2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「ウォンテッド」 | トップページ | 「幸せの1ページ」 »

2008年9月17日 (水)

「パコと魔法の絵本」

Paco_2  1日しか記憶がもたない少女と孤独で我が儘な老人の奇妙な交流を3DのフルCGキャラクターと実写の合成も織り交ぜて描く感動物語。
 記憶が1日しかもたないというのは、ちょっと前に同じ東宝映画で「ガチ☆ボーイ」というのがあったので、二番煎じの感じもあるが、この映画は2004年に上演された舞台が原作らしい。
 ちなみに自分は舞台は未見。
 っつうか、自分の住んでいるところは舞台文化が成り立たない田舎なので、シネコンがあるだけでもありがたく思わなくては(と自分に言い聞かせている)
 おそらく、舞台だと役者の演技で見せるものなのだろうけど、映画は同じことをやっていたら当然観ていてベタになってしまう。
 そのための3DCGは有効だと思う。
 これは、これで成功しているんだよな……と歯切れが悪いのは、他の人はどうか知らないが、自分にはやはり話がベタすぎるのと、時々出てくる演劇っぽいところが、妙に違和感があったからだ。
 監督の中島哲也は「下妻物語」と「嫌われ松子の一生」がとんでもなく面白かったのは、実写とCG、細かい編集やイメージショットなどを駆使して勢いのある演出だったからなのだが、しかし最大の面白さは先が読めないところにあったと思う。
 ところが、この映画はどうしても先が読めてしまうし、それを越えるだけの演出かどうかは微妙!
 つまらなくはないのだけど、弾けないんだよなあ。
 予告編で「一風変わった人が集まる病院」とあるのは。やっぱり精神病院ではダメなんだろうなあと思ってしまった。
 出演は、役所広司、アヤカ・ウィルソン(B63-57-H70)、妻夫木聡、阿部サダヲ、小池栄子(B91-W-59-H87)、土屋アンナ(B85-60-H89)などやたらと豪華!
 それでいて、全員物凄いメイクなのでパッと見誰かわからない。
 小池栄子なんか胸を見なければ認識できないくらいだ(笑)
 パコ役のアヤカ・ウィルソンは大変かわいいが、将来的にどうなるかは微妙で、へたすると妻夫木演じる元人気子役同様「かわいい演技ならできるんだよ~」となりそうだ。
 阿部サダヲの存在は賛否両論かもしれないが、ただお涙頂戴のベタな話にしないためには必要だろうなと思った。
 昨今の映画なら、テレビ局が絡むと自社チャンネルで激しい宣伝は当たり前だが(特にフジテレビ)、この映画は地上波のアニメ専門チャンネルと言われるテレビ東京の映画なので、当然ワイドショーがないため宣伝があまりにも地味だが、「純喫茶磯辺」同様「おねがいマイメロディ」の中でさりげにポスターが出てきた。Mero
 日曜朝の9時半の子供用アニメでどれくらいの効果が見込まれるか知らないが、その奥ゆかしさも、また良し!

参加してます。よろしくで~す
   

« 「ウォンテッド」 | トップページ | 「幸せの1ページ」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/42500186

この記事へのトラックバック一覧です: 「パコと魔法の絵本」:

» パコと魔法の絵本 [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『昨日をなくした女の子と明日がいらない大人達のミラクル感動ファンタジー』  コチラの「パコと魔法の絵本」は、2004年に上演された「MIDSUMMER CAROL ガマ王子vsザリガニ魔人」という舞台をベースに、日本映画では初となる3DのフルCGキャラと実写を融合させ映画化し....... [続きを読む]

» 【2008-215】パコと魔法の絵本 [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
人気ブログランキングの順位は? 子どもが大人に、読んであげたい物語。 [続きを読む]

» パコと魔法の絵本&シーズン勝ち越し決定 [別館ヒガシ日記]
パコと魔法の絵本は劇場で先月18日に鑑賞したが 結論は面白さの中に所あり良い感じだったね 内容は人間嫌い大貫が記憶障害の少女と出会って 少女のため他の入院患者と劇をする展開だった 役所が大貫でパコとの出会い変わる演技は流石で ウィルソンがパコで同じ事... [続きを読む]

« 「ウォンテッド」 | トップページ | 「幸せの1ページ」 »