2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「ICHI」 | トップページ | 「ブーリン家の姉妹」 »

2008年10月28日 (火)

「その土曜日、7時58分」

758  って「めちゃイケ」の放送時間じゃない
 すいません、それは19:57でした。
 娘の養育費もろくに払えない男が、兄貴の口車に乗って強盗計画に加担する。
 襲うのは彼らの両親が営む宝石店。
 勝手知ったる両親の店だし、保険が降りるから誰も損はしないし楽勝!…と思いきや、意外な展開で大失敗!
 どうする?>俺…というサスペンスで、なんと監督がシドニー・ルメットなのだ。
 そう、「十二人の怒れる男」や「狼たちの午後」の人なんですよ。
 え~まだ生きてた働いてたの?と思う人もいるかもしれないが、仕方ない。
 何しろ御年84歳。
 普通、そんな年で仕事なんかしないって。
 ところが、新藤兼人でもそうだが、高齢でもバリバリやっている人がいるんだから、ことあるごとに引退引退言ってんじゃねえぞ>ポニョの監督
 時間軸を何度も過去に戻して、各登場人物の視点で同じ場面から真実が浮かび上がる方法は面白い。
 それでいてサスペンスでありながら、ホームドラマとしての側面が描かれているのは見事!
 この兄弟がやることは全て裏目に出ており、正に負のスパイラル状態で、収拾がつかなくなっており、演出によってはギャグになってしまいそうだが、そこは濃厚な演出でじっくり見せてくれる。
 出演は兄貴役がフィリップ・シーモア・ホフマンと弟がイーサン・ホーク。
 フィリップ・シーモア・ホフマンは「Mi-Ⅲ」の時も悪役だったが、今「ゴールドフィンガー」をリメイクしたら、オーリック・ゴールドフィンガーの役は間違いなくこの人だろうなあ。

参加してます。よろしくで~す
   

« 「ICHI」 | トップページ | 「ブーリン家の姉妹」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/42928751

この記事へのトラックバック一覧です: 「その土曜日、7時58分」:

» 「その土曜日、7時58分」 [小さな街から]
NYの不動産会社で会計士として働き、美しい妻と暮らし、一見、成功組のように見えるアンディ(フィリップ・シーモア・ホフマン)。 しかし、事情によりお金が必要だった彼は、離婚後、養育費の支払いが滞っている弟ハンク(イーサン・ホーク)を誘い、両親が営む宝石店... [続きを読む]

» その土曜日、7時58分 [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『その瞬間、一つめの誤算。 兄は弟に禁断の企てを持ちかけた。 最悪の誤算をきっかけに、 次々に暴かれる家族の闇。』  コチラの「その土曜日、7時58分」は、「十二人の怒れる男」のシドニー・ルメット監督の最新作で、10/11公開となったR-18指定のクライム・サス....... [続きを読む]

« 「ICHI」 | トップページ | 「ブーリン家の姉妹」 »