2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「劇場版 NARUTO-ナルト- 疾風伝 絆」 | トップページ | 「ジャージの二人」 »

2008年8月 8日 (金)

「ブレス」

B  昔はそれなりに吟味された良作のみが公開されていた韓国映画だが、韓流ブームのおかげで、韓国映画が浸透したのはいいが、反面ろくでもない映画も多く入っていた。
 もともと韓国映画は、日本で言うところのベタな話が多い。
 その中の一部が傑作なのであって、それ以外は微妙なものが多い。
 ここ最近の自分の観る韓国映画は、はずればかりだったので、しばらく観るのをやめていた。
 その意味では、「ブレス」は自分の中では久しぶりの韓国映画である。
 自殺願望を持つ死刑囚と夫婦仲が壊れた孤独な主婦の面会室で繰り広げる奇妙で切ないお話。
 刑務所というわりには妙に警備がユルかったり、死刑囚が他の囚人と同じ雑居房だったり、主婦が面会室に壁紙を貼って四季を演出し歌い出したり、ツッコミどころはあるのだが、大人の寓話というべきファンタジーなので、この異様さが許容できるかどうかで、この映画の判断が決まってしまうのだ。
 自分の場合、いきなり歌い出された時はさすがに痛いものを感じたが、徐々にこういう世界の話なんだろうなあと思うと、それなりに観ることができた。
 自殺未遂で喉をついて声が出ない設定なので、仕草と表情で死を待つ囚人を演じるチャン・チェンは凄いと思った。
 喋らないからこそ、中国人役者なのに韓国映画にも出ることができるわけやね。
 主婦役のチアは、こんな奴いそうだなあという鬼気迫るものがあった。

↓↓参加しています。よろしくで~す↓↓
   

« 「劇場版 NARUTO-ナルト- 疾風伝 絆」 | トップページ | 「ジャージの二人」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/42100933

この記事へのトラックバック一覧です: 「ブレス」:

« 「劇場版 NARUTO-ナルト- 疾風伝 絆」 | トップページ | 「ジャージの二人」 »