2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「俺たちダンクシューター」 | トップページ | 「フライング☆ラビッツ」 »

2008年9月13日 (土)

「グーグーだって猫である」

Goo_goo  大島弓子先生のエッセイ漫画を映画化。
 最愛の猫サバを失った天才漫画家と、彼女のもとに新たにやって来た猫のグーグーとの日常を描いている。
 そ~か~、サバは死んだのか~。
 まあ、サバがいた時代から相当経過しているから、猫の寿命だと当然か。
 自分も昔は大島先生の漫画を熱心に読んでいた。
 最近は新作が読めなくなったのは残念でならない。
 そんな先生の漫画は時々映画化されている。
 大島先生の漫画を映画化なんか不可能だ~という程の信者でもなく、むしろどうやって映画化しているかを楽しみに映画館にいくようにしている。
 アニメの「綿の国星」は当時としては物凄く頑張っていたと思うけど、今の技術だったら、大島先生のあの画風でもっと違ったものが作れると思っているし、「四月怪談」は意外に傑作!
 自分としてはサントラが出てほしかったよ、マジで。
 しかし、この映画は微妙だ。
 おそらく無理矢理分類すると「かもめ食堂」や「めがね」の仲間になりそうな感じで、とにかく淡々としている。
 いわゆる雰囲気映画なのだが、その割りには場違いの演出があって、ホテル前の早回しドタバタや猫が出てくる時の変な音など
 別にやる必要がない演出が悪目立ちすぎる。
 エッセイ漫画は確かに起伏はないが、その淡々とした雰囲気を普通に演出してしまえば良いのになあと思ってしまった。
 犬童一心監督は「金髪の草原」も映画化しており、実は物凄く大島先生の漫画のファンだという。
 確かに大島先生の漫画ファンしかわからないエピソードもあるのだが、うまく昇華しきれていないのが惜しい。
 主演は小泉今日子(B80.W58.H85)。
 ブラだけのシーンがあって、妙にエロいとことに感動!
 エアキョンビデオにときめいた以来ですよ。
 共演は上野樹里(B83-W61-H87)、加瀬亮、森三中など。
 まあ、久しぶりに大島先生の原稿が観ることができただけでも良しとする。

  参加してます。よろしくで~す
   

« 「俺たちダンクシューター」 | トップページ | 「フライング☆ラビッツ」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/42458284

この記事へのトラックバック一覧です: 「グーグーだって猫である」:

» グーグーだって猫である [Thanksgiving Day]
映画「グーグーだって猫である」を観に行ってきました!! 長いこと猫と2人で暮らしてるぼくとしては、この映画の公開はずっと楽しみにしてたんですよ。 大島弓子原作の自伝的エッセイを映画化したこんな内容です。 ↓↓↓ 『吉祥寺在住の漫画家、麻子(小泉今日子)が...... [続きを読む]

» 映画「グーグーだって猫である」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
大島弓子と言えば少女漫画界の巨星ということなんですけど残念にも作品を読んだことはありません、でも大の猫好きで今では猫13匹と暮らしているという~ 物語の舞台は大島弓子巨匠も住む吉祥寺、井の頭公園に、今も健在の象のはな子さんも登場するし、最初のほうではほと... [続きを読む]

» 『グーグーだって猫である』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「グーグーだって猫である」□監督・脚本 犬童一心 □原作 大島弓子「グーグーだって猫である」(角川書店刊) □キャスト 小泉今日子、上野樹里、加瀬亮、林直次郎、伊阪達也、大島美幸、村上知子、黒沢かずこ、高部あい、田中哲司、でんでん、山本浩司、江口のりこ、マーティ・フリードマン、大後寿々花、楳図かずお、松原智恵子■鑑賞日 9月13日(土)■劇場 109CINEMAS川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> キョンキョンの持っている特性を犬童監督が最大限... [続きを読む]

» 『グーグーだって猫である』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「グーグーだって猫である」□監督・脚本 犬童一心 □原作 大島弓子「グーグーだって猫である」(角川書店刊) □キャスト 小泉今日子、上野樹里、加瀬亮、林直次郎、伊阪達也、大島美幸、村上知子、黒沢かずこ、高部あい、田中哲司、でんでん、山本浩司、江口のりこ、マーティ・フリードマン、大後寿々花、楳図かずお、松原智恵子■鑑賞日 9月13日(土)■劇場 109CINEMAS川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> キョンキョンの持っている特性を犬童監督が最大限... [続きを読む]

» 映画:グーグーだって猫である 観てきました。 [よしなしごと]
 たまには癒された~い!!と言うわけで、グーグーだって猫であるを観てきました。 [続きを読む]

« 「俺たちダンクシューター」 | トップページ | 「フライング☆ラビッツ」 »