2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「ダーク・ブルー」 | トップページ | 「容疑者Xの献身」 »

2008年10月 4日 (土)

「最後の初恋」

Saigono  夫は浮気して子供は言うことを聞かない主婦が、友人のホテルを手伝うことになる。
 そこにやってきた客は、高名な外科医がたった1人。
 大型ハリケーンが近づく中、互いに何か共感するものがある2人はお互いに惹かれあうのだった……。
 「きみに読む物語」のベストセラー作家ニコラス・スパークスの同名恋愛小説を映画化。
 出演はダイアン・レインとリチャード・ギア。
 この2人だと、正に中年恋愛映画になってしまうのは仕方ないだろう。
 自分としては「リトル・ロマンス」の頃から見ていたダイアン・レイン(「スクリーン」だとダイアン・レーン)が、今やすっかりおばさんになっているのは時の流れを感じてしまう。
 「ストリート・オブ・ファイヤー」の頃はお色気満載の無敵状態だったのになあ(遠い目)
 まあ、一応変わらず豊満な胸を一瞬拝めるので良しとする。
 一応、中年の妄想が爆発している恋愛ファンタジーなので、あまり細かいことにツッコミを入れるのは野暮なのだが、あまりにも強引な展開で、二人が魅かれ合う理由付が弱いし、最後のオチもあまりにもベタすぎて困ってしまう。
 反抗的だった娘が、母親と和解するのもちょっと説得力に欠ける。
 つうか、二人のやりとりしている手紙は既にエロ小説状態なので、人(特に娘)に見せない方がいいと思うぞ。
 まあ、あの海辺のホテルそのものが、既に建築物としても建っている場所も微妙なんだけどね。
 ハリウッド映画も、どんどん韓国映画化してきてるな~。
 しかし、最後の初恋って、初恋に最初も最後もないんだけどね。

参加してます。よろしくで~す
   

« 「ダーク・ブルー」 | トップページ | 「容疑者Xの献身」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/42676350

この記事へのトラックバック一覧です: 「最後の初恋」:

» 『最後の初恋』 [cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー]
やっぱり秋になると観たくなるのが、文芸ドラマとラブストーリーの映画。 ということで今日は仕事がオフなので、映画を2本はしごする予定。 まず1本目に観たのは、新宿ミラノ1で『最後の初恋』の鑑賞。リチャード・ギアとダイアン・レインのゴールデン・カップルに魅せられて... [続きを読む]

» 「最後の初恋」もお、イイお歳です…(^^;。 [シネマ親父の“日々是妄言”]
 リチャード・ギア、ダイアン・レイン何と3度目の共演。「最後の初恋」(ワーナー・ブラザース)。『カッコイイ!』『SEXY!』とか言われていたご両人も、気が着きゃ59歳と43歳(見えね~!)。本作は、中高年に捧げる(?)、ロマンティック・ラブ・ストーリーになっております。  アーティストの夢を捨て、結婚したエイドリアン(ダイアン・レイン)。しかし数年が経ち、夫は愛人を作り家出。思春期で反抗期の娘と、喘息を抱える息子との日々の暮らしに奮闘するも、次第にその生活に疲れを感じていた。そんな或る... [続きを読む]

« 「ダーク・ブルー」 | トップページ | 「容疑者Xの献身」 »