2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「R246 STORY」 | トップページ | 「おくりびと」 »

2008年9月22日 (月)

「アキレスと亀」

Akiresu  北野武監督の最新作は売れない画家と彼を支える妻の物語。
 結論から言うと面白い!……というか面白く思える。
 何しろ「TAKESHIs」と「監督ばんざい」が死ぬほどつまらなかったので、その2本に比べたら、普通に作れば面白くならないわけがない。
 つうか、今回もつまらなかったら北野映画はもう絶対に観ないと思うぞ、いやマジで。
 同じように宮崎駿も、次回作を今までのような作品を作ればポニョの後だから物凄く面白く感じると思う。
 北野武は絵を描くことは今や誰しも知っていることだが、この映画に出てくる絵も彼が手掛けている。
 話は、子供の時代、青年時代、中年(初老?)時代のエピソードで成り立っており、特に後に妻となる女性と知り合い、美術学校に通っている青年時代が一番面白い。
 売れる作家と芸術性の関係がうまく論じられており、それでいて意外に青春物として成り立っている。
 特に芸術学校の生徒との交流は、すっかりやさぐれた社会人の自分としてはうらやましい限り。
 後半の中年(初老)時代の夫婦愛は見ていて目頭が熱くなる。
 そんな嫁、いねえよと思いつつも、いたら幸せだろうなあ。
 つうか、そんな理解者いないでしょ?
 おそらく、主人公が世間に認められなくても、地球上で彼女一人でもわかってくれれば幸せなんだろうなあ。(もちろん、そんな嫁だとダメになる人もいると思うが)
 どちらかといえば今までの北野映画の「キッズ・リターン」に近く、それでいて、いきなりの乾いた暴力も形を変えて存在している。
 ついでにいうと、いつものくだらないギャグも健在だ。
 おそらく、賛否両論の映画だと思うが、前2作があまりにもつまらなかったことを差し引いても、自分はつまらないとは思わない。
 出演はビートたけし、というより北野武本人、妻役に樋口可南子(B82-W58-H85)。
 意外に主人公の青年時代を演じた柳憂怜(名前全部漢字になったのね)が、大変雰囲気を出していた。
 あと、往年のロマンポルノの風祭ゆき(B83-W62-H86←1980年頃)が出ているので、ファンは見逃すな!

参加してます。よろしくで~す
   

« 「R246 STORY」 | トップページ | 「おくりびと」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/42549815

この記事へのトラックバック一覧です: 「アキレスと亀」:

» アキレスと亀 [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『スキ、だけど。 スキ、だから。』  コチラの「アキレスと亀」は、北野武監督の14作目となる9/20公開の最新作で、”夢を追いかける夫婦の物語。”なのですが、早速観て来ちゃいましたぁ〜♪思わず笑っちゃうような北野監督らしいブラック・ユーモアに溢れ、静かに流....... [続きを読む]

» アキレスと亀 [象のロケット]
幼い頃から絵を描くのが大好きだった真知寿は、父の会社の倒産、両親の自殺、生活の困窮を経て、画家として生き、ひたすら絵に打ち込んでいく。 彼の作品の理解者は妻・幸子だけ。 なかなか世間の評価や成功を得ることはできないのだが、創作活動はどんどんエスカレートしてゆき…。 夢を追いかけ続ける夫婦の愛の物語。 ... [続きを読む]

» 『アキレスと亀』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「アキレスと亀」 □監督・脚本・編集 北野武 □キャスト ビートたけし、樋口可南子、柳憂怜、麻生久美子、中尾彬、伊武雅刀、大杉漣、円城寺あや、吉岡澪皇、徳永えり、大森南朋■鑑賞日 9月20日(土)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★(5★満点、☆は0.5)<感想>  絵を描くのが大好きだった真知寿という人間の人生を、少年時代、青年時代、中年時代の三代にわたり描いた作品。 倉持真知寿 中年時代(ビートたけし)、青年時代(柳憂怜)、少年時代(吉岡澪皇) 倉持... [続きを読む]

» 【2008-220】アキレスと亀 [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
人気ブログランキングの順位は? スキ、だけど。 スキ、だから。 夢を追いかける夫婦の物語。 ふたりだから、できることがある。 [続きを読む]

» アキレスと亀&UAE [別館ヒガシ日記]
アキレスとは劇場で先月18日に鑑賞したが 結論は美術は嫌いだが言いたい事は分るね 内容は絵を描くのが大好きな主人公の真知寿の 人生を絵を描きながら進む夫婦の展開だね 俺は昔から美術は大嫌いで全くヤル気が無いが 絵を見るのは好きと言う変わった性格だった... [続きを読む]

» アキレスと亀 [読書・映画・ドラマetc覚書(アメブロ版)]
 芸術家と暮らすってどういうことなのか…ちょっと考えてしまう映画だった。 以下ネタばれあり!  真知寿(吉岡澪皇)は大金持ちのお坊ちゃまだった。好きな絵をほめられ、画家からベレー帽をもらう。そのときから、将来は画家になるのだと思う。学校でも特別... [続きを読む]

« 「R246 STORY」 | トップページ | 「おくりびと」 »