2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「神様のパズル」 | トップページ | 「休暇」 »

2008年6月10日 (火)

「築地魚河岸三代目」

Uogashi_the_3rd  「男はつらいよ」が終わった後、新しいシリーズを模索していた松竹だが、「釣りバカ日誌」以外うまくいったものはなく、「サラリーマン専科」など、いいところまでいったものもあったが、あくまでメイン映画の同時上映レヴェルで、1本で勝負できるようなものではなかった。
 ところが「釣りバカ日誌」さえも出演者の高齢化が目立ち、特に三國連太郎が役者としていつまで日持ちするかは大きな問題だろう。
 そのため松竹としては、「釣りバカ日誌」に続く新シリーズを作らなくてはならない。
 そんなわけで公開前から既にシリーズ化が決定しているのが、「築地魚河岸三代目」だ。
 「釣りバカ日誌」同様漫画の映画化。
 確かに小説や漫画の映画化は宣伝もしやすいし、相乗効果でお互い売上が上がる可能性も大きい。
 実際、自分も「ビッグコミック」の連載は読んでいるので興味を持った次第。
 あと、青年漫画はよほどじゃない限りイメージと違うといわれないのが良い。
 これが少年漫画や少女漫画、アニメなど萌え系の実写化だと大騒ぎになってしまう。
 そういえば「ときめきメモリアル」の実写映画化の時はキャスティングだけで異常に盛り上がった覚えがある。
 それに比べると青年漫画は余裕がある(ただし「めぞん一刻」は除く)。
 築地市場を舞台に、魚河岸の世界へ飛び込んだ元サラリーマンが悪戦苦闘という話が基本で、今回は主人公が魚河岸で働くまでを描いている。
 良くも悪くも昔から脈々と続く松竹人情コメディであり、意外性はないが安心して観ていられる。
 こういうのも必要だと思うのは、自分も年とったせいかもしれない。
 話は前半はテンポがいいし、主人公の上司夫婦の話は染みるものがあって良い。
 後半は勘違いからくる大騒動が少し大味だったのが惜しい。
 ラストにど~んとシリーズ化決定!と出たのは松竹の本気度を見た気がした。
 確かに、主人公の職場の雅とエリの結婚話や、新しい登場人物の干物屋の息子の話、グルメ評論家の話や、主人公夫婦の子供の話などエピソードは沢山あるし、主人公は全国の市場を回ることが多いので、必然的に「男はつらいよ」のようにあっちこっちでロケはできるし、そこで恋愛指南をしていれば、松竹人情コメディのテンプレートにうまくあてはまるというもの。
 主演は大沢たかおは若いので、あと20年は大丈夫だと思うが、イケメンなのは、ちょっと邪道かな。
 彼と恋人役に田中麗奈(B77-W56-H82)。
 魚が題材の映画で魚顔の彼女の抜擢はナイスキャスティングか?
 あと、魚屋にエリという名の女が働いているというだけで、ふせえりを思い出すのは「キューティーハニーTHE LIVE」のイメージが強いせいか?
 監督のの松原信吾は結構昔から活躍している人で、今の時代には珍しく目茶苦茶正攻法の演出をしている。
 ところが、この手の演出をは相当な実力がないと無理で、彼に限らず「釣りバカ日誌」の栗山富夫とかもっと評価されるべきだと思うけどなあ。

↓↓参加しています。よろしくで~す↓↓
   

« 「神様のパズル」 | トップページ | 「休暇」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/41486848

この記事へのトラックバック一覧です: 「築地魚河岸三代目」:

» 「築地魚河岸三代目」をみると築地へ行きたくなる [自腹でエンタメ!]
DHA足りていますか? お魚食べていますか? 魚好きには足を向けて寝られない場所 [続きを読む]

» 『築地魚河岸三代目』を観たぞ〜! [おきらく楽天 映画生活]
『築地魚河岸三代目』を観ました小学館「ビッグコミック」にて連載中の同名人気コミックを映画化。エリート商社マンから築地魚河岸の仲卸業者に転身した主人公が、悪戦苦闘しながら成長していく姿を描いた人情ドラマです>>『築地魚河岸三代目』関連製作年度: 2008年ジャ...... [続きを読む]

