2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「幸せになるための27のドレス」 | トップページ | 「ザ・マジックアワー」 »

2008年6月 7日 (土)

「幻影師アイゼンハイム」

Illusion  近鉄百貨店の洋菓子屋だと思っている君、それはユーハイムだからね(笑)
 19世紀末のウィーンを舞台に人気を博している幻影師アイゼンハイム。
 ある日、幼なじみで初恋の相手と再会!
 愛し合っていたが身分が違うため別れた彼女は皇太子の婚約者だった。
 その後、彼女は謎の死を遂げる。
 真相を巡って噂が飛び交う中、アイゼンハイムは彼女の幻影を呼び出すイリュージョンを発表する…。
 オレンジの木がにょきにょき生えてきたり、蝶々がハンカチをもってきたり、死んだ人を呼び出したりするアイゼンハイムイリュージョンのダネ証しを見つけようと真剣になって考えていたら、なんとそれこそ実はどうでもいいミス・リードで、一番のイリュージョンは予想もしないものだった。
 しまった~やられた。
 前にも書いたが、映画の面白さは主人公の「何が何でも」という状況とそれをとりまく状況が逆境であればあるほど面白い!
 実はこの映画もそうなのだが、最後までわからない。
 そして主人公の「何が何でも」の状況がわかった時に、面白さが一気にピークになるのだ。
 出演はエドワード・ノートンとポール・ジアマッティ、ルーファス・シーウェル、ジェシカ・ビール。
 監督はニール・バーガー。
 「プレステージ」と同じ匂いがするが、別の面白さがあるので必見!

↓↓参加しています。よろしくで~す↓↓
   

« 「幸せになるための27のドレス」 | トップページ | 「ザ・マジックアワー」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/41448532

この記事へのトラックバック一覧です: 「幻影師アイゼンハイム」:

» 幻影師アイゼンハイム [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『すべてを欺いても 手に入れたいもの、 それは君。』  コチラの「幻影師アイゼンハイム」は、19世紀のウィーンを舞台にエドワード・ノートンが奇術師を演じ低予算のインディペンデント映画ながらも本国アメリカでは好評を博した5/24公開のロマンティック・ミステリ....... [続きを読む]

» 幻影師アイゼンハイム [ Art- Mill  あーとみる]
幻影師アイゼンハイムHP http://www.geneishi.jp/ 光と影を繊細に妖艶に操り、19世紀末の世界都市ウイーンの雰囲気を充分に出していた。「自由」への道を歩みつつある時代を背景にし [続きを読む]

» 『幻影師アイゼンハイム』'06・米・捷 [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...]
あらすじ19世紀末。幻影師アイゼンハイムは、皇太子と婚約した幼なじみソフィと再会した。ほどなく彼女は謎の死を遂げ・・・。感想このハンドパワー見破れるか?『プレステージ』... [続きを読む]

« 「幸せになるための27のドレス」 | トップページ | 「ザ・マジックアワー」 »