2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「世界で一番美しい夜」 | トップページ | 「ドリヴン」 »

2008年7月10日 (木)

「カメレオン」

Kame  「ビー・バップ・ハイスクール」の東映なので、絶対に「少年マガジン」のヤンキー漫画の映画化だと思った人は絶対に多いはず。
 今更そんなの制作しないだろうと思ったが、結構時代を読まない東映なのでありえると考えた自分をお許しください。
 詐欺師のグループが拉致現場を目撃!
 事件の背後に政治が大きく関わっていたために、彼らは闇の力に狙われることになる…。
 もともと松田優作で撮りたい映画だったらしい。
 そのためか、主演の藤原竜也は、でかいサングラスにボサボサ頭で、黒ずくめの格好が「最も危険な遊戯」の松田優作を思わせるのだが、残念ながら童顔でちびっ子の藤原は似合うわけもなく、演技だってうまいのにこの映画では少し損をしている。
 当然コーディネーターもついているのでわざとなんだろうなあ。
 映画は昭和の匂いがプンプンしており、若い人はどう思うか知らないが、自分は昔の東映セントラルフィルムっぽくていいなあと思った。
 特にカーチェイスってあんな感じだったよなあ。
 アクションシーンは、敵側で婦警の格好やミニスカートでやたら足技を使って戦う女と藤原の戦いが妙に迫力があって必見!
 つうか、あそこまでがんばっっているのに顔のアップはないのが悲しい。
 一方、ヒロインの水川あさみ(B82-W58-H84)は幸薄そうな感じでOK!
 監督は坂本順治で、この人は「亡国のイージス」みたいな大規模な作品より、こんな感じの方が向いていると思う。
 昭和時代の東映アクションを懐かしむのならOKかも!

↓↓参加しています。よろしくで~す↓↓
   

« 「世界で一番美しい夜」 | トップページ | 「ドリヴン」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/41789647

この記事へのトラックバック一覧です: 「カメレオン」:

» カメレオン [監督:阪本順治] [自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ]
健太、金子、阪本・・・技巧のない監督ほど光る? 竜也最高の阪本順治最高傑作 [続きを読む]

« 「世界で一番美しい夜」 | トップページ | 「ドリヴン」 »