2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「スコア」 | トップページ | 「REC/レック」 »

2008年7月 4日 (金)

「マレーナ」

Malena  その昔、自分にとってイタリア映画といえばマカロニ・ウェスタンと「青い体験」を筆頭としたエロコメ系映画しかなかった。
 特にエロコメ系の映画はATGと並び堂々と観ることができる助平な映画であった。
 特にイタリア映画の女優は妙に艶めかしくスタイルがいいので、なんか得した気分である。
 「マレーナ」は年上の女性に憧れる男の子の成長を描いた作品だが、一方ではエロビデオがまだ普及していない頃のイタリア系エロコメ映画を思い出させ、ついつい懐かしく思ってしまうのだ(情報誌によるとイタリア・アメリカ合作みたいだが・・・・・・)
 街の男の性欲を駆り立てて女には大顰蹙のマレーナ役にはモニカ・ベルッチ。
 彼女がまたワガママな体をしていて、まさにキュッボーンな体なのさ。
 まさに正統派エロコメ系の女優である。
 その彼女が喪服だったり、下着姿だったりとまさに七変化状態で出てくるわけだからたまらない。
 自分はそっち方面は趣味ではないが、胸丸出しで袋だたきにされているシーンも人によっては大興奮物だろう。
 ちなみにいい女というのは胸がでかいのがいいと思われているが、本当は尻なんだよな。
 尻の形が良ければ基本的にナイスバディである。
 この映画はキュキュと動く尻ばっかり出てくるので、ジュゼッペ・トルナトーレってわかってる奴だなあとちょっと感心!
 主人公の父親が「学校を休んだのは大目に見よう。喧嘩に負けたのも大目に見よう」とかいって息子をガンガン叩いているのには大笑い。
 あそこまで叩いて大目に見るもないだろう(笑)
 そうはいいながらも息子を売春宿に連れてってくれる良いお父さんだ。
 主人公の少年もストーキングだけが激しい普通の思春期バカ少年で、普通ならもっと陰湿になるのだが、お国柄か妙に明るいのが良い。
 監督のジュゼッペ・トルナトーレは「ニュー・シネマ・パラダイス」で映画好きの心意気を描いていたが、この映画ではイタリアエロコメの心意気をうまく描いている。
 ただ残念なのは、主人公の少年がマレーナと初体験できなかったことだろう。
 ただこれが「青い体験」に見えないのは、やたらと盛り上がるエンニオ・モリコーネの音楽と歴史的背景があるからであって、映画会社も「あの頃、あなたが世界の全てだった」とか煽っているので、「ニューシネマパラダイス」のようなものを期待して観にきている人もいるが、この映画は「青い体験」路線の映画でしかない。
 少なくとも自分が中学時代に真夜中に放送されていたら絶対に観ていると思うな(その時の声の吹き替えはマレーナは池田昌子でよろしく!)
 「ニュー・シネマ・パラダイス」に完全版があるように、この映画にももっと助平の度合いの高い完全版とかないかなあ。
 「ニュー・シネマ・パラダイス」の完全版は全く駄目だったけど、この映画の完全版は結構いける可能性は大きいぞ!

↓↓参加しています。よろしくで~す↓↓
   

« 「スコア」 | トップページ | 「REC/レック」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/41729143

この記事へのトラックバック一覧です: 「マレーナ」:

« 「スコア」 | トップページ | 「REC/レック」 »