2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「センター・オブ・ジ・アース」 | トップページ | 「真救世主伝説 北斗の拳 ZERO ケンシロウ伝」 »

2008年11月16日 (日)

「ハッピーフライト」

Happyflight  飛行機がネタの映画といえば、ドジなスチュワーデス(あ、今はキャビンアテンダントか)や優秀なパイロットが主人公だったり、飛行機が墜落しないように頑張ったり、ハイジャックがあったりが定番である。
 この1~2カ月、シネコンでしつこいくらい予告編を見せられた「ハッピーフライト」も綾瀬はるか(B88-W61-H91)扮するドジなCAの奮闘するコメディだと思っていた。
 ところが、これが悪い意味での予告編マジックだった。
 物語はホノルル行きの飛行機がトラブルがあったので引き返すだけという恐ろしいくらい単純な話で、綾瀬はるかは実は主人公のではない。
 飛行機1回のフライトに携わる大勢のスタッフ全員にスポットをあてた群衆劇であり、綾瀬はその中の一人にしかすぎないのだ。
 飛行機がネタだとパイロットとCAだけしかいないように思えるが、実は管制塔からロビーのスタッフ、グランドクルー、そして意外と知られていない鳥を追っ払う人まで全員がそれぞれの役割をこなしている。
 そんな当たり前のことを、この映画は丁寧に描いており、そのプロとしての働きぶりに観ている方は心地よいものを感じてしまうのだ。
 今年は日本映画は不作なのだが、これはその中ではかなり傑作の部類に入っている。
 正直大変面白い!
 へたすると社会見学用のビデオのようになりそうなところを、さらに細かくを調べあげ、それにより情報量を増やし、実はハリウッドで作るパニック映画のような大事件でもなく、おそらく飛行機業界では極めて普通の日常業務に近い内容なのに物凄い緊迫感を出している。
 また大勢の登場人物の出し入れもうまく、誰に対しても感情移入ができるような構成になっており、さらにこの映画には悪人がいない。
 つまり、普通なら敵キャラを作ることにより話を盛り上げるのだが、この映画は登場人物が一つの目的に対しても動くことにより緊迫感を作り盛り上げていく。
 もちろん、根本的にはあまりにも地味な展開のため、ハリウッド系の大事件を期待している人には肩透かしかもしれないが、実際に就職をして働いている人はかなり共感を持てると思う。
 矢口史靖が監督なので「ウォーターボーイズ」「スウィングガールズ」のような感じを期待すると全く違うが、作品的には今回の方がかなり洗練されている。
 出演は田辺誠一、時任三郎、寺島しのぶ(B80-W60-H83)、吹石一恵(B86-W61-H88)など豪華な顔触れ。
 個人的には平岩紙(B82-W58-H83)の美脚が拝めなかったのが残念!(嘘だと思ったら「陰日向に咲く」を観よう)
 ANA全面協力なのだが、「フライング☆ラビッツ」(こちらはJAL)といい、不景気とはいえ航空会社全面協力は流行りなのか?

参加してます。よろしくで~す
   

« 「センター・オブ・ジ・アース」 | トップページ | 「真救世主伝説 北斗の拳 ZERO ケンシロウ伝」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/43125212

この記事へのトラックバック一覧です: 「ハッピーフライト」:

» ハッピーフライト [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『ヒコーキ、飛ばします。』  コチラの「ハッピーフライト」は、「ウォーター・ボーイズ」、「スウィング・ガールズ」の矢口史靖監督の11/15公開の最新作なのですが、早速観て来ちゃいましたぁ〜♪  なんか予告がとっても楽しそうだったし、最近ちょっと可愛くなった...... [続きを読む]

» ハッピーフライト [だらだら無気力ブログ]
「ウォーターボーイズ」「スウィングガールズ」の矢口史靖監督の空港と 飛行機で働く人々の舞台裏を描いたコメディ。 旅客機を安全に飛ばすために、様々な役目を持ったスタッフたちの奮闘を 笑いを交えて描く。副操縦士の鈴木は乗客を乗せた実機での最終訓練を前にして緊張し..... [続きを読む]

» 当たり前だと思っている事の裏側。『ハッピーフライト』 [水曜日のシネマ日記]
羽田発ホノルル行きの飛行機の運行を巡り、それに携わる人たちの様子を描いた作品です。 [続きを読む]

