2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「イーグル・アイ」 | トップページ | 「American Teen/アメリカン・ティーン」 »

2008年10月20日 (月)

「P.S. アイラヴユー」

Ps  最愛の夫を失ったヒロインに届く亡き夫から様々な形で届く10通の手紙。
 それぞれの手紙の内容に従って行動していくうちに勇気と希望を与えられ、彼女は新たな人生を見出していく…。
 あ~なんか名古屋だったかのローカル番組でそんな番組あったなあと思っている人、それは「PS愛してる」だからね。(今もやってるのか?)
 これが韓国映画だったら失笑物のベタな話なのだが、さすがにこの映画はツッこまれそうなところはそれなりの理由付をされていた。
 ただ、やはりどうしてこんな手間隙かけてるのかなあという物語を全否定してしまいそうな気持ちも持ってしまうのだ。
 そう考えてしまわないようにするのが演出なのだが、残念ながらこの映画は少し間延びしており、もう少し切ってテンポよくした方が良い。
 上映時間が長いのは、ここらへんに要因があると思う。。
 あと、これも切ない話なのだが、主人公2人に共感できないところが多い。
 見所はアイルランドの風景か…って、確か「近距離恋愛」の時も見所がスコットランドの風景だったなあ。
 主演はオスカー女優ヒラリー・スワンク。
 彼女は「ミリオンダラーベイビー」の時にも思ったが、決して美人ではない。
 この映画では下着姿や胸の谷間を強調している服を着ているので、ファンは必見かも。
 共演にジェラルド・バトラー、ハリー・コニック・Jr.
 自分だけかもしれないがハリー・コニック・Jrが板尾創路に見えて仕方ないんだけど…。
 エンディングの歌の内容が急に理解できたので、自分の英語力が上がったかと思っていたら、なんと徳永英明の歌に差し替えになっていた。
 ここ最近差し替えが多いが映画ファンの大半はそんなことを望んでいないと思う。
 日本語版推奨の人もセリフだけで、それ以外はオリジナルの雰囲気を楽しみたいと思っている。
 やるんだったら、「きみに読む物語」のケミストリーの歌のようにエンドロール終わってから別につければいいと思う。
 映画会社とレコード会社の関係者の皆さん、全く効果ないのでやめて下さい。
 「宿命」の劇伴音楽まで変えるのは問題外ね。
 

参加してます。よろしくで~す
   

« 「イーグル・アイ」 | トップページ | 「American Teen/アメリカン・ティーン」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/42843849

この記事へのトラックバック一覧です: 「P.S. アイラヴユー」:

» P.S.アイラヴユー [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『まだ“さよなら”は 言えないんだ。 死んでしまった夫から ある日、突然届いた消印のないラブレター。 それが、全ての始まりだった。』  コチラの「P.S.アイラヴユー」は、全世界40カ国以上で500万部のベストセラーとなったセシリア・アハーンの同名小説の映画化...... [続きを読む]

» 『P.S.アイラヴユー』を観たぞ〜! [おきらく楽天 映画生活]
『P.S.アイラヴユー』を観ました最愛の夫を失い悲しみに暮れるヒロインが、亡き夫から届いた10通の手紙に驚きと戸惑いを感じながらも勇気と希望を与えられ、新たな人生を見出していく姿を、オスカー女優ヒラリー・スワンク主演で贈る感動ロマンスです>>『P.S.アイラヴ...... [続きを読む]

» P.S.アイラヴユー [悠雅的生活]
もうこの世にいない彼から届く、消印のない手紙… [続きを読む]

» 『P.S.アイラブユー』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「P.S.アイラブユー」□監督・脚本 リチャード・ラグラヴェネーズ □脚本 スティーヴン・ロジャース □原作 セシリア・アハーン (「P.S. I Love You」)□キャスト ヒラリー・スワンク、ジェラルド・バトラー、リサ・クドロー、ハリー・コニック・Jr、ジーナ・ガーション、ジェフリー・ディーン・モーガン、キャシー・ベイツ■鑑賞日 10月19日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)<感想> 11通目の手紙  Dear ホリー   ... [続きを読む]

» P.S.アイラヴユー/P.S. I Love You [我想一個人映画美的女人blog]
なぜ ヒラリー・スワンク?  って思ったらこの監督、前作『フリーダム・ライターズ』でヒラリー起用してたせいか〜。 気に入った俳優を次のでも起用するのはよくある話だけど、 これにヒラリー・スワンクはどう考えても違うでしょう! 確かに『ボーイズ・ドント・クライ』でも『ミリオンダラー・ベイビー』でも 名演だったし、いい女優さんだとは思うけど、 こんなラブロマンスの主演女優は違うでしょ!って観る前からひっかかってたんだけど、、、、、。 監督・脚本 リチャード・ラグラヴェネーズ 原作、セシリア・アハー... [続きを読む]

» P.S.アイラヴュー◇◇本当の愛が彼女を勇気づけた! [銅版画制作の日々]
 ホリーの気持ち、分かります!!でも過去をひきずっては前に進まないのだ。そんな彼女の背中を押してくれたものは? 11月に入って一発目に鑑賞した作品です。4日、東宝シネマズ二条にて鑑賞しました。何か辛いですよね、こういうの・・・・。しかも最愛の人だから余計に引きずってしまいます。失恋だってそうだけど、この場合はだんなさんが亡くなってしまうのだから。本当に辛いです。 思い出すのは彼との出逢いや日々の結婚生活の様々な想い出突然の夫の死を受け入れることが出来なく、絶望に打ちひしがれる妻ホーリーの元に何と... [続きを読む]

» 映画『P.S.アイラヴユー』を観て [KINTYRE’SDIARY]
89.P.S.アイラヴユー■原題:PS,ILoveYou■製作年・国:2007年、アメリカ■上映時間:126分■字幕:石田泰子■鑑賞日:11月3日、シネフロント(渋谷)スタッフ・キャスト(役名... [続きを読む]

« 「イーグル・アイ」 | トップページ | 「American Teen/アメリカン・ティーン」 »