2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「幻影師アイゼンハイム」 | トップページ | 「神様のパズル」 »

2008年6月 8日 (日)

「ザ・マジックアワー」

Magichour  街を牛耳るギャングのボスに手を出してしまった手下のホテル支配人の助かる唯一の条件は、5日以内に幻の殺し屋を連れてくること。
 しかし幻といわれるだけあって簡単に見つかるはずもなく、映画の撮影と騙して無名の俳優に幻の殺し屋を演じさせるのだった・・・。
 三谷幸喜の監督最新作で、出演は佐藤浩市、妻夫木聡、西田敏行、深津絵里(B83-W57-H83)、綾瀬はるか(B88-W61-H91)、香川照之など「THE 有頂天ホテル」と同じように豪華な出演者が共演している。
 この映画の最大の見所は、殺し屋を演じる売れない俳優を演じる佐藤浩市の演技につきるだろう。
 特に彼とギャングのボスを演じる西田敏行との絡みは大変面白い!
 彼のどんな状況でも映画撮影だと疑わない徹底ぶりが良く、周りがそれに翻弄されていくのが痛快!
 正直、最初はどうかな?と思ったが佐藤浩市が出てきてから俄然面白くなってくる。
 「僕の彼女はサイボーグ」で輝いていた綾瀬はるかは、この映画は超脇役で、正直彼女が絶対に演じなくてはならないものでもないのだが、セーター越しにも確認できる巨乳を見ることができたので良しとする。
 今までの映画もそうだが、監督が舞台の人だけあって、空間を限定した話が多く、今回も港町という広いながらも限定した空間で話が進んでいく。
 限定された世界の中で、物凄い量の情報量があり、それらがきちんと整理されているのが三谷映画の醍醐味だと個人的に思っている。
 今回も面白いのだが、出演者の演技や話展開が必要以上に舞台っぽい。
 もちろん、そういう演出なんだろうが、もう少し映画っぽくてもいいのにと思ってしまった。
 最後の港のシーンはちょっとやりすぎ・・・・・・というかいらないような気がした。
 基本的に無理な設定なのだが、それなりに観ることができるのは出演者の演技と演出だと思う。
 市川崑には少し泣けた。
 伏線を全て収拾しているせいなのか上映時間がちょっと長いので、もう少し刈り込んでも良かったと思う。

↓↓参加しています。よろしくで~す↓↓
   

 2時間以内が一番美しいのだけど・・・。

« 「幻影師アイゼンハイム」 | トップページ | 「神様のパズル」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/41460436

この記事へのトラックバック一覧です: 「ザ・マジックアワー」:

» 『ザ・マジックアワー』 ★★★・・ [じゃがバタ~ 映画メモ]
いや~、笑わせて頂きました。 劇場内も、いい大人が声上げてワハハワハハ笑っていらっしゃいました。 佐藤浩市さんが、三谷さんの手にかかってグッチャグチャにされちゃって、あぁ。 どんだけ、ナイフナメが好きなんだ、富樫 浩市様が、鳥羽一郎みたいなウネウネのセーター着せられちゃって あぁ あのセーターにはパンチが似合うのに、、、そこまでは出来なかったのね テカテカおでこのブッキーは場面ごとに顔のむくみ方が違うような気がします。 テカテカといえば、市村萬次郎さんが意外と重要な役ど... [続きを読む]

» 映画vol.150『ザ・マジックアワー』*試08-06 [Cold in Summer]
監督:三谷幸喜 出演:佐藤浩一 妻夫木聡 深津絵里 製作:公式HP これまた間が空きましたが、『ザ・マジックアワー』観てきました[i:58] 今朝もテレビで盛大に宣伝してましたが、作品自体おもしろかったです 主演の佐藤浩一さんが....... [続きを読む]

» ★「ザ・マジックアワー」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
今週の週末レイトショウは、 最近、宣伝のためにテレビに出まくってる三谷幸喜監督作。 [続きを読む]

» ザ・マジックアワー [欧風]
土曜は八戸フォーラムで「僕の彼女はサイボーグ」を観ました。 そして [続きを読む]

» 「ザ・マジックアワー」 奇跡の瞬間 [はらやんの映画徒然草]
三谷幸喜監督は前作「THE 有頂天ホテル」など、今までも多くの登場人物が絡み合う [続きを読む]

» 映画「ザ・マジックアワー」 [    茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
終わりよければすべて良しというけれど、有終の美を飾れてないのが残念なところですね、最初からラスト直前まで面白くて笑い死にしそうでも盛り下がる・・ いかにも芝居がかった、それでいて思わず引き込まれてしまうような、芝居じみたボスの愛人高千穂マリ(深津絵里)の... [続きを読む]

» ザ・マジックアワー [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『最後に笑うのは誰だ?』  コチラの「ザ・マジックアワー」は、「THE 有頂天ホテル」の笑激から3年、三谷幸喜監督の最新作となる6/7公開のコメディなのですが、やっと観て来ましたぁ〜♪東宝系なので、当初は14日のTOHOの日に鑑賞しようと思っていたのですが、なんと....... [続きを読む]

» 露出し過ぎだっつーの、三谷さん【ザ・マジックアワー】 [犬も歩けばBohにあたる!]
監督本人が映画宣伝のために出た媒体は150を越えたそうです。 たしかに、来る日も [続きを読む]

» 映画「ザ・マジックアワー」 [itchy1976の日記]
ザ・マジックアワー - goo 映画 ザ・マジックアワー - Wikipedia 映画 ザ・マジックアワー(公式サイト) ザ・マジックアワー@ぴあ映画生活 ザ・マジックアワー(映画.com) ○スタッフ・キャスト キャスト: 佐藤浩市、妻夫木聡、深津絵里、綾瀬はるか、西田敏行、小日向文...... [続きを読む]

« 「幻影師アイゼンハイム」 | トップページ | 「神様のパズル」 »