2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「追撃者」 | トップページ | 「三本木農業高校、馬術部 ~盲目の馬と少女の実話~」 »

2008年10月 7日 (火)

「劇場版 さらば仮面ライダー電王 ファイナル・カウントダウン」

Saraba  平成仮面ライダーの映画は年1作と決まっているのだが、初の同シリーズの劇場第3弾。
 これだけでも「電王」の人気がわかるというもの。
 確かに本来の仮面ライダーという意味では、名前ばかりで全くの別物の感じもあるのだが、一応の仮面ライダーのお約束は守りつつも新しい路線を開発したことは大きく評価するべきだろう。
 そのせいで「キバ」は相乗効果でつまらなく見えてしまう。
 ここ最近はやっと持ち直してきたものの、最初の立ち上がりが悪かったのが辛い。
 それはともかく、劇場版でも「電王」を観ることができるのは嬉しい限り。
 今回は、謎の幽霊列車を相手に、良太郎の孫・幸太郎も登場し、最後の戦いが展開するというもの。
 もちろん、電王のファン大会映画であるのは重々承知しているのだが、これが大変面白い!
 劇場版2作目はあくまでお遊び色が強かったのだが、今回はある意味TVシリーズの続編に近い!
 こうやってみると、このシリーズは登場人物のキャラが完全にできあがっていて、全盛期の「うる星やつら」のように、それだけでも十分面白い。
 一応の、全てのキャラの見せ場は作ってあるし、仮面ライダーではお約束の全員勢揃いというのもある。
 しかし、それに加え、タイムトラヴェル物としてのSFとしては(多少ツッコミどころはあるものの)きちんとできているのには驚いてしまう。
 後半は時代劇になってしまうのは、ここ昨今の東映の方針で太秦や日光江戸村を使わなくてはならないのかもしれないが、一応の必然性は作ってある。
 また、今回の一番の見所は、江戸時代の町中にデンライナーの現れるところが、絵的に無茶苦茶かっこよく、相当ハッタリが利いている。
 これはマジで必見!
 良太郎の孫が出てきて佐藤健と中村優一が特別出演なので、出番がちょっと顔出し程度だと思っていたら、実は普通に目一杯出ていたのには驚き!
 良太郎の孫を演じている桜田通は、まあこれからかな。
 一応、最後なのでハナちゃんが出てくるかと思いきや、もはや彼女はなかったことになっているみたいで、・・・・・ったく白鳥百合子(B88-W56-H84)もブログ更新している場合じゃないぞ(泣)
 もっともコハナも髪が短くなって、白鳥の面影は微塵もないんだけどね。
 デンライナーをオーナーが自転車で動かしているのには爆笑!
 ひょっとして「シャカリキ」ネタで、中村優一かなと思いきや、良い意味で裏切られた。
 侑斗がコハナをさりげなく守っているところは親子だからと感心したりもした。(深読み?)
 ラストのおねえちゃんのそっくりさんのかんざしのエピソードはマジで泣けた。
 いやもう改めて松本若菜 (B80-W59-H88)の美しさを認識した。
 レギュラー以外のゲストは神田沙也加(B83-W59-H85)、松村雄基。
 神田沙也加は、まあいてもいなくてもどうでもよいキャラだが、その分、いい年こいて松村がハジけていた。
 惰性で作ったと思いきや、思った以上に面白かった。
 入場者全員プレゼントは自分の関係は全てリュウタロスだった。
 マグネットなのでシャッフルできないのかと思いつつ、劇場で必死こいてトレードをしている人がいたが、これは4種類コンプリートするためにはありだと思うので勇気を持って声を上げるべし!

参加してます。よろしくで~す
   

« 「追撃者」 | トップページ | 「三本木農業高校、馬術部 ~盲目の馬と少女の実話~」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/42709561

この記事へのトラックバック一覧です: 「劇場版 さらば仮面ライダー電王 ファイナル・カウントダウン」:

« 「追撃者」 | トップページ | 「三本木農業高校、馬術部 ~盲目の馬と少女の実話~」 »