奪事件を基に映画化されたクライムサスペンス。 知ってはいけない秘密を知ったがために強盗団に命の危険が迫る様を スリリングに描く。1971年、ロンドンで中古車店を営むテリーは資金繰りと借金..... [続きを読む]

» 「バンク・ジョブ」 度胸とハッタリと時の運 [はらやんの映画徒然草]
本日は「バンク・ジョブ」と「デス・レース」を観てきたので、期せずしてジェイソン・ [続きを読む]

» 「バンク・ジョブ」のんびりした銀行強盗が思わぬ展開に [soramove]
「バンク・ジョブ」★★★☆ ジェイソン・ステイサム、スティーヴン・キャンベル・ムーア 、サフロン・バロウズ 主演 ロジャー・ドナルドソン 監督、イギリス、110分 「緻密さなんて丸でない、のんびりとした銀行強盗が アンタッチャブルな事実に触れてしまう、 緊迫感よりも、 ゆるいスピード感を楽しみたい」 ジェイソン・ステイサムは「デス・レース」を見たばかりなのに また一味違う映画で出会う。 もちろん知的な役ではないが 人間味が感じられて ラストも爽快で面白かっ... [続きを読む]

» バンク・ジョブ/THE BANK JOB [我想一個人映画美的女人blog]
ホラー作家、スティーブン・キングが「2008年映画マイベスト10」で6位に入れてた映画{/m_0005/} 先に観ていた方々の評価も総じて高めだったみたいだし、 監督が『世界最速のインディアン』のロジャー・ドナルドソンだというのも興味深かったので去年11月末に公開になってからずっと観たかったの、 で お正月に観ようと思ったら上映終わってた! がっかりしてたんだけど 他の劇場に移動になってまだやってたのでこないだやっと観てきた〜♪(前置き長い) 封印された英国史上最大の銀行強盗事件を完全映画化... [続きを読む]

» 映画 「バンクジョブ」 [英国日記]
イギリス映画「バンクジョブ」を観てきました。 舞台は1971年のロンドン。 ベイカーストリートにある銀行の貸金庫に強盗に入った主人公達が、 現金、宝石の他に、 「見てはいけない」写真や書類などまで盗んで来てしまったがために 大変な騒動に。 事実を元に作られたというこの作品、 どこまでが実話でどこからが作り話なのかはよくわかりませんが、 複雑な利害関係が絡み合い、 実にスリリングでした。 あえてはっきり書かないでおきますが、 テリーの頭のよさが冴えていました。 銀行か...... [続きを読む]

» 「バンク・ジョブ」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
ひらりん的には、去年もかなり活躍してたジェイソン・ステイサムの主演作。 この作品・・・エンドロール前のテロップ観て初めて気づいたけど、 実話系なのね。 [続きを読む]

« 「空へ ―救いの翼 RESCUE WINGS―」 | トップページ | 「ブロークン・イングリッシュ」 »