2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「レイダース 失われた聖櫃<アーク>」 | トップページ | 「ほとけ」 »

2008年6月27日 (金)

「ぐるりのこと。」

Gururinokoto  一見権威のありそうな「キネマ旬報」のベストテンだが、実は大人の事情なのかどうかは知らないが、一般的に公開されていない映画がベストテンに入った時がある。
 一応、日本のどこかで公開されたらしいのだが、あまりにも作為的なために、映画の本来のできとは関係なく、素直に観ることができなくなった、それが橋口亮輔監督の「ハッシュ!」だ。
 カンヌ国際映画祭ほか、数々の映画賞受賞した「ハッシュ!」だが、自分はどうもあまり好きになれず、よくよく考えたら橋口監督の映画は「二十才の微熱」や「渚のシンドバット」にしても世間が言うほど良いとは思えなかった。
 人それぞれなのだが、、どうも作品のテンポが自分に合わない。
 だから橋口亮輔監督の6年ぶりの新作といっても、あまり食指が動かず、「待ってました!」という気持ちはない。
 今回の新作は一組の夫婦が、生まれたばかりの子どもの死という悲劇を乗り越え再生していくまでの10年を描くもので、夫が法廷画家という設定なので90年代を代表する様々な社会的事件を物語の中に入れ込んでいる。
 自分の中のボーダーが低かったからというのもあるかもしれないが、大変な傑作!
 ひょっとしたら橋口監督の映画の中では一番好きかもしれない。
 上映時間が140分と長めだが、これは夫婦の10年を描くためには必要だと思う。
 また、ここ最近やたらと説明過多な映画が多いのに、言葉は少なく、だけど登場人物の何げない動きに物凄い情報量が含まれており、ちょっとしたことで崩れそうな人間の弱さが妙な緊張感を生んでいる。
 夫婦と裁判という、普通なら、2本の映画にできそうなのに1本にしているが、夫婦の状況と世間の事件の異常さをシンクロさせる意味では正解かもしれない。
 実はこの裁判が時間の流れと、ブリッジの役割をしているのだ。
 ここ最近すっかりメジャーな鬱病をこの映画でも取り扱っているのだが、回復していく様子を丁寧に描いているのに感心した。
 主演は「大奥」の木村多江(B84-W59-H87)、「おでんくん」の作者でお馴染みリリー・フランキー。
 実はリリー・フランキーの演技を心配していたのだが、なかなかどうして意外なハマリ役!
 いしかわじゅんでもそうだが、意外に漫画家でも役者やってる人いるよなあ。

↓↓参加しています。よろしくで~す↓↓
   

 

« 「レイダース 失われた聖櫃<アーク>」 | トップページ | 「ほとけ」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/41657902

この記事へのトラックバック一覧です: 「ぐるりのこと。」:

» 「ぐるりのこと」ぐるりの真ん中に僕らがいる [soramove]
「ぐるりのこと」★★★★☆オススメ 木村多江 、リリー・フランキー 主演 橋口亮輔 監督、140分、2008年 法廷の被告の肖像画を書く男、 小さな出版社で働く女、 ふたりは一緒に暮らし始めるが、 初めての子供が死産となり 女は次第に精神のバランスを崩して...... [続きを読む]

» ぐるりのこと。 [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『めんどうくさいけど、いとおしい。 いろいろあるけど、一緒にいたい。』  コチラの「ぐるりのこと。」は、6/7に公開された「ハッシュ!」の橋口亮輔監督の6年ぶりの復活作となるヒューマン・ドラマです。なかなか評判がよさげだったのですが、評判に違わずいい作品....... [続きを読む]

» 「ぐるりのこと。」映画館レビュー 完敗 [長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ]
あっやばい良い!と思ったシーンを思い出そうとしたが、忘れてしまったようだ。もう一度観たい、もう一度会いたい、とはこういうことで、理屈じゃなく「好き」ということが確実だから、もっといっしょにいたいと思うんだろう。... [続きを読む]

» 「ぐるりのこと。」 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「ぐるりのこと。」□監督・原作・脚本・編集 橋口亮輔 □キャスト 木村多江、リリー・フランキー、倍賞美津子、寺島進、安藤玉恵、八嶋智人、寺田農、柄本明■鑑賞日 6月21日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> 夫婦のことは夫婦にしかわからない。 傍から見ていてどんな仲の良い夫婦でも、実際に本当に仲が良いどうかなんて他人が何で図れるものだろうか。 夫婦の姿が見えているかと言うと決してそうではない。 橋口監督はその見えない部分の夫婦... [続きを読む]

» 【2008-151】ぐるりのこと。 [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
人気ブログランキングの順位は? 時代が激変した 90年代初頭 悲しみは心の闇を広げていく 希望はどこにあるのだろう これは ある夫婦の10年の物語 そして 今を生きる私たちの物語 めんどうくさいけど、いとおしい。 いろいろあるけど、一緒にいた....... [続きを読む]

» ぐるりのこと。 [シネマログ  映画レビュー・クチコミ 映画レビュー]
♪何でもないようなことが〜  幸せだったと思う〜■ストーリー何でもキチンとしていないと気が済まない翔子。そして、ちょっとだらしない夫のカナオ。周囲からはダメ夫と陰口を叩かれながらも、身籠った体と授かった命に精一杯の幸せを噛みしめていた。でも、身勝手な周囲に振り回されて、次第に翔子は鬱になり精神の均衡を崩していく。カナオは全身でそれを受け止め、支えていく。10年という歳月をかけて、ひとつづつ障害を乗り越え、お互いを支え合っていく…■ドロ臭いけど暖かいなんとも人間くさいドラマ...... [続きを読む]

» 『ぐるりのこと。』 試写会鑑賞 [映画な日々。読書な日々。]
「お、動いた!」小さく膨らんだお腹に手を当て、翔子は夫のカナオとともに、子を身籠った幸せを噛みしめていた。しかし、そんなどこにでもいる二人を突如として襲う悲劇…初めての子どもの死をきっかけに、翔子は精神の均衡を少しずつ崩していく。うつになっていく翔子と、... [続きを読む]

» ぐるりのこと リリー・フランキー、映画初出演! [銅版画制作の日々]
 ぐるりって?→自分の身の周りのこと。または、自分をとりまく様々な現境のこと。 7月17日、祇園祭りの最中・・・・。京都シネマにて鑑賞しました。お客さん、さすが少なかった?みんな祇園祭で巡行見学みたいです。私は母の入院の手続き終了後、いそいそシアターへそういえば邦画は「アフタースクール」も鑑賞したのですが、未だ記事にしていませんまた後日書きたいと思います。 リリー・フランキーが映画に初出演した作品です。いつもは脚本・コラムなどを書いておられる方なのですが。絵本「おでん君」はみんな... [続きを読む]

« 「レイダース 失われた聖櫃<アーク>」 | トップページ | 「ほとけ」 »