2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「秘密結社 鷹の爪 THE MOVIE II~私を愛した黒烏龍茶~」 | トップページ | 「幸せになるための27のドレス」 »

2008年6月 5日 (木)

「つぐない」

Tugunai  タイトルを聞いてテレサ・テンの歌を思い出す人は昭和生まれの人だ~!(断言)
 しかし、このタイトルは内容にドンピシャだった。
 小説家志望の13歳の少女が、無垢(想像力過剰)なために過酷な運命を辿る男女と、自らの罪を一生をかけてあがなおうと決意した少女の贖罪の人生の物語。
 キーラ・ナイトレイが主役っぽく扱われているが厳密な意味では違う。
 それよりも彼女の貧乳ぶりには悲しいものがあった。
 彼女の恋愛物だと思っていくと、確かに間違いではないものの、あまりにも重たい内容に驚いた人も多いだろう(え、自分だけですか?)
 映画は少女ゆえの純真さ、思い込みなど、善かれと思ったらことが自分も他人も苦しめることになる辛さが痛いほど伝わってくる。
 そしてそれは子供だからといって許されるものではないのだ(BGMは「子供達を責めないで」でヨロシク!)。
 もし、自分がだったら、こんな娘の首をへし折るだろうなあ。
 監督は「プライドと偏見」の新鋭ジョー・ライト。
 実は「プライドと偏見」は長く感じたのだが、この映画はどうやってつぐなうのかという興味が気になって意外に短く感じた。
 へたすると昼の連ドラのような愛憎劇になりそうだし、韓国映画ならもっとドロドロしたベタな話になるだろう。
 そうならないのは監督の演出力だと思う。
 想像力で犯した罪は想像力で償うという展開にはちょっと感動した。
 少女の晩年がヴァネッサ・レッドグレーブだったのには驚いた。
 この人って「ミッション・インポッシブル」でもそうだが、意外なところに突然出てくるんだよなあ。

↓↓参加しています。よろしくで~す↓↓
   

« 「秘密結社 鷹の爪 THE MOVIE II~私を愛した黒烏龍茶~」 | トップページ | 「幸せになるための27のドレス」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/41429090

この記事へのトラックバック一覧です: 「つぐない」:

» つぐない [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『一生をかけて 償わなければならない罪があった。 命をかけて 信じ合う恋人たちがいた。』  コチラの「つぐない」は、ブッカー賞作家イアン・マキューアンの「贖罪」を映画化した4/12公開となったPG-12指定の大河ロマンスなのですが、観て来ちゃいましたぁ〜♪  ...... [続きを読む]

» 【2008-110】つぐない [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
人気ブログランキングの順位は? 一生をかけて 償わなければならない罪があった。 命をかけて 信じ合う恋人たちがいた。 [続きを読む]

« 「秘密結社 鷹の爪 THE MOVIE II~私を愛した黒烏龍茶~」 | トップページ | 「幸せになるための27のドレス」 »