2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「ダークナイト」 | トップページ | 「たみおのしあわせ」 »

2008年8月 4日 (月)

「インクレディブル・ハルク」

Hulk  実は周りで誰も観てなかったけど、自分はTVシリーズの「超人ハルク」を観ていた。
 アメコミの中では一番不細工なヒーローだが、ジキルとハイド的な話が面白く毎週楽しく観ていた。
 2003年に映画化は楽しみにしていたのだが、大変つまらなくてがっかりした覚えがある。
 そして、またもや映画化の話を聞いて正直どうでもいいと思ったが、アメコミ好きの自分としては無視ができない。
 そんなわけで映画の日に観にいった。
 実はその日から公開にもかかわらず、上映回数が異常に少ない。
 ついでにいうと観客も少ない。
 前回のアン・リーの監督作品はおそらくなかったものになるとはいえ、また最初からはきついなあと思っていたら、最初のオープニングの2~3分で緑色の巨人になるまでを紹介!
 そこからは、ひたすら軍との追いかけっこに徹してひたすらアクション満載なのが良い。
 それでいて、主人公の悩みもきちんと描かれているのは見事!
 TVシリーズネタもきちんと取り込んでいるのはファンにとっては嬉しい限り!
 普通なら、今回はハルク対軍隊で1本作ればいいのに、ハルク対変身したブロンスキーまで入れ込んで1本で2本分の贅沢な展開になっている。
 というか、後半あたりはもはや怪獣映画の域に突入している。
 ハルクといえば、巨大化しても破れないズボンがいつも話のネタになるが、今回は一応、そこらへんももっともらしく説明があって、ファンには一安心(?)なところもある。
 心拍数が200を越えると変身するので、恋人とHができないという笑っていいのか悪い微妙なところも面白い!
 主演のエドワード・ノートンの無駄のない体形には驚いたが、演技派の彼が演じるバナー博士は説得力もあり、この映画はアメコミ版「ファイト・クラブ」というところか(笑)
 監督は「トランスポーター」シリーズのルイ・レテリエ。
 最後に「アイアンマン」ネタが入っているが、日本では公開が逆だし、イマイチ知名度がないので、わからない人が多いかもしれないが、まあ本編前に「アイアンマン」は予告編があるので、気づく人は気づくということでいいか。
 日本語版は水嶋ヒロが声の出演らしいが、「おばあちゃんが言っていた」とか言いそうで・・・・・・やっぱ言わないだろうなあ。

↓↓参加しています。よろしくで~す↓↓
   

« 「ダークナイト」 | トップページ | 「たみおのしあわせ」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/42053000

この記事へのトラックバック一覧です: 「インクレディブル・ハルク」:

» インクレディブル・ハルク [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『その「力」、ためらうな。』  コチラの「インクレディブル・ハルク」は、2003年にも「ハルク」として映画化されたMARVELの「超人ハルク」をエドワード・ノートン主演でより娯楽性を高く実写再映画化した8/1公開のアメコミ映画です。  公開初日は映画の日!もちろん...... [続きを読む]

» 「インクレディブル・ハルク」緑のモンスターの俊敏な動きは圧巻 [soramove]
「インクレディブル・ハルク」★★★ エドワード・ノートン、リヴ・タイラー 主演 ルイ・レテリエ 監督、2008年、アメリカ、112分 人体への放射能抵抗を研究中に実験事故に遭い、 大量のガンマ線を浴びてしまった主人公は、 感情が高まり心拍数が200を越える...... [続きを読む]

» 「インクレディブル・ハルク」ジャパンプレミア [アートの片隅で]
「インクレディブル・ハルク」のジャパンプレミアで東京国際フォーラムに行って来ました。 当初はキャストの登場を予定していたのだが、来日が1週間遅れてしまった為、吹き替えを担当した水嶋ヒロのみの登場となりました。 知人から彼が登場するという話を聞いていたので驚きませんでしたが、知らなかった人も多かったのか会場の女性客は大喜びといった感じで黄色い歓声が、更に数人の方がステージに向かって走っていったのには驚きました。 どうやらそちらにも座席を確保していた人達だったみたいですねw( ̄▽ ̄;)w...... [続きを読む]

» エドワード・ノートン版☆『インクレディブル・ハルク / THE INCREDIBLE HULK』☆ [honu☆のつぶやき 〜映画に恋して〜]
前作の『ハルク』は緑の着ぐるみ状態で、それはそれはヒドイものだった。 でも本作のハルクはエドワード・ノートンだったから、これなら大丈夫!と鑑賞(^^) とはいえ、“演技派俳優”エドワード・ノートン、アメコミ・ヒーロー役なんてどうなの?って不安は多少あったけど...... [続きを読む]

» 「インクレディブル・ハルク」 哀しみを背負うヒーロー [はらやんの映画徒然草]
マーベル・コミックスの中でも特に有名なキャラクター、ハルク。 アン・リー監督で一 [続きを読む]

» インクレディブル・ハルク [お萌えば遠くに来たもんだ!]
終りそうなのであわてて観てきました。 <有楽町スバル座> 監督:ルイ・レテリエ 原作:ジャック・カービー スタン・リー 脚本:ザック・ペン 科学者ブルース・バナーは、自分の体で行なった放射線抵抗の研究実験が失敗し、多量のガンマ線を浴びてしまった。その途端、ブルースの体は緑色のモンスターに変身、研究施設を破壊してしまう・・・。 いやー正に「ハルク」。 制御不能な力を手に入れてしまった所為で、追われる身となる主人公。 03年の作品は観ていないのですが、昔のビル・ビクスビーのテレビ版は観て... [続きを読む]

» 【2008-186】インクレディブル・ハルク [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
人気ブログランキングの順位は? その「力」、ためらうな。 [続きを読む]

« 「ダークナイト」 | トップページ | 「たみおのしあわせ」 »