2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「ハッピーフライト」 | トップページ | 「GSワンダーランド」 »

2008年11月17日 (月)

「真救世主伝説 北斗の拳 ZERO ケンシロウ伝」

Kenshiroden  「北斗の拳」を、全5部作で描くアニメ・シリーズの最終章…らしいのだが、自分は1作目から劇場で観ているのに、2本しか観ていない。
 知らない間に公開されたかと思って調べたら、2本はDVDらしい。(ちなみに劇場版は配給全て会社がバラバラ)
 う~ん、劇場で映画は観てもDVDを購入してまで観るものではないよなあ。
 ましてや「北斗の拳」って人気漫画とはいえ絶対に旬の時期は終わっているわけで、パチンコで人気があってもその人達がDVDを購入するとは思えない。(まあ映画も観にくるかどうかは微妙だけど)
 自分は基本的に映画とテレビ番組は消え物だと思っているので、DVDはよっぽどのものじゃないと持たないことにしている。
 部屋が狭いというのもあるんだけど、いつでも観ることができる状況だと買っても観ない可能性が大きい。
 やっぱり時間を拘束されて無理やり見せられる劇場の方が集中するので自分的には合っていると思う。
 多分、DVDだったら日本映画なんか絶対に最後まで観ないものの方が多いんじゃないかな。(いやマジで)
 今回は原作では描かれなかったケンシロウの空白の一年を完全オリジナルストーリーで描ている。
 いや、思った以上に面白かったんだけど、基本的に「北斗の拳」は、どうしようもない悪者が弱い者を虐げる→ためにためてケンシロウ登場→悪者がやられる…というのが王道なのだが、今回はケンシロウが暴れるまでにちょっと時間かかり過ぎかなあ。
 声の出演はケンシロウに、すっかり定着してきた感もある阿部寛、ユリアに石田ゆり子(B83-W59-H85)。
 最後はその後の様子が描かれるのだが、どういうわけか全部動いてなくて一枚絵で進めていくのには、ちょっと驚いた。
 おお、これがゲキメーションってやつか?
 「猫目小僧」じゃないっちゅうの(苦笑)
 もちろん、表現的にありだけど、せっかく最後なんだから動画で見せた方が良かったんじゃないの?

参加してます。よろしくで~す
   

« 「ハッピーフライト」 | トップページ | 「GSワンダーランド」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/43138639

この記事へのトラックバック一覧です: 「真救世主伝説 北斗の拳 ZERO ケンシロウ伝」:

« 「ハッピーフライト」 | トップページ | 「GSワンダーランド」 »