2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊2.0」 | トップページ | 「DENGEKI 電撃」 »

2008年7月17日 (木)

「痛いほどきみが好きなのに」

Itai  若い俳優のウィリアムはバーで出会った女の子サラに心奪われる。
 2人は旅先のメキシコで結ばれるが、NYに戻ると歌手になる夢を抱くサラの態度が変化。ウィリアムは困惑し、いらだちを強めていく。(MovieWalkerより抜粋)
 俳優の卵ウィリアムは行きつけのバーで、ミュージシャンを目指してニューヨークに出てきたばかりの女性サラと出会う。
 二人は旅先のメキシコで結ばれるのだが、いざ、帰ってくるとサラの態度が急変!
 自立したいやら言い出す始末!
 彼女の気持ちがわからないウィリアムは混乱!
 結果→何度でも電話をかけまくり、家の前で叫びまくりのストーカー状態!
 そう、この映画は「痛いほど君が好きなのに」と思い込んでいる痛い奴の話なのだ。
 「認めたくないものだな。自分自身の若さゆえの過ちというものを」とガンダムのシャアならいいそうだが、とにかく若い時の恋愛はリミッターがないので、良い時は本当に人生バラ色だし、ダメな時はとことんダメで、客観的に見て相当恥ずかしいこともやっているのだが、まあ当時はわかんないしね。
 この映画のウィリアムも見ていてとてつもなく痛い。
 一方では、サラも何様のつもりだ?と思ってしまうのだが、共通して言えることは相手を思いやる気持ちがないことだろう。
 ウィリアムが幼少の頃、いなくなった父親と再開して罵倒しているのだが、父親は多くを語らない。
 やっぱり、この父親の身上が理解できて、ナンボだよなあ。
 まあ痛いといいながらも、今一番痛いのは瀬尾公治の「涼風」や「君のいる町」に出てくる登場人物なので、それに比べたらまだマシかな(←比べる意味なし)
 出演はマーク・ウェバーとカタリーナ・サンディノ・モレノなんだけど、すいません、二人とも知りません。
 ただ、彼女は映画の中ではスリムではないと言われているが、あのムチムチさ加減がいいんだよね。
 監督はイーサン・ホークで、彼は出演もしているが、年齢さえ許されれば、主人公の若造がやりたかっただろうなあ。

↓↓参加しています。よろしくで~す↓↓
   

« 「GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊2.0」 | トップページ | 「DENGEKI 電撃」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/41880377

この記事へのトラックバック一覧です: 「痛いほどきみが好きなのに」:

» 痛いほどきみが好きなのに [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『どうしようもない あの頃の僕たちが、ここにいる――』  コチラの「痛いほどきみが好きなのに」は、イーサン・ホークが自らの体験を織り込みながら書き上げた同名小説を自ら監督、脚本、出演もこなし、5/17公開となったPG-12指定の青春恋愛映画なのですが、観て来ち...... [続きを読む]

» 【2008-155】痛いほどきみが好きなのに [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
人気ブログランキングの順位は? ウィリアム 20歳 俳優の卵 サラ 20歳 ミュージシャン志望 ふたりはニューヨークで出会った なのにある日、突然に 『僕が何をしたって言うんだ?』 それは、誰もが 覚えている初めての 恋の痛み どうしようもない ...... [続きを読む]

« 「GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊2.0」 | トップページ | 「DENGEKI 電撃」 »