2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「ブラインドネス」 | トップページ | 「マルタのやさしい刺繍」 »

2008年11月26日 (水)

「ラブファイト」

Lovefight  大阪を舞台に、幼なじみのヘタレ男子高校生と喧嘩がやたらめったら強い女子高生が、ボクシングを通して心を確かめ合い、成長していく青春映画。
 予告編で北乃きい(B80-W61-H81)の回し蹴りを観て、ガールズファイト大好きの自分としては観なくてはいけないと思った。
 しかし、上映劇場が少なくて1日の転がる回数も少ないので観るのも一苦労だ。
 ところが意外にガールズファイトのシーンは少なくて、ちょっと肩透かし状態。
 それでも彼女の足が物凄く上がるのにびっくりした。
 しかし、何よりもこの映画は北乃きいが真剣かわいいので、もうこれだけでもいいかなあとマジで思ってしまった。
 特に予告編ででもお馴染み、カメラが彼女を回り込む映像は絶品!
 物語は高校生の男女の話とボクシングによって苦い思いを味わった大人の恋愛が同時進行で進んでいく。
 ところが、この大人の恋愛話が蛇足で、おそらく上映時間が妙に長くてテンポが悪くなっているのも、これが原因だと思われる。
 大人の恋愛部門は大沢たかおと桜井幸子(B78-W57-H82)が演じている。
 この映画は大沢たかお第1回プロデュース作品だそうだが、役者がプロデュースして出演すると、トム・クルーズのミッション・インポッシブル・シリーズでもそうだが、「俺の俺による俺のための俺がかっこよく見える映画」になってしまうことが多い。
 この映画も大沢たかおの大沢たかおによる(以下略)になってしまったのか、彼の出ているところは演技勝負なのか間延びしてテンポが良くないし、話がとっちらかっている。
 だけど桜井幸子って自分の中ではちょっと前まで女子高生役OKのイメージだったんだけど、もうすっかりいい歳なんよね。。
 原作がどうなっているか知らないが、少なくともこの映画は高校生の男女を中心に描くべきであり、対症的な大人の恋愛はもっとうまく控えめにスパイス的に入れるべきだと思う。
 一応ダブル主演なので、「バッテリー」「ダイブ!!」の林遣都がヘタレ男子高校生の役で出ている。
 つうか、彼ってスポーツネタ専門?
 監督は2007年のトホホ映画の1本でもある「ミッドナイト イーグル」の成島出。
 大変惜しい映画なのだが、北乃きいがかわいかったので、あとはもうどうでもいいかな。
 いやマジで。

参加してます。よろしくで~す
   

« 「ブラインドネス」 | トップページ | 「マルタのやさしい刺繍」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/43226088

この記事へのトラックバック一覧です: 「ラブファイト」:

« 「ブラインドネス」 | トップページ | 「マルタのやさしい刺繍」 »