2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「REC/レック」 | トップページ | 「クライマーズ・ハイ」 »

2008年7月 6日 (日)

「スピード・レーサー」

Gogogo  1960年~1970年にかけて異彩を放っていたのがタツノコプロのアニメだ。
 バタ臭いキャラクター、独自のネーミング(地底魔人=ネンドロイド、破裏拳など)、そして何よりメカがかっこいい!
 「マッハGoGoGo」はマッハ号がかっこよく、当時アルファベットをA~Gまでしか覚えてない子供は明らかにマッハ号のハンドルのボタンから覚えたのは言うまでもない。
 そしてこのアニメはアメリカでも放送されて人気を博しており、実写化の話を聞いて舞い上がってしまった。
 あのマッハ号をどうやって実写化するのか?、トランクに入っている子供と猿は今のご時世では虐待と思われるのでカットされるのか?、覆面レーサーは出るのか?など、不安と期待に胸膨らませ、公開初日に劇場にGoGoGo!
 う~ん、違うだろ~ウォシャウスキー兄弟、いや、今やウォシャウスキー姉弟か?
 いや確かに極彩色の世界はありっちゃあ、ありだろ。
 「ディック・トレーシー」の時も思ったが原色世界は好き嫌いが分かれて、納得させるだけの力がいるのが、その意味では成功していると思う。
 漫画の世界としてファンタジーとして描く上ではこの方法もありだ。
 しかし、自分が求めていたのは、あくまでアメコミのバットマンやスパイダーマンと同じで、いかに嘘臭いコミックをもっともらしく見せるかに期待していたので、この表現方法にはちょっとがっかり!
 漫画の世界をさらに漫画化しても仕方ないと思うのだ。
 だからアニメと同じような話展開なのに物凄く軽くなってしまうのだ。
 レースシーンは悪くないけど必要以上にカット割りしすぎで、「スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス」のポッド・レースの方が遙かに迫力があって面白い!。
 しかし、それを差し引いて、こういうものだとしてみると、まあそれなりに面白いのだが、アメリカで興行的にコケたのもわからないでもないんだよなあ。
 出演でクリスティーナ・リッチはかわいかったなあ。
 ちなみに吹替版の赤西仁はちょっとイマイチだったけど、セリフが少ないからOKかな。

↓↓参加しています。よろしくで~す↓↓
   

« 「REC/レック」 | トップページ | 「クライマーズ・ハイ」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/41745923

この記事へのトラックバック一覧です: 「スピード・レーサー」:

» スピード・レーサー [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『この夏、人類がはじめて目撃する可視速度の限界 ――劇場を出た時、きっと世界は止まって見える。』  コチラの「スピード・レーサー」は、日本のアニメ「マッハGoGoGo」を「マトリックス」シリーズや「Vフォー・ヴェンデッタ」のウォシャウスキー兄弟が、実写映画化...... [続きを読む]

» スピード・レーサー [★試写会中毒★]
満 足 度:★★★★    (★×10=満点)  監  督:アンディ・ウォシャウスキー       ラリー・ウォシャウスキー キャスト:エミール・ハーシュ       クリスティナ・リッチ       マシュー・フォックス       スーザン・サランドン... [続きを読む]

» ★「スピード・レーサー」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
「世界新」連発中・・・なのは、スピード社のレーザー・レーサー。 この作品も、なんかの「世界新」をたたき出せるのか??? なんてね。 [続きを読む]

» 「スピード・レーサー」 監督の自己満足度高し [はらやんの映画徒然草]
子供の頃、再放送で何度となく観たアニメ「マッハGoGoGo」がハリウッドで実写化 [続きを読む]

» 『スピード・レーサー』2008・7・12に観ました [映画と秋葉原と日記]
『スピード・レーサー』 公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ 父の設計した“マッハ5”を愛車に天性の才能で疾走するスピード・レーサー(エミール・ハーシュ)。彼は、レース中に命を落とした兄、レックスの遺志を継ぐべくレースの世界で驚異の戦績を残していた... [続きを読む]

« 「REC/レック」 | トップページ | 「クライマーズ・ハイ」 »