2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「ゲット スマート」 | トップページ | 「劇場版 空の境界/第五章 矛盾螺旋」 »

2008年10月14日 (火)

「宮廷画家ゴヤは見た」

Goya  なんだ、この「家政婦は見た」みたいな邦題は~?…と思ったが映画を観てみると納得!
 純真無垢で天使のような少女イネスと、異端審問を強硬するカトリック教会の神父ロレンソが話の中心で、ゴヤは正に「見た」というより見ているだけなのである。
 ゴヤはイネスとロレンソの肖像画を描いており、映画は彼の目を通して2人の運命と時代の流れを描いている。
 観る前にゴヤのことを下調べしたのだが、それ程意味はなかった。
 しかし、映画はとてつもなく面白い!
 全編心地よい緊迫感があってテンポが良く、語り口がうまい。
 中でもイネスの父親とロレンソの駆け引きは物凄い緊迫感があった。 
 そもそも豚肉を嫌ったことからユダヤ教徒の疑いありという異端審問そのものが、ヤクザのような言い掛かりでしかなく、こんなものがまかり通っている時代は怖いとマジで思った。
 監督は「アマデウス」や「カッコーの巣の上で」のミロス・フォアマン。
 出演はロレンソ役にハビエル・バルデムとイネス役にナタリー・ポートマン。
 ハビエル・バルデムは「ノーカントリー」の変な髪形の殺し屋のイメージが強いが、この映画でも人間臭い(俗っぽい)神父を演じている。
 しかし、何よりも凄いのがナタリー・ポートマンで、牢に入った後のビフォー&アフターの変わりぷりが凄まじく、これはメイクのおかげもあるが彼女の気合の入った演技によるところは大きく、さらに二役も演じているのには驚いた!
 あ、一応ゴヤはスカルスガルドが演じているのだけど、他の2人が濃いので影が薄い。
 「アマデウス」位の長尺かと思いきや2時間もなく、それでいて内容が充実しているのが良い。
 久しぶりにロールでない止めのエンドクレジットを観たよ。

参加してます。よろしくで~す
   

« 「ゲット スマート」 | トップページ | 「劇場版 空の境界/第五章 矛盾螺旋」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/42781732

この記事へのトラックバック一覧です: 「宮廷画家ゴヤは見た」:

» 宮廷画家ゴヤは見た [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『それは、立ち入り禁止の、愛。』  コチラの「宮廷画家ゴヤは見た」は、10/4公開となった「カッコーの巣の上で」、「アマデウス」、「マン・オン・ザ・ムーン」の名匠ミロス・フォアマン監督が、”スペインの天才画家ゴヤの目を通して、愛の真実に迫る問題作”なので....... [続きを読む]

» 宮廷画家ゴヤは見た [再出発日記]
この前の日曜、映画サークルでのこと。私がナタリー・ポートマンのファンだということは周知の事実で「この映画は見た?」と聞かれた。「えっ知りませんよ」「岡山市のシネコンだけでやっているから見落としたのね」「知りませんでした。情報ありがとうございます、必ず見...... [続きを読む]

» 「宮廷画家ゴヤは見た」 [小さな街から]
18世紀末のスペイン、国王カルロス4世(ランディ・クエイド)の宮廷画家に任命されたゴヤ(ステラン・スカルスガルド)は、宮廷に出入りして王妃の肖像画を仕上げる一方で、貧しい市民の様子を生々しく描き、権力者を暗に批判していました。 その頃、カトリック教会... [続きを読む]

» 映画「宮廷画家ゴヤは見た」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:GOYA'S GHOSTS この邦題は思わず、家政婦は見たみたいな連想をしてしまうけど、ゴヤ自身は聴力を失うことになるからピッタリかもしれない~時代の変転と醜聞な物語~ フランシスコ・デ・ゴヤ(ステラン・スカルスガルド)が宮廷画家の時代の1792年~1... [続きを読む]

» 『宮廷画家ゴヤは見た』 [cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー]
金券ショップで以前に購入した東急レクリエーションの株主優待券が今月末で期限が切れるので、最後の1枚を使いに新宿ミラノに『宮廷画家ゴヤは見た』を観てきました。 6枚綴りで3000円の優待券だったので、1枚500円。いい買い物でしたw。 ******************** 『アマデ... [続きを読む]

» 宮廷画家ゴヤは見た▼△ [銅版画制作の日々]
 天才画家ゴヤが描いた2枚の肖像画、少女と神父の数奇な運命とは? 10月18日、新京極シネラリーベにて鑑賞。「ノーカントリー」で、アカデミー賞助演男優賞に輝いたハビエル・バルデムがロレンソ神父という役で登場。この役もなかなか彼のキャラに合っている。そして少女イネスには、あの「スターウォーズ」シリーズのアミダラ姫で人気を獲得したナタリー・ポートマンです。25日からの公開「ブーリン家の姉妹」では、エリザベス一世の母、アン・ブーリンを演じているので、これも楽しみですね。本作での彼女も真に迫る演技でした。... [続きを読む]

» 宮廷画家ゴヤは見た [小部屋日記]
Goya's Ghosts(2006/スペイン・アメリカ)【DVD】 監督:ミロス・フォアマン 出演:ハビエル・バルデム/ナタリー・ポートマン/ステラン・スカルスガルド/ランディ・クエイド/ホセ・ルイス・ゴメス/ミシェル・ロンズデール それは、立ち入り禁止の、愛 ゴヤというと、スペインを代表する画家。「裸のマハ」が有名ですが、おぞましい絵を描く画家という印象があるんだけど宮廷画家だったとは知らなかった。 18世紀末、ゴヤの目からみた当時の社会、異端審問によって狂わされていく男女の人間ドラマ。 ... [続きを読む]

» 宮廷画家ゴヤは見た [小部屋日記]
Goya's Ghosts(2006/スペイン・アメリカ)【DVD】 監督:ミロス・フォアマン 出演:ハビエル・バルデム/ナタリー・ポートマン/ステラン・スカルスガルド/ランディ・クエイド/ホセ・ルイス・ゴメス/ミシェル・ロンズデール それは、立ち入り禁止の、愛 ゴヤというと、スペインを代表する画家。「裸のマハ」が有名ですが、おぞましい絵を描く画家という印象があるんだけど宮廷画家だったとは知らなかった。 18世紀末、ゴヤの目からみた当時の社会、異端審問によって狂わされていく男女の人間ドラマ。 ... [続きを読む]

» 映画『宮廷画家ゴヤは見た』を観て [KINTYRE’SDIARY]
83.宮廷画家ゴヤは見た■原題:Goya'sGhosts■製作年・国:2006年、アメリカ■上映時間:114分■字幕:松浦美奈■鑑賞日:10月4日、渋谷東急(渋谷)スタッフ・キャスト(役名... [続きを読む]

« 「ゲット スマート」 | トップページ | 「劇場版 空の境界/第五章 矛盾螺旋」 »