2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「イントゥ・ザ・ワイルド」 | トップページ | 「イキガミ」 »

2008年9月28日 (日)

「アイアンマン」

Ironman  軍事企業CEOにして天才発明家のトニー・スタークは、自社の武器のデモで訪れたアフガニスタンで武装集団に拉致され、兵器開発を強要されが、兵器開発をするフリをしながら脱出用のパワードスーツを作り脱出!
 自社の武器がテロに使われていることを知った彼は軍事産業からの撤退を発表!
 自宅の作業部屋に篭って新型パワードスーツの開発し、自ら身につけて悪にに立ち向かうのだった…。
 またもやアメコミの映画化だが、思った以上に面白い!
 上映時間の半分はパワードスーツができるまでを描いている。
 ここらへんは「バットマン ビギンズ」がバットマンができるまでを2時間半かけて描いているのと同じで、嘘臭いアメコミをもっともらしく見せるため必要不可欠なのかもしれない。
 もちろん、武装集団も主人公を拉致って武器を作らせるより、人質にして武器を要求した方が早いとか、ミサイルを作らせているのに、全く違うパワードスーツなんか作っていたら途中でわかるだろう…などのツッコミはしたくなるのだが、アメコミの設定でそこらへんを追求するのは野暮なのかもしれない。
 物凄く少ない材料で武器を作るのは無理無理なのだが、自分はキャプテン・フューチャーの「宇宙囚人船の反乱」で何もないところから宇宙船を作るという話を読んでいるので、あれに比べたら恵まれた環境ではないかと思ってしまった。
 後半はパワードスーツの機能のプレゼンで、意外に敵との戦いは少ない。
 むしろ、日本では既に1980年代に完成しているアニメの手法を最新のVFXを使って実写に取り込んでいるのが見事で、ハリウッド映画の凄いところはパクっても昇華して、さらにうまく作ってしまうところだろう。
 これだけのことができるんなら「スターシップトゥルーパーズ」でパワードスーツを出せたのに残念でならない。
 3作目のマローダーは、ほとんど動いてないしね。
 おそらく今、ロボコップを作ったらこんな感じなんだろうなあ。
 主演はロバート・ダウニー・JR.。
 ちなみに日本語版は藤原啓治なので大変うまい。
 「ウォンテッド」のDAIGOとはちょっと違う。
 共演はグウィネス・パルトロウ。
 一応ヒロインなんだけど、ちょっとかわいくないが、スーパーマンやスパイダーマンでもそうだが、アメコミ映画のヒロインはかわいくないのでお約束か?
 監督は「ザスーラ」のジョン・ファヴロー。
 ラストは「インクレディブル・ハルク」とリンクしており、実はマーヴェルコミックの世界観を映画で全て統一するつもりか?
 本編前に「007/慰めの報酬」と「ターミネーター4」の予告編を観ることができる。
 「ターミネーター4」はシュワルツェネッガーは出ないだろうが、もはやTー800のスケルトンモデルを出しておけばエイリアンのように何でもありになってくることがよくわかった。

参加してます。よろしくで~す
   

« 「イントゥ・ザ・ワイルド」 | トップページ | 「イキガミ」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/42615824

この記事へのトラックバック一覧です: 「アイアンマン」:

» アイアンマン [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『誕生する──世界最強のCEO』  コチラの「アイアンマン」は、9/27公開となるロバート・ダウニー・Jr.主演、ジェフ・ブリッジス、テレンス・ハワード、グウィネス・パルトロウら豪華共演による、本国アメリカでは「インクレディブル・ハルク」に先駆けて公開されたマ....... [続きを読む]

» 「アイアンマン」 [クマの巣]
「アイアンマン」、観ました。 兵器会社の若き社長トニー・スタークが陰謀に巻き込まれ、窮地に追い込まれる。絶望の底でトニーは鋼鉄の... [続きを読む]

» 「アイアンマン」最強!家内制手工業(^^;!! [シネマ親父の“日々是妄言”]
 全米では、5月に公開されて大ヒット。日本公開は待たされて9月!そう今からでも約1ヶ月先…。「アイアンマン」(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)。日米同時(或いは世界同時)公開が当たり前になってきたこのご時世に、珍しく待たされる超大作ですな。まあ、最も関係各位も『こんなにヒットするとは思ってなかった…』←ってのが本音かも知れませんが…。  巨大軍事企業“スターク・インダストリーズ”の社長にして天才発明家、そしてスーパー・セレブであるトニー・スターク(ロバート・ダウニーJR.)は... [続きを読む]

« 「イントゥ・ザ・ワイルド」 | トップページ | 「イキガミ」 »