2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「カフェ代官山 II ~夢の続き~」 | トップページ | 「彼が二度愛したS」 »

2008年11月21日 (金)

「ヤング@ハート」

Youngheart  若い時はやりたいことはあっても金はないし、年とると金はそれなりにあるのだが体力がない。
 年寄りは体が老いているだけであってバカではない。
 ところが妙に勘違いして、まるで子供を扱うような接し方をする人がいる。
 もちろん若い時とは違うが、それでも人生経験も長いし、それなりの経験もしているので、へたしたらどこかの若いバカよりは遥かにマシかもしれない。
 それに若い時にはわからないものあって、例えば演歌やら俳句やらは年寄りのためのものだと思っていたが、今までやってないから新鮮だという一面もあるのがわかった。
 むしろ若者文化は流行の繰り返しで飽きているのもあるのかもしれない。
 まあこんなことを考えているのが年とった証拠かもね。
 この映画は平均年齢80歳のじいさん&ばあさんで構成されたコーラス隊のドキュメンタリーで、さすがに「ヤング@ハート」と名乗るだけあって、見た目は年寄り気持ちは若者なのか、歌うのはロックやRR&Bばかりだ。
 普通クラッシックとか聖歌なのかもしれないが、イメージの固定はよくない。
 この映画はコンサート前の6週間に密着して、リハーサルや私生活を紹介している。
 当然、平均年齢80歳なので日持ちしない人もいたりするのだが、年をとってもこれくらいパワーを持つのは相当なことだろう。
 歌だってきちんと自分のものにしているのが凄い。
 これこそロックってやつか?
 自分が将来ここまでできるのか?と自問して即答できないのが悲しいが、できるようになれたらと思う。

参加してます。よろしくで~す
   

« 「カフェ代官山 II ~夢の続き~」 | トップページ | 「彼が二度愛したS」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/43177439

この記事へのトラックバック一覧です: 「ヤング@ハート」:

» ヤング@ハート Young@Heart [シネマログ]
歌うことは生きること、生きることが歌うこと。 ■ストーリー アメリカの小さな町に実在する「ヤング@ハート」というコーラス隊のドキュメンタリー。 アメリカ、ヨーロッパなど... [続きを読む]

« 「カフェ代官山 II ~夢の続き~」 | トップページ | 「彼が二度愛したS」 »