2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「ブロードウェイ♪ブロードウェイ コーラスラインにかける夢」 | トップページ | 「まぼろしの邪馬台国」 »

2008年11月 1日 (土)

「バイオハザード ディジェネレーション」

Biohazard  大ヒット・ゲームソフトの「バイオハザード」を基にしたフルCG長編アニメーション映画。
 そういえば、 昔、「ファイナルファンタジー」という莫大な制作費を費やしたのに、とてつもなくつまらなくて、興行的にも大コケで、スクウェアの経理面を正にファイナル状態にしてしまったとクソゲーならぬクソ映画があった。
 あの映画の影響で自分の中ではゲームの映画化=つまらないという図式ができてしまった。
 しかし、あれから随分経つし、あの時莫大な費用がかかったことも、今やもっと安価で技術力も上がっているに違いないと信じて観にいく。
 劇場は意外に人が多いのには驚いた。
 売れまくっているゲームの映画化だけに観にくる人も多いのか?
 話は至って簡単,毎度お馴染みゾンビにいかに殺されないようにするかだけである。
 う~ん、大変つまらない。
 そもそもCGアニメは境界線が存在しており、あまりリアルだと、技術的には凄いが費用的に実写で撮った方がいいということになる。
 特殊効果として使うにはいいのだが、フルCGアニメにしてしまうと、どうしてもリアルさに重点が置かれしまう。
 そのため、本当は最も重要である、アニメの表現の面白さが欠けてしまうのである。
 世界に誇る日本のアニメではあるが、意外にCGアニメに関しては、若干遅れをとっている感じがする。
 しかし、一方ではゲームのような動きというのがあるわけで、その意味では、この作品は正しい。
 何しろゲームのファンが観にくる確立は高い。
 そんな人達にはミラ・ジョヴォヴィッチが主演の実写よりも極力プレイしているゲームの画面に近い方がいいかもしれない。
 また、制作側も、この映画を観てゲームを買ってくれることも考慮しているはずだ。
 そんなわけで、おそらくこれからのアニメのジャンルとしてゲームみたいな映像というのが、数多く出てくるのだろう。
 そして、つまらない作品の時は、それこそゲームの映画化の時に散々あっちこっちで言われている「映画はリセットできないからなあ」のセリフが人々の口から出るに違いない。

参加してます。よろしくで~す
   

« 「ブロードウェイ♪ブロードウェイ コーラスラインにかける夢」 | トップページ | 「まぼろしの邪馬台国」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/42969545

この記事へのトラックバック一覧です: 「バイオハザード ディジェネレーション」:

» バイオハザード ディジェネレーション [だらだら無気力ブログ]
すでにミラ・ジョヴォヴィッチの主演で実写化されているカプコンの 大ヒットゲーム「バイオハザード」をフルCGアニメで映画化。ラクーンシティでの惨劇から7年。この事件をきっかけにアンブレラ社は 倒産。アンブレラ社の業務はウィルファーマ社が引き継ぐことになった。 ..... [続きを読む]

» 【アニメ】バイオハザード・ディジェネレーション [★紅茶屋ロンド★]
<バイオハザード・ディジェネレーション を観ました> 製作:2008年日本 ←クリックしてね。ランキング参加中♪ みなさん、もう「バイオハザード4・アフターライフ」は観ましたか~? 映画ファンならずとも、ゲームファンにも楽しめる作りになっていましたね! さて、今夜ご紹介するのはなんと、フルCGで作られた「バイオハザード」です。「えっ?バイオはムービー全部CGじゃない」という貴方!この作品は、そのゲーム中に挿入されるムービーシーンのクオリティで一本の映画を作ってしまったのです。 主人公はゲー... [続きを読む]

« 「ブロードウェイ♪ブロードウェイ コーラスラインにかける夢」 | トップページ | 「まぼろしの邪馬台国」 »