2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「フライング☆ラビッツ」 | トップページ | 「ウォンテッド」 »

2008年9月15日 (月)

「アクロス・ザ・ユニバース」

Across_the_universe  1960年代のニューヨークを舞台に、イギリスからやって来た青年が、ヒッピー・カルチャーとヴェトナム反戦運動で熱気にあふれたアメリカの若者たちと繰り広げる恋と友情を描く青春映画。
 こんな話なら探せば結構出てくるのだが、この映画が違うところは、全編ビートルズの歌を使っており、それもBGMではなく、歌を色々な解釈で使って、独創的な映像で見せていることだろう。
 ビートルズが好きなので、全編ビートルズネタは嬉しい限り。 歌詞をこんな使い方をするのかと感心することも多いが、登場人物の名前やセリフに何げなく歌詞の一部が使われているのもファンにはたまらないものがある。
 久しぶりにじっくり聞くと、ビートルズの歌って物凄く覚えやすく、簡単な単語ながら奥が深いことを改めて実感した。
 「レット・イット・ビー」や「ヘイジュード」の使い方には少し泣けた。
 出演は「ラスベガスをぶっつぶせ」のジム・スタージェス。
 日本では公開が前後しているが、彼はこの映画で有名になったらしい。
 ヒロインのエヴァン・レイチェル・ウッドは……すいません、この映画を観るまで、存在を知りませんでした。
 監督はジュリー・テイモア。
 基本的にはミュージカル映画なのだが、昔とは違って、「ムーラン・ルージュ」でもそうだが、映画ならではの映像を駆使したミュージカル映画が、これからも出てくるのだろうなあ……って今更ですか?(笑)

 参加してます。よろしくで~す
   

« 「フライング☆ラビッツ」 | トップページ | 「ウォンテッド」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/42479320

この記事へのトラックバック一覧です: 「アクロス・ザ・ユニバース」:

» アクロス・ザ・ユニバース [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『All You Need Is Love 愛こそはすべて』  コチラの「アクロス・ザ・ユニバース」は、ビートルズの曲だけで構成された8/9公開のミュージカル映画なのですが、やっぱりミュージカル映画好きとしてはハズせません!観て来ちゃいましたよ〜♪監督は、「ライオンキング」...... [続きを読む]

» 映画「アクロス・ザ・ユニバース」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:Across the Universe 誰か僕の話を聞いてくれないか・・女の子の話さ・・GIRLで掴みはOK、ほとんどは知らない曲だけどHey JudeからShe Loves Youまで盛り上がる・・・ ガールの女の子はちょっといけない小悪魔的な女の子だけどね・... [続きを読む]

» アクロス・ザ・ユニバース−(映画:2008年56本目)− [デコ親父はいつも減量中]
監督:ジュリー・テイモア 出演:エヴァン・レイチェル・ウッド、ジム・スタージェス、ジョー・アンダーソン、ディナ・ヒュークス 評価:90点 ビートルズの曲を33曲使って作り上げた豪勢なミュージカル映画。 時代設定もそのまま60年代。リバプールからNYへやって....... [続きを読む]

« 「フライング☆ラビッツ」 | トップページ | 「ウォンテッド」 »