2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「バンク・ジョブ」 | トップページ | 「K-20(TWENTY) 怪人二十面相・伝」 »

2008年12月20日 (土)

「ブロークン・イングリッシュ」

Broken_english  30代・独身。親友は自分が紹介した相手と結婚、男性との付き合いがうまくいかない、親には行く末を心配されている。
 そんな彼女の前に現れたのは情熱的なフランス人(年下)だった。
 彼を好きになっていく彼女だが、彼は突然フランスに帰ることになってしまった…。
 2008年の流行語に選ばれたアラサーやらアラフォーといわれる人達をターゲットにした宣伝展開だが、基本設定がレディースコミック系なのに、妙に生々しく痛い展開なので、映画を観て気分一新したいとか思う人にはあまり向かないと思う。
 監督はジョン・カサヴェテスの子供であるゾーイ・カサヴェテス。
 物凄い娯楽作品ではなく淡々と進んでいく。
 ちなみにこの監督の母親がジーナ・ローランズだそうで、この映画にも出ているが年はいってもかっこいい!
 主演のパーカー・ポージーは、30代のイケてないいかにもいそうな感じのナイスキャスティングだと思う。

参加してます。よろしくで~す
   

« 「バンク・ジョブ」 | トップページ | 「K-20(TWENTY) 怪人二十面相・伝」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/43469909

この記事へのトラックバック一覧です: 「ブロークン・イングリッシュ」:

» ブロークン・イングリッシュ [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『もう、魔法なんて起きないと思ってた。 ニューヨークで出会い、パリで愛に気づいた。 それは、私だけのミラクル・ロマンス。』  コチラの「ブロークン・イングリッシュ」は、故ジョン・カサヴェデス監督と女優ジーナ・ローランズの娘ゾエ・カサヴェデス監督のデビ....... [続きを読む]

» 「ブロークン・イングリッシュ」本音は言えば良いってもんじゃない [soramove]
「ブロークン・イングリッシュ」★★★ パーカー・ポージー、メルヴィル・プポー、ドレア・ド・マッテオ出演 ゾーイ・カサヴェテス 監督、2007年、アメリカ 自分の事を他人に話すか、 話さないか、 もちろん時と場合によるし、 何と言っても相手にもよる。 初対面に近い人にも 自分のことを「ここまで言うか」って 思うくらいブッチャケ、話す人がいる。 これまでのことや、これからの夢まで もちろん日々感じているあれこれ等々。 この映画の主人公は30歳独身、 小さ... [続きを読む]

» ブロークン・イングリッシュ [ Art- Mill  あーとみる ]
ブロークン・イングリッシュHP http://broken-english.jp/index.html 監督、脚本はジョン・カサヴェテス&ジーナ・ローランズの娘ゾーイ・カサヴェテス。 謳い文句は「女性による女性のた [続きを読む]

» ブロークン・イングリッシュ [ケントのたそがれ劇場]
★★★☆  『ブロークン』というサスペンス映画を観たばかりだが、本作はバリバリの恋愛映画なのでお間違えのなきよう。タイトルから英国映画を連想したが、ニューヨークっ子が主人公のアメリカ映画である。だがハリウッド作品にしては、映像は暗いしメンタルな作品だった。... [続きを読む]

» 『ブロークン・イングリッシュ』'07・米 [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ]
あらすじノラ・ワイルダー、30代、独身。ニューヨークのホテルで働く、仕事中心の日々。男性と付き合おうとすれば失敗の連続だったがフランス人のジュリアンと出会い・・・。感想インディペンデント・スピリット賞主演女優賞、新人脚本賞ノミネート。父『こわれゆく女』...... [続きを読む]

« 「バンク・ジョブ」 | トップページ | 「K-20(TWENTY) 怪人二十面相・伝」 »