» [映画『ハッピー・フライト』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』]
☆悪くない。  面白い。  むしろ、小気味良くまとめた良作だと思う。  私が全幅の信頼を寄せて、その新作を待ち望む、ネイティブの「スタニスラフスキー・システム」の具現者である綾瀬はるかも、自分のパートをそつなくこなしている。  でも、もはや、邦画って、こんな作品形式でしか作っていけないのだろうか? と、一抹の不安を覚える。    ◇   ◇  『おくりびと』の時に限らず、私は、この手の作品を見ると、いつも書いているが、これらは、伊丹十三や周防正行の作品と同じ<カタログ作品>である。  ... [続きを読む]

» 「ハッピーフライト」 次は安心して乗れそうです [はらやんの映画徒然草]
「フライング☆ラビッツ」は東映&JALでしたが、こちら「ハッピーフライト」は東宝 [続きを読む]

» ハッピーフライト [☆SunFlower☆]
試写会で『ハッピーフライト』を見に行きました♪ゲストで監督の矢口史靖さんが来ていました。綾瀬はるかさんはとても天然と言っていましたね(^^副操縦士の鈴木(田辺誠一)は、機長昇格の最終訓練である乗客を乗せて飛ぶ実地試験でホノルルに向けて飛び立つことになる。...... [続きを読む]

» 「ハッピーフライト」どこがハッピーなのかわからないトラブルな毎日の緊急事態フライト [オールマイティにコメンテート]
「ハッピーフライト」はANAの羽田発ホノルル行き1980便を舞台に様々なトラブルが発生する中ホノルルへフライトするはずのストーリーである。空港を舞台にしたドラマでは「GOOD LUCK!!」などがあるけれど、映画で空港を舞台にした映画はあまりなく空港の舞台裏とそれぞれ...... [続きを読む]

» 【ハッピーフライト】 [日々のつぶやき]
監督:矢口史靖 出演:田辺誠一、綾瀬はるか、時任三郎、吹石一恵、寺島しのぶ、田畑智子、岸部一徳 「羽田発ホノルル行の1980便に関わる人たちの奮闘する様子をコミカルに☆ 初めての国際線フライトのCA、機長昇進の最終訓練で威圧感のある機長と同乗する副操縦士... [続きを読む]

» アテンション・プリーズって最近聞かないなぁ【ハッピーフライト】 [犬も歩けばBohにあたる!]
今年は邦画の当たり年、といわれているようですが、この作品もその一つ。 『スウィン [続きを読む]

» 映画「ハッピーフライト」 [FREE TIME]
映画「ハッピーフライト」を鑑賞しました。 [続きを読む]

» ★「ハッピーフライト」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
今週の平日休みは・・・ ボート免許の更新に行って船長気分を楽しんだ後、 飛行機ものの映画で機長気分を味わっちゃいました、ひらりん。 今月は何気にホラー映画の鑑賞が多いんだけど、今日はホラー無し。 ... [続きを読む]

» ハッピーフライト [欧風]
日曜日、八戸フォーラムでの映画鑑賞、1本目が「X-ファイル:真実を求めて」。2本目が [続きを読む]

» 映画「ハッピーフライト」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
いきなり「ユナイテッド93」を思わせる地上への激突シーン、シュミレータだったから良かったけど~ドキドキの緊張感が十分に伝わるし、可愛さもある映画~ オールニッポンエアウェイ1980便B747-400は無事に飛び立ったけど、目的地のホノルルに到達することはできない、... [続きを読む]

» ハッピーフライト [充実した毎日を送るための独り言]
・ハッピーフライト(11月15日より公開)初日に見てきました。コメディ的な要素がありながら、飛行機に携わる様々な人たちのプロフェッショナルな姿が描かれている一方で、それに対する焦りや葛藤等も描かれ、より現実の現場に近いストーリーになっている。特にオペレーションセンターの業務は、表には出てこないがこの映画のように緊急の事態の場合、非常に重大な業務であるということを初めて認識できた。バードパトロールなんて仕事本当にあるのかと思ったが、飛行機の安全のためには重要な業務だということが... [続きを読む]

» ハッピーフライト (田辺誠一さん) [yanajunのイラスト・まんが道]
◆田辺誠一さん(のつもり)田辺誠一さんは、現在公開中の映画『ハッピーフライト』に鈴木和博 役で出演しています。一昨日、ようやく劇場に観に行くことができました。●導入部のあらすじと感想... [続きを読む]

« 「センター・オブ・ジ・アース」 | トップページ | 「真救世主伝説 北斗の拳 ZERO ケンシロウ伝」 »