2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「ネコナデ」 | トップページ | 「スコア」 »

2008年7月 2日 (水)

「カオス」

Kaos_2  中田監督と言えば「女優霊」と「リング」で注目されたが、「ガラスの脳」のあまりのオポンチさに今まで築きあげられてきたものが一気に崩れてしまった感がある。
 まあ純愛映画どころかただの変態少年の映画はどうしようもなく、自分の中では2000年日本映画ワーストテンに入っている。
 そしてその次の「カオス」だが期待しろというのが無理というもので、自分があえて観ようかなあと思った理由は中谷美紀が出ているからでしかない。
 ところが映画は思った以上に面白い。
 その理由を考えてみたら、「ガラスの脳」と比較したら当然だし、作品レヴェルをあの映画に設定してしまったのでつまらなくなるわけがない。
  あれ以上につまらなかったらかなりやばいと思う。
 狂言誘拐に巻き込まれた便利屋と、それを依頼した魅惑的な女性の危険な愛の行方を描いたサスペンス。
 前半はそれなりに面白いのだが、残念ながら後半が中途半端で、萩原聖人の行動というのがいまいちわかりづらい。
 話は異常に単純なのだがカットバックをさせて難解にしているだけというイメージが強いのだが、登場人物のそれぞれの立場から話が見えてくるのかといえばその効果は残念ながら出ていない感じがする。
 ちなみに雨のシーンだが、あきらかに晴れているのに土砂降りなのは効果なのかもしれないが不自然な感じがして個人的
にはちょっといやだ。

↓↓参加しています。よろしくで~す↓↓
   

« 「ネコナデ」 | トップページ | 「スコア」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/41710226

この記事へのトラックバック一覧です: 「カオス」:

« 「ネコナデ」 | トップページ | 「スコア」 »