» 『築地魚河岸三代目』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「築地魚河岸三代目」□監督 松原信吾 □原作 はしもとみつお、鍋島雅治 □脚本 安倍照雄、成島 出 □キャスト 大沢たかお、田中麗奈、伊原剛志、森口瑤子、柄本 明、伊東四朗、荒川良々■鑑賞日 6月8日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想>  最近多くなってきた携帯小説とコミックからの映画化。 余程いい本がないと見える。 インディペンデントムービーの門戸が開いた今日、相変わらず大手映画配給会社はオリジナリティにかけ、この映画の配... [続きを読む]

» 『築地魚河岸三代目』 劇場鑑賞 [ANNE'SHOUSE-since1990-]
夫婦50割利用で多くなった主人と映画の1本目。目的の三谷作品は後にして、まずはコチラ!!.。゚+..。゚+.  .。゚+..。゚+(C)「築地魚河岸三代目」製作委員会『築地魚河岸三代目』2008年日本作品 監督:松原信吾出演:大沢たかお、田中麗奈、伊原剛志、森口遥子、柄本...... [続きを読む]

» 「築地魚河岸三代目」イベント試写会 [アートの片隅で]
最近少し仕事が忙しくて、ブログを書く時間がありません。 今日は久しぶりに時間があるので、まとめて3つの記事を書きました。 忙しいと言いつつも試写会に行ってはいるんだけれど、、、、(▽この映画が観たくなった 参考になった つまらなかった どれかをクリックして下さい。 よろしくお願い致します。... [続きを読む]

» 2時間プロローグのホームドラマ。~「築地魚河岸三代目」~ [ペパーミントの魔術師]
ほのぼのやな~♪ だあれも悪いひとがいない。 確かにここには忘れ去られた何かがある。 ・・義理とか人情とかですか? まあええです。 ひょんなことから転職しちゃった旬太郎が ブリまで出世できるかどうかはこれから。 ・・・これからなわけで今回はホントに序章。 シ..... [続きを読む]

» 2008-43『築地魚河岸三代目』を鑑賞しました。 [はっしぃの映画三昧!]
#63704;映画を鑑賞しました。#63893; 2008-43『築地魚河岸三代目』(更新:2008/06/18) 評価:★★★★☆ TOHOシネマズのプレミアスクリーンが通常料金(1800円)でした。 しかも、TOHOシネマズメンバーズデイなので1300円で鑑賞して..... [続きを読む]

» 【2008-136】築地魚河岸三代目 [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
人気ブログランキングの順位は? エリートサラリーマンが 築地魚河岸へ 自分らしく 生きていく場所を探して・・・ そこには、人々が忘れてしまった 温かな心のつながりがあった ここには、忘れていた大切なものがある── ... [続きを読む]

» 『築地魚河岸三代目』 (2008) / 日本 [NiceOne!!]
監督:松原信吾原作:はしもとみつお出演:大沢たかお、田中麗奈、伊原剛志、森口瑤子、柄本明、伊東四朗公式サイトはこちら。<Story>エリート商社マンの赤木旬太郎(大沢たかお)はリストラの陣頭指揮を任され思い悩んでいた。そんな時、恋人の明日香(田中麗奈)...... [続きを読む]

» 『築地魚河岸三代目』@新宿ジョイシネマ [映画な日々。読書な日々。]
エリート商社マンの赤木旬太郎はリストラの陣頭指揮を任され思い悩んでいた。そんな時、恋人の明日香が家業である築地市場の仲卸「魚辰」と装飾デザイナーの仕事を掛け持ちで奮闘していることを知る。明日香を助けたい一心で「魚辰」を手伝い始めたものの、ド素人の身では足... [続きを読む]

» 築地魚河岸三代目 2008-36 [観たよ〜ん〜]
「築地魚河岸三代目」を観てきました〜♪ 商社に勤める赤木旬太郎(大沢たかお)は、恋人の明日香(田中麗奈)との結婚を真剣に考えていた。或る日、早朝の街を自転車で走る明日香を見かけ、彼女の実家が魚河岸の仲卸業だと知る。明日香の身を案じ家業を手伝うことにした旬太郎だったが・・・ 人気Blogランキング      ↑ 押せば、魚料理に出会えるかも!? Blog人気ランキングに参加してます。 ご訪問の際は、是非ポチっとワンクリックお願いします〜♪ ... [続きを読む]

« 「神様のパズル」 | トップページ | 「休暇」 »